憲法とは?・・・ムズカシク考えずに本質的に思うこと。

日記


こんにちは、\イッカク/です。

今回は、
憲法の存在意義について、述べます。

今、世の中、
改憲・改憲、いや反対、
という感じで、賑わっています。

ところで、何でも、そうですが
本物は一つの調和につながるように
出来ていそうです。

人は、本来、
調和を促進したり
育てたりする、役目があったのかも
しれません。

そして、調和を
乱すのは 破壊。

善悪の話を
してるのではありません。
善悪を判断するのは
あくまで個人的な見解です。

破壊は、再構築する、場合は
必要です。

しかし、再構築する理由が
筋の通ったものである筈です。
それは、当然に
大衆の理解を必要とします。
同意と承認が必要です。
それが無ければ、暴力となります。

正当な再構築の為の破壊を起こすには、
それ相当の考え方と理解と手順が
必要だと思われます。

国民にとって無益で、不正な破壊は、
止め無ければなりません。
地上の調和の為には、悪貨が、
独創や独走することの無いように
歯止めを入れて置く
必要があるのです。

調和が、完全であれば
平和をもたらし
不正な破壊は、戦争を惹起させます。

なので、
憲法は、何の目的のために
あるのかといえば、

調和を重んじ、促進し、
不正な破壊を封じる
ためにあるのだと思います。

・・・
多くの政治家は、調和を
口にして
うらでは、破壊につながる
事ばかり、やってるのが
現状です。

全て、リップサービスや
さも正当な事を言う
ポリコレで、大衆を騙し、操作して
国家を売る行為に
私たちは、翻弄させられて来ました。
多くの国民が
騙されて来て、現在に至るのです。

だから、気付けよ、日本人!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました