庶民は、今気付く機会です。

日記


こんにちは、\イッカク/です。

今回は、日記です。
人間の呆(ぼ)け、というものは
突然やってくるのではありません。
徐々にやってくるんだと思います。
それは、おもに精神活動面での
萎縮や衰えであろうと考えます。
コレは、あくまで和多氏の
個人的な見解です。

和多氏の両親は、今のところは、
ふたり共、看護が常時必要ではない、
中程度レベルの認知症を患っています。
それに年齢からくる肉体の衰えも
時間が経つにつれて、年々顕著になって
家族やヘルパーさんの介護が
重要になって来ています。

いわゆる、
ボケが酷くなるのは何故か?

両親の今までの経緯を見ていて
思った事は、
■長年のストレス
→コレは、どちらかといえば、亭主関白に
支えて来た、母親にありました。
・・・家事からの解放が有効!

■人生の目標が無くなった
→コレは、男親たちがなる可能性あり。
・・・退職以前から、第二の目標を持つ。
あるいは、個人の趣味など意識的に
活動する目標をもたせる

■毎日が単調な日々の繰り返し
→食う、TV、寝る、排泄…だけの繰り返し
だけで、老後を暮らす。
食べ物も同じようなものばかり、
加えて、勿体ないと、残り物を
冷蔵庫の肥やしにしてる。
・・・家事からの解放

という感じが主に
呆けになってしまった観点です。

さて、今回は、
認知症の話ではありませんが
コレと同じ事をされているのを
私たち国民は、目覚めなければ

一億総認知症を患うことに
なりつつあるのです。

だって、オカシナことを
なんとも思ってない人たちが
大勢いるのです。

世の中、オカシナ事だらけです。

■ ロシアとウクライナの茶番
■TPPとRCEPの中共を迎合するか、
批判するかの相反する貿易協定に
日本は、ダブルスタンダード?
■意図があって長引かせる船舶事故
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a337c3dc22f1c356be03afe1d6913f9e35735ba
■不況なのに
税金アップと年金支給額下げ
まだまだ、有ります。

庶民は、今、気づくべきです。
多少の人々は気付き始まりましたが
まだまだ、多くの人々は
眠ったままなのか、痴呆と
成り果てたのか、
反応が無いようです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました