【サマンサ・ベイリー博士から】《シェディングの真相は?》ピーター・マッカローのシェディング物語/Dr.サム・ベイリー

シェディング


こんにちは、\イッカクです/
今回は、「シェディング」について、、、

その前に
サム・ベイリー博士について
サムはコンテンツクリエーター、
医学作家、健康教育者です。
20年間医療システム内で
トレーニングと実践を行った後、
彼女はより広い概念として
健康を理解し促進する新しい段階を開始しました。

■サマンサのCOVID-19関連動画は
すべて、無料のオデッセイプラットフォームに
引っ越したようです。

なぜ、和多志がサマンサ・ベイリー氏を
紹介したのか?
それは、「ウィルスは存在しない」という事実に基づき
彼女の主張が展開されているからです。

以下、関連情報
「地球人の楽しい暮らし」さまより
《シェディングの真相は?》スパイクタンパク質の話

<引用開始>_______
・ ・ ・
どうしてこんなに「スパイクタンパク質」の問題に混乱が生じるのか?
というと、それは「ウイルスがある/ない」のように、単純な話ではないからだと思います。
スパイクタンパク質については、それが「あるのか?ないのか」や「ウソなのか?本当なのか?」のような単純な視点だけで片付けようとしても、片付かないばかりか、混乱するばかりだと思います。
スパイクタンパク質、スパイク、スパイクプロテイン、タンパク質・・・
と、これらの言葉が、コロナ関連の情報の中に入っている時、「それは一体、なんのことを言ってるんですか?」と、自分の中で問いかけて、明確にしていくワンクッションを挟んでいく必要があります。
そしてこれは、今回の「シェディング」のトピックにおいても、同様の落とし穴があると思います。
シェディングが「あるのか?ないのか?」や、シェディングが「本当なのか?ウソなのか?」という単純な見方で片付けようとすると、たちまち足元をすくわれてしまうかも知れません。
一言で「シェディング」と言っても、通常の単語としての意味もあれば、専門用語としての意味もあり、捏造された概念としての意味やコンセプトもありで、いろいろと錯綜しています。
さらに日本では、それをカタカナで「シェディング」と言うのか?それとも「排出」と言うのか?でも、だいぶイメージが違ってきます。
また、シェディングという横文字を、和語で表現する際に、「伝播」や「拡散」や「感染」など、より拡大した意味合いに変換して表現する情報発信の方法もあると思います。
これだけでも、もうだいぶ混乱してきますよね。
日本人的には、日本語で【排出】と言われれば「あぁ、有害物質の排出ね」と言った感じで、冷静に理解できそうですが、【シェディング】という横文字で聞いてしまうと、たちまち「感染」や「伝染」というイメージが湧いてきて、
「生み出され続けて止まらないスパイクプロテインが人々を襲う・・」
とか、
「未接種者でも、接種者の近くにいるだけでワクチンを打ったのと同じ体になってしまう・・」
などというコンセプトが彷彿とされるようなマインドセットに、引っ張られそうになるかと思います。
そして、このような思想こそ、まさに古典的なウイルス学の土俵から生まれた【ウイルス・シェディング】というコンセプトを元に発展した、【ワクチン・シェディング】というイデオロギー(観念形態)であることは、今回の動画で、素晴らしく良く触れられていた部分だと思います。
しかし、一方で、一般的な身体の代謝活動として、汗腺からの【排出/シェディング】というのは、当たり前に生き物としてあるわけです👇
(以降は、リンク先でお読みくださいませ)
<引用終り>_______

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました