【ライナーノートより】公開COVID-19ワクチン成分・原材料 Published: 2022.06.17

パンデミック


こんにちは、\イッカク/です。


周知の通り、Pfizer、Moderna、J&Jをはじめ、COVID19ワクチンを製造するメーカーは複数ある。最近では製注薬以外に錠剤ワクチンの提供も始まった。しかし製薬メーカー各社は、成分および製造法については「特許に関わる為極秘」とし、米国で提出された薬品特許にも記載はなく、事実上、隠蔽されてきた。
結果として世界中の人々は、自分達が支払った税金がワクチン代金として湯水のように使われているにも関わらず、中身も知らされない、影響・副作用も何もわからないまま、政府から半強制的に接種させられるという極度に理不尽な立場を押しつけられている。その“押しつけの大義名分”であり、人々が強制にも気付かず従順に従っている最大の原因が、すなわち“パンデミック”に他ならない。
2021年2月、この状況に疑問を抱いた著名な米科学者の一人であるロバート・ヤング博士は、独自に各メーカーのバイアルを入手・分析し、同8月、その分析結果の(査読済み)公式論文を発表。問題のワクチンの驚くべき成分を明らかにした。ヤング博士に追随し、スペインの科学調査チームをはじめ、各国の科学・医療分野の専門家らが続々とワクチンの分析・調査結果を公開し始めた。
「世界人口の大部分がワクチンを接種した。正義が果たされようとしている間にも、人々は底なしの断崖絶壁から突き落とされ続けるのです」と彼らは言う。調査は、2019年にCOVID-19ワクチンがリリースされた当初のバイアルから始まり、その後の出荷分、さらに他のワクチン製剤にも範囲を広げ、今も継続されている。彼らの勇気と行動力、緻密で忍耐強い分析調査には心底頭が下がる。言葉に尽くせない感謝の気持ちで一杯である。
そしてもう一つ重大な疑問。『あの膨大な量のワクチンがどのように作られるのか?原材料は何なのか?』
秘密の解明に挑んだのは、米国の著名な弁護士の一人、R.F.ケネディJrだった。ようやく、医療・医薬業界を軸に渦巻いている権力層にとって、その秘密は文字通り“急所”である事がわかってきた。関係者以外には絶対に知られたくない“タブー領域”であり、隠された闇色の利益構造がそこにある。

[ひだか 芙美子]
※出典・情報ソースは記事毎に付記しています。

詳細ソースは、こちら↓ https://www.linernote.jp/document2022/doc-02-20220617-vaxmaterial.html#no-1

■編集後記
今更ながら、内容を確認して
とんでもなく 有ってはならない
大量殺戮のための
バイオ殺人兵器であると
確認できます。
一つ、言えることは
「情報弱者」にとっては
無情にも いたわしい事と
なっています。
罪があろうがなかろうが
無差別的に 時間をかけて
死に至らしめてしまう。
死の商人の彼らは
軍事裁判にかけられて
死刑となること必須。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました