【日テレNEWS チャンネルさまより】【テレビ初公開】「高出力マイクロ波照射装置」 日本の防衛“最新技術”・・・「これが今回試作したレールガンになります」・・・ここまで開かしたら、防衛的にどうなの?って思うけど!

日テレNEWS


こんにちは、\イッカクです/

今回は、日本の防衛の最新技術の紹介ということで

■ 【テレビ初公開】 「高出力マイクロ波照射装置」 日本の防衛“最新技術”

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、
防衛省は先端技術の活用に力を入れています。
流れを一変させる「ゲームチェンジャー」と
期待する最新技術を取材、
防衛省が開発を進める
「高出力マイクロ波照射装置」が
テレビ初公開されました。      

松野官房長官
「いわゆるゲームチェンジャー」
岸防衛相
「ゲームチェンジャーとなりうる」
政府が「ゲームチェンジャー」と
例えた最新の防衛技術というのが
―― 陸上装備研究所・弾道技術研究部 
小浦常生部長
「これが今回試作したレールガンになります」
重さ8トンの重厚なボディーに
全長6mの砲身、電磁力のエネルギーで
弾丸を発射する「レールガン」です。
特徴は、その弾丸です。
小さな手持ちサイズの弾丸で、
発射後まもなく筒が開き、
細長い弾心だけが飛んでいく仕組みです。
小浦常生部長
「(速度は)マッハ6.5くらい。
弾丸が小さくても迎撃することが可能です」
秒速2000メートル以上のスピードで、
命中時に強大な威力を発揮します。
1発あたりのコストも安く、
実用化すれば、迎撃が困難だとされる
「極超音速ミサイル」への対処が
期待されています。
スピードが速く、軌道が読みづらい
「極超音速ミサイル」は、
ロシアがウクライナ侵攻で使用したことを
明かした他、
北朝鮮も「発射実験を行ったこと」を
発表しています。
防衛省は今年度65億円の予算をかけ、
レールガンの本格開発を進めます。      

一方、新たな脅威となるのが、
「ドローン兵器」です。
次世代装備研究所電子対処研究部 
二宮勉部長
「ドローン兵器。非常に脅威に
なると考えています」
中国やロシアが導入を進めていて、
目標に突入して自爆する
「カミカゼドローン」と呼ばれる
ものまで登場しています。
これらに対処するため、
防衛省が開発を進めているのが、
テレビ初公開となる
「高出力マイクロ波照射装置」です。
二宮勉部長
「ここから高出力の
マイクロ波を発射して、
こちらのドローンに照射します」
電子レンジにも使われている
目に見えない電波を
ビーム状に発射するのです。
飛行中のドローンを攻撃すると、
どうなるのでしょうか。
ドローンを攻撃する実験を行うと、
ビームを受けてまもなく、
プロペラが停止しました。
ドローンの内部では
中央にある制御装置が
点滅していました。
何か、エラーを起こしたのでしょうか?
二宮勉部長
「はい。そう考えています。
マイクロ波がドローンにあたりますと、
制御回路の中に
一時的に強い電流が生じます。
それにより、制御回路が誤動作を起こした状態」
ドローンは強力な電波を浴びた
影響で、エラーを起こしていました。
範囲を広げれば、
複数のドローンを同時に
打ち落とすことも可能ということです。
今年度72億円をかけて
実用化を進めるということです。
(2022年5月4日放送
「news every.」より)
#防衛省 #日テレ #newsevery #ニュース

■編集後記
確かに、日本の技術は素晴らしい!
しかし、これは、諸刃の剣。
つまり、日本の国防に使われると思いがちであるけど、、
DS(ユダヤマネー)に支配されている世の中なので、
戦争ビジネスで、このような兵器が買われて
日本の軍需産業は潤う一方で
数年も経たないうちに、名前を変えた
レールガンやらマイクロ波兵器が
共産圏でもNATO圏でも必ず
装備されるに決まってます!
この「人・モノ・カネ・宗教」を
牛耳ってるのは
「ユダヤ・マネー」であることを
お忘れなく!

つまり、現在の
ウクライナ VS. ロシアで観てるように
戦争は、全て、金儲けの道具!
茶番なのです!

考えてみても、アホらしいでしょう!
だって、子供でも分かる!

まともな人間が、
まともな人間を殺しに行くということが
理解できません!

そんなことをしでかすのは
お膳立て=工作
をしてるからです。。。
わざと、誤解を生じさせて、混乱させて
「恐怖」を煽っているからなんです。

これに、大人たちはすっかり
騙されて、感情的になって
本気で、「お国のため!」とか言って
別の国の大人たちを
殺しに行くのです。

茶番は止めませんと!
・お口のパンツも
・毒蛇のちくわを食べるのも
・人殺しゲームも

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました