【呪文を解く!🤣】今だに、「ウィルスがリアルに存在してる」と思ってるアナタ!、この情報は必見ですよ。

ドクター・リー


こんにちは、\イッカク/です。
今回は、ウィルスという概念が
全くの詐欺から生まれたモノでした。
ては、ドクター・リーの
動画を見てください。
並盛研究室さまに🙏

■編集後記
トム・コーワン博士は、
科学者たちの
身体に関する知識が、
時代遅れの理論(闇が仕掛けた)で
構成されていることを、
私たちがよりよい認識に開眼するのを
助けてくれています。
過去に造られた、金儲けの為の
構築された古い理論にしがみつくと、
それが自分にとって心地よいから、
また、小学校、高校、大学で
理論的ではなく
鵜呑みに「事実」として教えられてきたことが
問題なのであり
疑問を持ったりすると、先生や教授に
問題視されて、卒業が難しくなります。
このような封建的な学びでは、
マネーに注力した科学の専門家に
成り下がってしまいます。
「科学」とは、絶えず
テストすることであり、
ある理論が辻褄が合うように
仕組まれたとしても
いつかはバレるものです。
この作品を読んで、
なぜ病気になるのかについての
新しい理論を学んでください。


スポンサーリンク
ドクターコーワン氏からのオファー
「伝染神話」が発表されて以来、世界は「コロナウイルス」の呪縛に深く突入したようです。世界中で全体主義が強まる兆しを目の当たりにしており、コロナの妄想を断ち切らない限り、この不穏な流れを元に戻すことができないことは明らかです。私は「伝染神話」がこの妄想を打ち破るのに役立つことを期待していましたが、そうではありませんでした。「伝染神話」に対する批判は、多くの情報源から出ている。当然のことながら、「科学界」、つまり従来の医師やウイルス学者は、意見の相違を表明している。やや意外だったのは、ホリスティックヘルス、アントロポゾフィー、そして「反ワクチン」のコミュニティの人々からの批判です。この小冊子「呪縛を解く:コビドの妄想を終わらせるための科学的証拠」は、これらのさまざまな批判にどう答えるべきか、私が知っている最良の方法です。

2020年8月に「The Contagion Myth」が出版されて以来、多くのことが起こりました。この新しい小冊子のテーマは、最近の査読付き研究の発表と、私の友人であるステファン・ランカ博士が行った科学的実験のおかげで、現代ウイルス学の中心的な教義は非科学的であるだけでなく、実際には反科学的であると疑う余地なく言えるようになったということです。

現代のウイルス学は、3つの教義に立脚しています。1つ目は、細胞培養で見られる細胞変性効果と呼ばれる組織の破壊は、病原性ウイルスの存在の証拠であり、それが病気を引き起こす証拠であるということです。これは、ランカ博士の実験の結果として、誤りであることが証明されました。2つ目の考え方は、SARS-CoV-2を含む問題の病原性ウイルスを細胞培養の分解の検査で確認できるということです。査読済みの研究を用いて、私はこの主張が誤りであることを示す。最後に、ウイルス学者は、細胞培養で行われたアライメントプロセスを通じて、問題のウイルスの全ゲノムを見つけて配列決定したと主張しています。ランカ博士の実験のこの部分の結果は、私が小冊子を書いた時点では入手できませんでしたが、ランカ博士はその後、この配列決定プロセスも誤りであることを示しました。酵母由来のmRNAを細胞培養物に加えることで、培養液にウイルスが添加される可能性はなく、最新の「偏りのないde novoの次世代シーケンシング」を用いて、ウイルスが存在しないにもかかわらず、この混合物からSARS-CoV-2の全ゲノムを作製することができました。したがって、2021年10月現在、ウイルス学は誤った仮定に基づいており、SARS-CoV-2やその他のいわゆる病原性ウイルスは存在せず、Covid-19の物語全体が偽物であることが証明されています。この小冊子は、シンプルで明確、かつ正確な言葉でケースを構築しています。

私の小冊子は、生物学と病気がどのように発生するかについて、明確で論理的、合理的、科学的に理解しています。この理解は、健全な科学的原理に基づいて、医学と癒しへの新しいアプローチを生み出すことを可能にし、全世界を飲み込もうとしている呪縛、または集団妄想を打ち破るのに役立ちます。

呪文の下で自分の人生を生きることを拒む善意の人々の高まる合唱にあなたの声を加えて、私に参加してください。私たちは自由で、舞い上がり、深く明晰に考えるようにできています。私たちはこれを行うことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました