【Misfortune blogさまより】真の宇宙人と幻想のエイリアン VOL3

Misfortune blog


こんにちは、\イッカク/です。

今回は、【不幸のブログ】さま
つまり、【Misfortune blogさまより】

和多志が感じた記事を引用させて
頂いております。
前回に引き続き、エイリアンではなく、
本当の宇宙人
についての内容となってます。

2015年12月07日 14時17分29秒
の記事より
<引用開始>_________

彼ら他の惑星の人間達の中に
地球にやってきた太陽系の他の惑星のボランティア団体がいました。

彼らは自らをスペースブラザーズ、スペースシスターズと名乗っていたようですが
彼らは太陽系の惑星の有志が集うボランティア団体なのです。

主として恩恵を受けているのは地球社会です。

彼らは時折地球社会にも降り立って、
研究者や科学者に発明のきっかけとなる想念を送り
それを受け止めることで科学者たちは新たな発明をした。

そんな一面もあったようです。

彼らの心情はあくまで地球社会の事は地球社会の人間の
手によってなされなければならないというもので、

そのために彼らは当初はヒントをくれる事はあっても
答えをくれる事はなかったようです。

しかし60年前には地球社会の危機を伝えるために
直接各国政府高官と語ることが必要となり、

アダムスキーを通じて会見を儲け
さまざまな情報を地球社会へともたらす事になります。

ケネディー大統領が平和部隊を提唱したのは
彼らの社会の実態をそっくりそのまま地球社会で模倣しようという
現れだったはずです。

というよりもケネディー大統領が実行した政策は
その殆どが天使たちの意向に沿うものでもありました。

私達の地球社会の、世界の代表でもあったケネディー大統領は
彼ら宇宙人の社会を模範にしてこの地球社会を変貌しようとしたのです。

では一体彼らの社会はどんな社会なのでしょうか。

先日の記事で取り上げた、
宇宙人問題が”アメリカの危機”だと語ったのは
アメリカ軍の高官や政治家の中の一部の人間だと思います。

ただ、それが何を意味するかといえば、天使たちはとても高い科学力を持っていて
戦うことを前提としている人間にしてみれば軍事的な脅威であり
「敵にすると自分達は負けることになる」 という意味でもあるでしょうし

アメリカ国家が世界の盟主でいられるのは
アメリカが中心となって世界へと広げた資本主義社会の影響ですが、
「彼らの社会を地球の中で実現されては困る」という意味だったはずです。

天使たちの社会はまさに心ある地球人が理想とするような世界です。

それを世界中の人間に知られては
おそらくは地球規模での革命が進んでしまう。

まして国連では早々とアダムスキーや天使達の意向を受けて
世界平和を目指すために世界政府の樹立や
その指導による資源の平等配分までもが提唱されてしまった。

こうなると資本主義を喜んでいる富める人間たちや
戦う事に生きがいを感じている一部の軍人達にとっては
宇宙人の存在は邪魔者以外の何者でもありません。

彼ら天使達の社会を私は過去にも何度も繰り返し紹介しています。

彼らの社会は限りなく地球社会の社会主義国家に近い形態をしています。

彼らの社会ではすべての構成員に対して資源が分配されること、
必要なものが必要なだけ配分されることを前提に
誰もが職に就いて社会に対し奉仕するのです。

地球社会の社会主義国家がそれを失敗した理由は
一つには生産力の低下ですし、
一つには管理者が存在していたからだとおもいます。

好きな仕事を喜んで実践できる状態でなく
命じられた仕事を仕方なく実行する
こんな意識では生産力は高まりません。

資本主義国家では頑張った分だけ稼げるという
インセンティブがあるために労働の生産性は高まります。

その意識が社会主義では起きなかったわけです。

その結果配分される物資も質素となり、
資本主義の裕福な姿と比較すれば不満も起こりますし
生産性はさらに下がることになりました。

そして社会主義国家では国家の管理者が存在し
その人間が一般市民よりも優遇されていたという実態もあります。

ルーマニアのチャウシェスク首相は独裁政権を実行しては
莫大な富を築きましたが、

その後政権崩壊の時には一般市民になぶり殺しされたという話は
テレビの映像でも取り上げられていました。

一般市民はその不公平な状態に不満を感じていたわけです。

(ただ、社会主義国家の人間達は質素倹約を学んだという点で
資本主義社会に生きている人間よりも彼らの社会に適応しやすいでしょう)

しかし天使たちの世界にはこのような弊害がないのです。

誰もが喜んで社会に対して奉仕するようですし
得意の分野があればその分野で働き、
必要なものは社会から必要なだけ手にすることもできる。

そんな制度を実現しているからです。

そして嫌な上司から命令され叱責される事もなければ
ノルマに負われて心のゆとりを無くすこともありません。

更に彼らは元々が必要最低限のものしか欲しがらないような
そんな教育を子供時代から受けている事も幸いしていると思います。

生まれた時からそのような教育をされている事から
誰もがその制度が当たり前であると考える様になりますし、
その意味では地球社会でもこれは実行可能です。

彼らは子供の頃から毎日習慣としていることがあります。

・意識を宇宙的に保ち自分の想念を分析すること。
・他人を差別区別することなく平等に見つめること
・必要以上の物を欲しがらないこと

(もう一つあったのですが忘れてしまいました)

こんな意識を幼少時代からもって暮らしているのですから
資源に関しても必要最低限の生産でも足りるわけで

例えば家に関しても必要とすれば与えられますし
そこに庭やプールがあれば近所の人間に解放されますし
すべての家にプールを取り付けるという必要もないわけです。

私達の社会では、必要なものは自分の家族で購入し使用するわけですが
彼らの社会では共有されているということです。

だから地球のように毎日プールに入るわけでないのに
プール付きの家を誰もが手に入れる必要もありませんし

芝刈り機を一家に一台などということもなく
必要な人が、必要な時に、持っている人間に借りるという事で
全てが済まされることになる。

そんな彼らには無駄な資源は使用しないという意識があり
更には所有という概念がないわけです。

この状態であるからこそ、話だけを聞く分では社会主義でも
現実見た目では物も十分に存在し、

私達の社会とは然程かけ離れていない文化を
作り上げることにもなっているようです。

更に彼らの社会には上下関係や主従関係はありません。

誰もが平等にとり扱かわれますし特別待遇もないのです。

だからこそ真の平等が実現することもできた。

そして彼らの社会には職業間の上下関係も
もちろんありません。

どの仕事をしていても同様に尊敬されます。

誰もが気が付いているのは
どんな仕事であってもそれを誰かが実現しなければならないという事。

一方では誰もが自分の仕事を責任もって実行しさえすれば
家でも食材でも必要な分だけ手に入れる事が出来るわけです。

洋服が必要なら服屋にまで出向いてもらってくる。

もちろんお金は存在しません。

しかし彼らは必要以上に物を欲しがらないことを学んでいるから
服を必要以上に貰ってきては洋服ダンスの肥やしにするような事もないわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで私達の社会がなぜに
お金が必要になるのか考えた事がありますか。

http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-11252009982.html
模範的社会 前編
http://ameblo.jp/uruseiblog/entry-11252010377.html
模範的社会 後編

一つには所有概念のある社会において、物々交換に端を発する
交換経済を円滑化するためです。

更には私達の社会では一年後の食料
老後の食料を確保できるという補償はありません。

かと言って、なんでもかんでも蔵に積み上げて保存する事はできませんし
余分なものはお金という形態に変えて持つことで
それを備えとして遠い将来食料や生活物資に交換するという意識を持つことになります。

彼らの社会では老後の心配も、
あしたの食料の心配も必要ありません。

そのために彼らはお金のような物を必要としませんし
明日の暮らしに当惑するような
余計な不安をもって生きるような事もありません。

平等意識と所有の意識を無くす事で
誰にでも十分にモノが行き渡る平和社会を作り上げ、
その事が余計な不安をも起こさない環境を実現している。

その意味でも私達の地球は彼らの社会を見習うべきです。

そしてそれを実行しようとしたのが50年前の地球社会であったわけです。
しかしそれは地球社会の富裕層、権力者層の人間に
圧力をかけられ実行する事はできなかったのです。

宇宙人の驚異はここにもあるのです。

彼らを知ってそこから学べば
地球社会の既存の経済体系が皆崩れてしまう。

株式投資などしていてもそれが全て紙くずに
なってしまうかもしれない。

大量に持っているお金が何の役にも立たない状態に
なってしまうかもしれない。

老後の心配もいらないとなれば蓄財のために
身を粉にして働く必要もなくなりますし

そして彼らの社会には税金や公共料金などもありませんし
お金など流通に使用する機会もないのです。

そんな社会を実現されてしまえば
いま地球社会の中で権力と富を持つ人間は

それを利用して他人よりも心地よい思いを
する事ができなくなります。

その事に気がついた人間達が彼ら天使たちの存在を
まるごと隠蔽しようと目論んだ。

つまりはそういうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天使たちの社会は労働といっても一日精々2~3時間だそうです。

しかもそれは機械化した工場などで
ロボット中心に実行されることになります。

つまり人間はその管理をしていれば良いのです。

そして一日の仕事がそれで終わるのであれば
残りは全てが自由時間ということになります。

その時間で彼らは大人子供関係なく
学習時間を持つことになります。

過去からの記憶を全て持っている彼らは気がついているからです。

自分達が半ば永遠に学習をしながら進化していく存在で
あるということをです。

かと言って彼らも十分に趣味の時間や休息をも取ります。

しかも年に一度は三ヶ月ほどの間、交代制で
宇宙空間に旅行に出かけるのだといいます。

私達の社会の旅行とは少し様相がことなり
その目的は各自が独自の学習を進めるためであり
見聞を広め知識を得ることでしょうが、

それでも旅行であることには変わりありません。

そんな羨ましい社会を実現している天使達は
誰もが宇宙の法則を理解していて
それに基づいて暮らしているといるわけです。

その中で地球社会を救おうと
地球救済計画に携わっていたのが先述のスペースブラザーズ。

そして彼らこそが聖書にでてくる
神の子とか天使と呼ばれた存在だということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず私達が理解すべきは聖書に出てくる天使たちの救済は
既に終わってしまっているのだと言うことです。

1950年代の天使のコトバから解釈すると
彼らは地球社会を危機から救うために聖書の予言を
実現させるためにもやってきたということでした。

しかし地球社会の権力者層はそんな彼らを締め出したのですし
地球社会が自らを正し彼らに請わなければ
二度と天使たちからの救済は実行されることもないでしょう。

私達は誤った豊かさを身につけてそれを実践するあまり
天使たちやイエスキリストの主張していた
心の豊かさを追求することさえ意識できなくなってもいます。

しかし世の中がここまで退廃すれば
そのことに疑問を持つ人間も現れることになります。

でも今のこの社会ではそんな人間までもが
洗脳し淘汰されることになりかねない。

地球社会のそんな実態を私達は正しく認識すべきです。

いつも語るように私の兄弟姉妹には魂の終わりはありません。

しかし今のままであれば多くの人間が近い将来
魂を消して消えていってしまうことにもなりかねません。

ちいさなキリスト(真理)である私たちは
地球社会を動かすことはできませんが

せめてこの社会が変貌し誰もが救われる様になることを
心の奥底で願うことはできます。

地球人の神は遠い場所にいるのではなく、
近くの万象の中に、人間自身の内部にいる

これは真のイエスキリストの転生でもあるという
スペースブラザーズの一人の語った言葉です。

(自分でイエスキリストの転生だと語ったわけでなく
過去世を見抜く力を持つ元12使徒のヨハネでもあった
アダムスキーが見抜いて側近に内緒で語った話です)

私達は困ったときに神に頼ろうとします。

しかしその神は自分の内にこそ居る、
つまりは私たちの魂こそが神の想いの分身であり

その事を気がつきさえすれば私たち人間は変わることができると
イエスの転生である人間は語りたかったようです。

そして苦しみからも逃れることが出来るとです。
(私は未だに苦しんでいますが)

私達は激動の時代に生きています。

その全てが私たち地球社会の人間を覚醒へと
導くきっかけとなるように地球社会の行くすえを
見守っていきましょう。

【貴方に無限なる力の祝福がありますように】
<引用終り>_________
■編集後記
ここに、昔、GAPに集った皆様に
思い起こして、頂きたいのですが、
久保田八郎先生が、昇天されて
久しいですが、日本人としての
活動の使命が、ありそうだと
思っています。久保田先生が
居られなくとも、多くの地球人に
本当の事を知らせる活動は、
コレからが、本番では無いかと
思います。お花畑から
紋白蝶が生まれてとびだすように
宇宙意識を理解した人間は
それを抱いて、多くのひとに
目覚めて頂くように
真実情報を広めましょう。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました