【知恵袋から】緊急事態条項を設けることに賛成ですか? 反対ですか? また、その理由は?

日記


こんにちは、\イッカクです/

今回は、やっほーの知恵のおふくろから、
今、非常に問題になってる
というか、国民が
何がなんだかワケワカラン状態の
「緊急事態条項」というヤツが
憲法に盛り込まれるという
話です。
ソース:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13159454158
最も、的確に、わかりやすく答えている
内容なので、以下魚拓的に置きます。

<引用開始>_______________

2016/5/18 2:29
緊急事態条項を設けることに賛成ですか?
反対ですか? また、その理由は?

このベストアンサーは投票で選ばれました
2016/5/18 8:34

緊急事態条項を
『憲法に』設けることに賛成です。

現在、日本の憲法には国家緊急権
(自民党憲法改正草案では緊急事態条項)に
関する
条項が存在しません。
しかし、条項が存在しなからといって
緊急事態宣言を発令する事が
出来ない訳ではありません。

政府は、自然権としての
超法規的国家緊急権』に基づいた措置を
講じる事が出来ます。
この
超法規的国家緊急権が認められる根拠は、
国家の至上命題・本源的な使命が
国民の生命・自由・財産を
守ること
だからです。

憲法は国家に対して
国家権力が国民の生命・自由・財産を
侵害する事を
禁止する為に定められています。
しかし、
決定的な事態が発生した場合は
国家は憲法よりも
国民の生命・自由・財産を優先する。
まぁ当たり前の事ですね。

ところが、
当然の事ながら
超法規的国家緊急権には
歯止めが有りません
全ては政府の良識に
委ねられてしまっています。
つまり、現在の日本の法体系では、
国家緊急権の濫用を防ぐ手立てが
存在しないのです。
これは非常に危険な状態であると言えます。
国家緊急権を憲法にて定める
と言うことは
『国家権力に対して、
国家緊急権を憲法の枠内で
行使することを強制する』って事です。

基本的人権の制限にお墨付きを
与える為などではなく、
基本的人権をある程度制限しなければ
事態の収拾が不可能である様な
切羽詰まった場合であっても、
国家権力が超法規的な措置を
取ることを許さず、
憲法によって縛るのが
憲法に国家緊急権を定める意味です。

ですので、多くの諸外国でも
憲法に国家緊急権が定められているのです。
憲法ではなく
法律で緊急事態条項を定めれば
対処出来るとの意見も有りますが、
それには全く賛同出来ません。
緊急事態の時には
憲法にて保証されている
基本的人権が制限されてしまうのですが、
『憲法に根拠となる条項が無い』状態で、
憲法よりも『下位の法規範である法律』
によって、『上位の法規範である憲法で
保証されている基本的人権』を
制限する事は許されません。
(要は憲法違反になります)
公共の福祉による制限が根拠となり得る
との見解もありますが、
公共の福祉による基本的人権の制限は、
あくまでも『平時』における
『人権相互の衝突の調整原理』であり、
『有事』における
『国民の生命・身体・財産の保護』と
『社会秩序の回復』に公共の福祉を
当て嵌めるのは不適当です。
又、憲法と比べて遥かに簡単に
改変出来る法律で国家緊急権を
定めると言うことは、
時の政権与党に
『好きに変えて濫用して下さい』と
言ってるのと同じであり、
絶対に許してはならない事だと思います。

憲法に国家緊急権を定める場合、
通常は
①緊急事態宣言の発動要件
②緊急事態宣言の解除要件
③受権内容
④緊急事態解除後の審査規程
が定められます。

自民党憲法改正草案の
緊急事態条項98条99条は、
内容的に甘かったり、
不充分だったり、
あやふやだったり、
無かったりと問題が多く、
政府の暴走を防ぐ為の規定が
不完全ですので、
現状の草案のまま
緊急事態条項を憲法で
定める事には反対です。
内容を精査し、
しっかり議論をし、
必要な規定を十分に盛り込んで
成立させるべきであると考えます。
私の知恵ノートに
『緊急事態条項に関する考察』
と言うのが有りますので、
ご参考にして頂ければと思います。http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/note/n357719

<引用終り>_______________
■編集後記
超法規的国家緊急権は、有事の際に
耳障りが良い
「国民の生命・自由・財産を優先」
のために、ワケのわからないワクチンを
強制して接種します!
とかになったら、接種拒否の権利は
剥奪されてしまいます。
何が、足りなのでしょうか?
「ワケ」の分かるように国民に
納得させる必要があるのです。
しかし、今回のプランデミックは
すべてが茶番で、「キングコブラ」毒で
多くの人が死んでしまいました。
政府+財界+報道を支配している
存在たちが、仕組み、実行させたわけです。
なので、現在の政府に何を期待しても
ムダなようですし、逆にマスマス
庶民を追い込んで、縛り付ける
事に事が進んでいるようでなりません。
国民一人ひとりが目覚めて、
参政党とかいう政党にも期待することもなく
自分たちで、「基本的人権」を守り抜く
という覚悟が必要です。
ウラの存在の傀儡政治家らの目的は
自民党草案の緊急事態条項を盛り込ませた
憲法を改正して、DS勢力の
思い通りの政治・社会(超管理社会)を
作りたがっているのでしょう。
傀儡である政治屋・官僚らは、
自分たちには都合の良いことをしでかして、
バックドアを作ってスタコラ作戦です。
そして、我々庶民は、DSの完全な奴隷
と化してしまいます。
今、必要なのは、日本国民が、政府やマスゴミの
嘘を見破って団結し、日本人や日本のことを
よ~く考えて行動するということが
必要な時代になってきたと思われます。
(街頭で、デモ行進をすることを指していません!)
各自、自分なりの考えと行動を起こしましょう!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました