ウィルスマニアという書について・・・ウィルスは、存在していません!

パンデミック


こんにちは、\イッカクです/
今回は、この本についての紹介です。

現在、検索しても、表示されません。
ワザト、隠しているように思います。

それだけ、不都合な真実性を帯びた書籍
なんだなと思われます。

さて、ウイルスマニアとは、・・・この本での定義のようですが
「ウィルス大好き」というマニアでは無く

プロパガンダと捏造された科学
に基づく
社会病である

といってます。

以下、その書籍の概要などを
紹介した動画を示しておきます。
最近は、製薬利権複合体の圧力によって
Youtubeやら、ニコニコ動画も「削除」で抑えられています。

■編集後記
和多志は、このパンデミック茶番を
追いかけていました。
迷いの迷宮に入り込んだこともありましたが
やっと、たどり着いたのが
カザールmafiaのやらかすことは
「捏造」「偽装」そして「幻想」を
抱かせて、財産と生命を
奪っていくという手筋です。
したがって、ウィルスは、ロックフェラー
というカザールmafiaの一味が
背後に大きく関わっていることは
推測できました。
順番に嘘の皮を剥がしてみます。

【ニコ動画は、裏からの圧力で消されたようです】

1.ウィルスは、存在しません。

2.最近のコロナも捏造=デマ

ウイルス存在証明論文「分離に成功」は違う意味でした

3.リー・メリット医師によるトム・コーワン医師のインタビュー

4.もはや細菌理論は終焉を迎えました。

5.THE FINAL REFUTAL OF VIROLOGY【ウイルス学に対する決定的反証】

6.《生物兵器の嘘》研究所で操作された「人工ウイルスの流出」という詐欺を解体する

7.マーヴィン対ウイルス学: ドイツのエンジニアが「ウイルス学は科学的方法に従っていない」という議論で裁判に挑んだ話

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました