「安倍晋三の時代における日本の大戦略の優位性」とCSISは、阿◯人脈子孫の安倍晋三氏を褒めちぎり、今度は何を仕掛けようとしているのか?・・・ユ◯ヤマネーの戦略。

日記


こんにちは、\イッカクです/

今回は、ユダヤマネーがどうやって
日本の政治を操作しているのかを
観てみたいと思います。

以下、最近のCSISの日本に関する
インド太平洋構想や
RSEPやTPPなど貿易動向を絡めた
簡単に言えば、再び安倍晋三さんを
使いたいような雰囲気です。
動画のコメント欄から
「・・・中国の台頭する経済力と
軍事力を管理するための
大戦略を考案した国は他にありません。
日本として故意にまたは成功裏に。・・・」
元安倍晋三総理が、
大戦略を考案したそうです。。。
日本人の私達からみて、
オカシクないですか?
もはや日本は中共の息が
かかってしまっていますよね。
全員、媚中あるいは工作員ですよ。
CSISは、国境を超えた
グローバル戦略を行いたいようです。
ソース:https://www.csis.org/events/line-advantage-japans-grand-strategy-era-abe-shinz%C5%8D
<引用開始>_______________
ライン・オブ・アドバンテージ
安倍晋三の時代における日本の大戦略
2022年4月26日(火)11:00〜12:00

日本ほど、台頭する中国の経済力・軍事力に
対処するための大戦略を意図的に考案し、
成功させている国は他にない。
本書は、
安倍政権下における日本の戦略的思考について、
画期的かつ包括的に解説しています。
CSISジャパンチェアでは、
グリーン博士の新著をはじめ、
日本の戦略や日米同盟を
めぐる諸問題について議論しています。

『Line of Advantage』は、
コロンビア大学出版局から
オンラインでご注文いただけます。

歓迎の辞
デミトリー・セバストプロ
フィナンシャル・タイムズ紙 米中特派員

講演者紹介
マイケル・J・グリーン
CSISアジア担当上級副総裁、
日本チェア、
ヘンリー・A・キッシンジャーチェア、
ジョージタウン大学外交学院アジア研究科長

ミレイア・ソリス
東アジア政策研究センター所長、
東アジア政策研究センター
外交政策担当上級研究員、
ブルッキングス研究所
フィリップ・ナイト日本研究担当教授

モデレーター
デミトリ・セバストプロ

本イベントは
CSISの一般的な支援により
実現したものです。

主な出演者

ミレイア・ソリス
東アジア政策研究センター所長、
東アジア政策研究センター
外交政策担当上級研究員、
ブルッキングス研究所日本研究
フィリップ・ナイト・チェアー
Mireya Solis headshot

デミトリー・セバストプロ
フィナンシャル・タイムズ紙 米中特派員
CSIS専門家

マイケル・J・グリーン
アジア担当上級副社長、
日本委員会委員長、
ヘンリー・A・キッシンジャー委員長


<引用終り>_______________
■編集後記
以下、長いですが、文字起こしです。
<引用開始>_______________
CIS Onlineへようこそ イベントをお届けする方法は変わりつつありますが、私たちは今まで通り
0:05
ドラコポリスのアイデアから、ライブ分析、受賞歴のあるデジタルメディアをお届けします。
0:10
ライブでもオンデマンドでも、CISオンラインはあなたの時間を大切にします。
0:22
皆さんこんにちは 私の名前はドミトリー・セバストプロです 私はフィナンシャルタイムズのアメリカ中国特派員です
0:29
マイケル・グリーン博士の素晴らしい新刊「ライン」についてのCISディスカッションにようこそ。
0:34
安倍晋三の時代における日本の大戦略の優位性
0:39
マイクはすでにご存知のように、日本委員会のアジア担当上級副社長であり、ヘンリー・キッシンジャーがCISの議長を務めています。
0:46
また、ジョージタウン大学外国語学院のアジア研究部長でもあります。
0:52
暇なときはバグパイプを吹いているそうです。
0:59
の東アジア政策研究センター長であり、日本研究のフィリップ・ナイト・チェアを務めている。
1:05
彼女は日本の外交・経済政策と日米関係の第一人者であり、その一方で
1:12
彼女はバグパイプを吹かないが、マリーについて私が知らなかったことがある。それは、彼女がメキシコの中学校に通っていたときのことだ。
1:18
にいた大平総理大臣を出迎えるために選ばれたのです。
1:23
日本での石油外交ツアーに参加した大平首相を出迎えることになったのです。
1:30
line of advantage」は、日本の戦略的思考がどのように変化したかについての優れた記述である。
1:35
1:35 阿部前首相のもとで、中国、朝鮮半島から日米同盟まで、あらゆることに取り組んでいる。
1:43
習近平とアベがなぜ臭いを嗅いでいるように見えるのか知りたいなら
1:48
2015年末に会ったとき、互いの靴下の匂いを嗅いでいるように見えたのはなぜか、この本は必読である。
1:54
の歴史的な根源を理解したい政策立案者にとっても必読の書である。
1:59
のような概念の発展に東京がいかに貢献したかを含め、日本の現在の戦略の歴史的根源を理解したい政策立案者にとっても必読の書である。
2:05
この本は、まるでアメリカで作られたかのように、ワシントンでいつも投げかけられている。
2:11
この本はコロンビア大学のホームページで購入できます。
2:16
リンクがありますし、amazon.comにもあります。
2:23
2:23 マイクは、もし私がそれを言わなかったら、夜遅くに私の家の前でバグパイプを演奏すると脅した。
2:29
でも冗談はさておき、マイクとミリアと一緒にマイクの本とそれに関連するトピックについて話すことができて、とても嬉しく思っています。
2:36
最後に15分間、質問を受け付けますので、考える帽子をかぶってください。
2:42
2:42 お二人ともありがとうございました。
2:47
この本の内容、論文、そしてなぜこの本が重要だと思われたのか、簡単に要約していただけますか。
2:53
2:53 ありがとうございます。
2:58
この日の参加は、この対談を素晴らしいものにしてくれるでしょう。
3:04
そして、ディミトラにも言わせてください。私は夜遅く、あなたの家の前でバグパイプを吹くつもりですが、ありがとうございます。
3:11
をしてくれて……それで、この本は……私はかなり大きな本を書いたんです。
3:17
のインド太平洋における米国の大戦略の歴史について書いたものです。
3:22
アメリカ革命以降、インド・太平洋地域におけるアメリカの大戦略の歴史について書いたもので、国家安全保障会議のスタッフ5人が執筆したものです。
3:28
私が理解したいと思ったのは、ブッシュ政権で5年間、国家安全保障会議のスタッ フを務めていたことです。
3:33
学者として最も探求したかったのは、我々の戦略がアメリカのどこから来たのか、 そして、私が思うには
3:39
の軌跡を理解するためのアプローチとして、歴史学と政治学の組み合わせは有効だと思います。
3:45
国の優先順位や、その国の大戦略の道具を理解するためのアプローチが得られると思います。
3:50
3:50 面白いし、政策立案者にも役立つので、私はアメリカについてこの本を書きました。
3:58
この本を書くようにスミス・リチャードソン財団の歌に勧められ、最初は正直言って抵抗がありましたが
4:04
um 彼の助言は良かったので、um これは日本の大戦略を見るものです。
4:09
4:09 「安倍晋三の時代における日本の大戦略」と名付けた。
4:15
の伝記ではありません。しかし、あなたや私、そしてマリアがよく知っている安倍晋三の
4:21
の8年間で、アジアと世界に対する日本の戦略的アプローチについて説明しています。
4:27
への日本のアプローチにおける全く新しい章を構成している。
4:32
吉田ドクトリンとして知られる戦後の日本外交の枠組みを学びました。
4:39
吉田ドクトリンと呼ばれる戦後の日本の外交政策の枠組みを学んだが、これは基本的に、米国と協調しつつも、目立たないようにし
4:45
を保ち、金持ちになり、経済を成長させるというものであったが、それはうまくいかなくなった。
4:50
90年代に中国が台頭し、日本経済が減速し、日本が衰退したとき
4:55
当時私が書いた新しい戦略に向かって奮闘し、それが安倍首相のもとで本当にまとまった。
5:02
そして、それは日本の外交政策の新時代を定義するものであっただけでなく、今後、日本の外交政策の新時代を定義するものとなるでしょう。
5:09
世代を超えて受け継がれるであろう、最も影響力のある戦略的な対立を構成している。
5:15
中国は同盟国の中で最も影響力のある戦略的存在です。
5:22
自由で開かれたインド太平洋」「4大政権」「アジアへのアプローチ」。
5:28
これらはすべて、2013年に始まった安倍政権の戦略の核心的要素であり、現在も続いている。
5:36
イギリスやフランスが採用しているのを見たり、ヨーロッパがインド太平洋戦略について話しているのを聞いたりすることができます。
5:43
日本の戦略がどこから来たのかを理解することは重要である なぜなら日本は最も重要な同盟国だからだ
5:49
というのも、日本は私たちの最も重要な同盟国であり、また、はるかに野心的で威圧的な中国と対峙しているからです。
5:55
日本の戦略には、我々の伝統的な戦略よりも多くの指紋やDNAが含まれているからだ。
6:01
特別な関係である大英帝国の戦略そのものです。
6:06
政治学と国際関係論の出番です。
6:12
日本のような国がパワーバランスの大きな変化に直面したとき 2010年、日本の経済はより大きくなった
6:19
中国は現在世界第2位で、さらに成長しています。
6:24
私がNFCにいたとき、日本の海軍はプラより大きかった。
6:29
の海軍より大きかったが、今はプラの海軍のほうがかなり大きい。
6:34
6:34 パワーバランスの根本的な、地殻変動に直面したとき、どうすればいいのでしょうか。
6:40
チーム中国に参加する 安倍首相は2月にここで演説をした
6:45
日本は今も昔もTier 2の大国ではない」と述べた。
6:52
日本は中国とバンドワゴン化するという考えを支持しない 第二の選択肢は、内部で追求することだ
6:58
バランシングは、他国に依存する必要がないように、自国の力を一方的に高めることができる古典的な例である。
7:04
極端な例としては、北朝鮮の核兵器の追求がある。
7:09
は技術を持っているが、商業国家と民主主義国家としては非常に悪い選択である。
7:14
しかし、日本は重要な方法で内部の力を強化し、女性にもっと力を与えるようになった。
7:20
株式市場を世界標準に近づけること、観光市場を開放すること、これらは量的なことだ。
7:28
の増加であり、防衛予算の増加でもある。
7:33
強盗の下で行われた最も重要な変化は質的な変化であり、国家安全保障会議を設置し
7:38
貿易、安全保障、外交戦略・政策を1つの目的の下に統合した。
7:44
そのうえで、いわゆる対外的なバランスをとることができる。
7:50
友人を増やすことである。これが肥満が最も成功したところかもしれない。
7:57
は、2014年から15年にかけて、新しい法律であるAbe um
8:02
に従事することを認める憲法第9条の新解釈を国会に押し通した。
8:08
集団的自衛権による米国との共同作戦は危険であり、それは押田ドクトリンが回避したものである。
8:14
しかし、安倍首相は基本的に署名している。

8:20
最も信頼できるパートナーとは言えないからだ。
8:26
日本、米国、東南アジア外交のインフラ資金調達のための自由で開かれた、また、国際的な危機への関与のためです。
8:32
そしてマリアの専門知識は、おそらくすべての中で最も顕著で、貿易政策と貿易をリードしている。
8:38
をリードしてきたことで、かなり成功した。
8:43
プーチンとともに中国に対する対外的なバランスをとることはうまくいかず、驚きました。
8:49
日本や韓国ではロシアカードはほとんど使われていない。
8:55
日本の関係では、米国と中国の次に重要である。
9:00
9:00 日本は、米国と中国に次いで、最も重要な関係にある。
9:08
9:08 私たちに影響を与え、私は勉強する価値があることを願っています。
9:14
日本には、戦後の歴史を通して、かなり行動的な歴史があります。
9:22
政策変更に関しては、特にアッベのいた分野では、かなりゆっくりと行動してきたという歴史があります。
9:27
日本の首相としては非常に長い期間ですが、そのような比較的短い期間に、どのようにしてこれほど多くの大きな変化を起こすことができたのでしょうか。
9:35
日本の政治システムを考えると、比較的短期間にこれほど大きな変化をもたらすことができたのでしょうか。
9:42
マリアが非常に説得力のある文章で書いているのは、日本がブレグジットをしなかったということです。
9:47
日本のポピュリストの蜂起とでもいうべきものです。
9:53
2009年の大政奉還は本当にひどい結果になりました。
9:59
日本もまた、マリアが説明したように、他のG7やOECD諸国よりも早くグローバル化の再構築を経験しました。
10:06
を超え、安定を求めつつ、Dpjの年でもある。
10:11
野田のような首相が安倍首相を見越した政策をとっている間、日本はほとんど漂流していた。
10:19
アジアで漂流し、特に中国に振り回されていた。
10:24
日本のイニシアチブと米国との同盟関係を回復し、リーダーシップを発揮することを命じられた。
10:31
皮肉なことに、彼はその使命を果たすために、日本の経済成長率を上げなければならなかったのです。
10:37
経済成長をするためには、中国と良好な経済関係を築かなければならなかった。
10:43
は、中国に対抗する安倍首相の戦略のための政治的資本を提供したのである。
10:49
中国との経済関係によってもたらされたものである。
10:54
アメリカのインド太平洋戦略において日本が先行しているのは、トランプとアベの両方だと思う。
11:00
しかし、ホワイトハウスのインド太平洋戦略を読むと、中国と競争するための多くの要素を持っていない。
11:07
中国との関係がどのようなものか、経済的なものであれ、それ以外のものであれ、一言も書かれていない。
11:13
日本が先行してそれを定義し始めているのは、そうしなければならなかったからだ。つまり、安倍首相の政治資金は中国に依存していたのだ。
11:19
中国への観光投資 中国への輸出 そして安倍首相と日本人は
11:25
政治体制はその矛盾を心地よく受け入れている。
11:31
というのも、マリアは、マイクが本の中で語っている日本の経済戦略についてお聞きしたかったのです。
11:38
在任期間中、米国は結局、TPPを支持しながらも離脱してしまいました。
11:43
インド太平洋地域におけるもう一つの大きな貿易協定であるレセップについては、インドがその線まで歩み寄ったものの、それを越えませんでした。
11:50
アベはそのような出来事をどのように処理し、それを利用して、インド太平洋地域の物事を推し進めようとしたのでしょうか。
11:57
11:50 アベはどのようにこれらの出来事に対処し、それを利用してインド太平洋地域における日本の関心事を推し進めようとしたのでしょうか。
12:03
この新刊は本当にお薦めです。
12:09
日本にとって重要な時期をうまく捉えていると思います。しかし、より大きなメッセージは、日本は我々全員にとって重要であり、もし我々が正しい道を見つけたいのであれば、この本を読むべきです。
12:16
インド・パシフィックにおいて、日本は最高の同盟国であり、パートナーである。
12:23
は、本当に心に残るフレーズがいくつもあり、そのうちのひとつは、あなたが今おっしゃっていたように
12:29
日本が中国へのアプローチにおけるオピニオンリーダーであり、日本が中国に対抗するために
12:34
アメリカだけでなく、あなたがおっしゃったように、日本がより大きな存在感と影響力を持つようになってきていると思います。
12:40
また、私は今、本の原稿を書いているのですが、タイトルは「from decline to」です。
12:46
日本が過去に凍結された国であると考えられていたことを、どのように扱ったかということです。
12:53
日本がこの問題にどのように対処してきたかという質問に対して
12:59
うーん、予測できない不安定な環境。
13:06
日本がその関係を発展させることに重きを置いてきたアメリカやインドのような2つの国に関して、日本はこの予測不可能な不安定な環境にどのように対処してきたのか、というのが私の質問です。
13:12
アビーのもとで、日本が最も成功に近づいた時期だと言えるでしょう。
13:18
を達成するのに最も近づいた時期だと思いますし、それが顕著に表れています。
13:24
日本が受動的で防衛的な通商政策のアプローチを克服したことである。
13:29
官僚が互いに争い、農業ロビーが野心的な提案に拒否権を発動していたような、消極的で防衛的な通商政策アプローチを、日本は実際に克服した。
13:37
日本がこの新しい巨大貿易協定の形成者となり、その原動力となったのである。
13:42
包括的かつ進歩的なTPPについて話している。
13:47
欧州連合との協定、そして最近では地域包括的経済連携協定がある。
13:52
インドがRSEPでうまくいかなかったので、これらの協定には確かに支障がありましたし
13:58
おそらく最も重大な理由は、米国が日本を祭壇に置いたからです。
14:03
Tppについて言えば、これは大きな打撃でした。
14:08
日本が行ったのは貿易だけでなく、インフラストラクチャーや金融も含まれる。
14:14
日本が長年行ってきたことですが、質的に異なっていたのは、日本が
14:21
なぜこのような金融を提供するのかというビジョンを明確にし、日本とは異なる一連の基準を明確にしたことです。
14:27
また、もっと重要なことは、ここワシントンでは常に中国との競争について話していることです。
14:34
日本が行ったのは、具体的な資金提供の提案であり、そのために資金を投入したのです。
14:40
そして、デジタルガバナンスです。
14:48
データの流れの自由、情報の自由、などなど。
14:54
日本はどのようにしてこれを行ったのでしょうか。この話は、実はマイクの本の中で非常にうまく捉えられています。
15:59
しかし、あなたは明らかに前例があり、彼は明らかに
16:05
を楽しんでいたのは明らかで、その結果、親密な関係が生まれ、ある意味では日本を多くの
16:11
しかし、私にとっての最も重要な遺産は
16:17
うーん、私はこれらの傾向を利用し、それを強化しました。
16:23
は貿易協定の交渉本部を初めて設置した。
16:30
を設置した。目的意識なしに経済的な国家戦略を語ることはできない。
16:36
実施体制もなく、デリバリーもなく、日本がこれらすべてを達成するのを初めて目にした。
16:44
日本がTPPで歯を食いしばり、他の貿易協定を追求することができたのだと思います。
16:51
また、日本はTPPに代わるものをどのように作るかについて革新的であった。
16:56
中国と機能的な関係を維持する方法、そして商業的な条件に関して、どのように中国と
17:03
安全保障と経済の両面でパートナーを多様化することです。
17:09
この本を今起きていることと結びつけて考えてみます。レイはちょっとだけあなたにくっついています。
17:16
貿易取引に消極的だった日本が、ほとんどチャンピオンになった、あるいは
17:22
米国がTPPから離脱したとき、具体的な提案をするようになったのです。
17:27
具体的な提案をしており、もし再参加できないのであれば、バイデン政権に働きかけている。
17:33
の国々に経済的なインセンティブを与えるために何ができるのか。
17:38
この地域の国々が中国に傾倒しすぎないよう、経済的なインセンティブを与えるにはどうしたらいいか。
17:46
インド太平洋地域のある当局者は私に、これは良いスタートだが、黄身のない目玉焼きだと言った。
17:52
17:52 そこで質問なのだが、これは重要なものになるのか、市場アクセスは含まれないのか、それとも何なのか。
17:59
を弖紗しているのか、それとも弖紗宀が?
18:04
このような枠組みがあると言えるような戦略文書がないため、ヒントがあるのです。
18:11
18:11のヒントはあるのですが……ちょっと心配です。
18:18
というのも、市場アクセスを前面に押し出さないと、大きな疑問が生じるからです。
18:24
というのは、もし私たちが同じゲームで同じように競争していないなら、他の人たちが参加する強い動機付けがあるのだろうかということです。
18:30
このような巨大な貿易協定があり、それが良いシグナルである場合、地域の国々はそれを喜んでいると思う。
18:36
しかし、もしあなたが市場統合と貿易協定を締結しないのであれば、この地域の国々は18:42
18:42
を考えなければ、またメニューから肉を外してしまうことになる。
18:50
この条約は議会で批准されたものではないという事実と、耐久性についてのもう一つの疑問がある。
18:56
協定ではなく、行政主導のイニシアティブと取引であることだ。
19:02
そして、Michael Rayが彼の言葉を使ったので、我々は予測不可能になる。
19:07
次のアメリカ大統領が誰になるかはわからないが、もしこの枠組みを廃止する可能性があることは知っている。
19:13
を明確に把握できるかどうかという疑問があります。
19:18
というのも、それぞれの潜在的なパートナーが行っているコミットメントを明確に把握することができるかどうかが問題だからです。
19:25
しかしそれはアラカルトメニューで、4つの異なる柱があり、貿易に参加するか、それとも
19:32
インフラストラクチャー、サプライチェーンの回復力、腐敗防止、税制のいずれかに参加することができますが、参加する義務はありません。
19:39
インフラは非常に人気がありそうですが、汚職はかなり人気がありそうです。
19:45
19:45.誰が手を挙げるのかわからないが……たぶん、いつもの容疑者たちだろうが、それ以上踏み込まないだろう。
19:51
その先にあるのは、太平洋の経済的枠組みに関する最後のポイントだ。
19:57
これは政治的な問題ですが、この地域のビジョンを示すものでもあります。
20:04
クラブで重要なのは、誰が入り、誰が抜けるかということだからです。
20:10
また、もし日本や韓国、オーストラリアなどの会員を獲得することができれば、その会員数はさらに増えるでしょう。
20:16
20:16 私たちはどれだけ世界を動かしているのでしょうか。
20:22
を得るためのインセンティブは何だろうか。
20:28
しかし、最も重要なことは、私はまだ明確になっておらず、信じて、私は中国でのメッセージは何かと尋ねた。
20:35
インド・太平洋経済の枠組みと言いながら、なぜこの地域に伝えているのか。
20:40
中国が参加する見込みがないのは、中国が戦略的な位置にあるからなのか。
20:47
そのような枠組みを作ると、他の人が参加しづらくなってしまいます。
20:54
の論理を実際に再現してみましょう。
21:00
を守りたい国や経済圏に開かれているのです。
21:06
基準やその背後にある部門を守りたい国や経済に開かれています。
21:13
同じテーマで私の表現を聞かせてください。あなたの本を読んで私が感じたことの一つは
21:20
エイブがあれだけのことをできた理由の一つは、彼が長い間そこにいて、一貫性とリーダーシップがあったということです。
21:26
日本がこれほどまでに長い間持っていなかった方法である。
21:32
アメリカは日本の看護師の交代制についていつも文句を言っていたが、日本はもっと早く交代させていた。
21:37
イタリアよりも、あるいはその逆よりも、日本の方が迅速に看護師を交代させることができるのでしょうか。
21:42
貿易協定に参加し、その後脱退した場合、どのような教訓を得るのだろうか。
21:49
アメリカは日本の安倍首相から、この地域にもっと関与し、中国に対抗しようとする際に学ぶことができると思いますか?
21:56
日本やイタリア、オーストラリアのような議会制の国では、間違いなくそうでしょう。
22:02
自国の政情不安で首相が毎年変わるような状況では、牽引力を得ることはできないし、何もできない。
22:08
アベのアジェンダの多くは、実は前任の野田首相に受け入れられている。
22:15
野田首相は、アベのアジェンダの多くを受け入れたが、野田首相の下での政治は非常に不安定で、それを実現することはできなかった。
22:20
日本の将来の戦略にとって危険なもの、または私が心配する変数があるとすれば、それは
22:28
日本の指導者が提案するようなことはないだろう。
22:33
日米同盟はあまりにも危機的で、中国とバンドワゴン化することはない。
22:38
心配なのは、指導者の交代があまりに早すぎることだ。
22:44
毎年新しい首相が誕生していた2006年から12年にかけてのパターンに戻ってしまうことだ。
22:50
私は当時、日本の政治を教えていて、日本の生徒たちに、次のことに細心の注意を払う必要があると言った。
22:56
というのも、現在の日本では首相が交代し、人口動態が悪化しているため、この授業に細心の注意を払う必要があるからです。
23:02
と言ったら、みんな笑って、頭の中で計算して、冗談だとわかったけど、本当に大変だった。
23:09
米国政府や他の政府が、日本との間で何かを成し遂げるのは難しい。
23:14
この夏には参議院選挙があり、自民党はかなり強そうなので、どうなるか。
23:20
そして日本国民もまた、アメリカにとっての教訓という意味で、そのシナリオを少し警戒しているように思う。
23:26
23:26 見てください、明らかな戦略はアメリカの戦略であり、4分の1は
23:31
元々、私は前回の本で4分割について話したが、それは1850年代にコモディアン・マシュー・ペリーによって提案されたものだからだ。
23:37
Tpp自由貿易協定はアメリカの戦略であり、アビーからのアメリカへの教訓である。
23:45
23:45 私たちはもっと私たちのようになる必要があり、私たちはそうしています。
23:51
海洋戦略を採用したことを高く評価している。
23:56
のような海洋同盟国との協力というアプローチを採用したことを高く評価したい。
24:01
インドを仲間に加え、ヨーロッパとより密接な関係を築いたこと、そして24:08に対抗するために非常に慎重なアプローチをとったことは
24:08
中国による強制やインフラ融資に対抗するための非常に慎重なアプローチ。
24:14
しかし、マリアが言ったように、貿易は非常に大きなハンディキャップである。
24:20
そして、私は個人的には、米国がそのようなことをするとは思っていません。
24:25
は現在の貿易の轍を踏んでいるとは思いません。
24:30
強力で、イデオロギー的に貿易に反対している。
24:35
代表事務所は、労働者の権利と環境の権利を使命としている。
24:42
市場開放でもなく、ルール作りでもなく、確かに地政学でもなく、また
24:47
しかし、問題なのは、労働者の権利や環境の権利を前進させることはできないことです。
24:53
を表に出さない限り、労働権や環境権を前進させることはできない。
24:58
ルール作りであったり、デジタル貿易のルール作りであったりするのだが、現在の政治的環境では
25:04
ワシントンでは、民主党の左派と共和党の右派が、ipafのデジタル技術のいずれかを見ている。
25:12
しかし、率直に言って、世論調査やアメリカの利益を考えると、このようなデジタル貿易は、TPPに戻るための一種のゲートウェイ・ドラッグのようなものだと思う。
25:18
しかし、率直に言って、世論調査を見たり、アメリカの利益団体や国民の多くが望んでいるのは、このことなのです。
25:24
日本が積極的でオピニオンリーダーであることは幸運です。なぜなら、率直に言って、阿部さん、春日さん、そして今は志田さんと
25:32
オーストラリアや他の同盟国が時間を稼いでくれているのです。
25:37
トルドーやマクロンなどとの違いは、アベがそこで決断したことだ。
25:43
を抜きにして日本の戦略はありえないということだ。彼は公の場でトランプを説教することはなく、わざわざ他の人たちと同じように
25:49
25:49 彼はG7でヨーロッパ人とカナダ人に説教をし、酒を酌み交わした。
25:55
ドナルド・トランプは私たちだけがアメリカ人だと知っていた。
26:00
26:00 ドナルド・トランプならうまくいくはずだ。
26:05
26:05 率直に言って、感謝すべきです。
26:12
26:12 ジョー・ビデンのインド太平洋における特徴的な政策は、トランプと同じであり、それは従順であった。
26:19
しかし、幸運なことに、日本やオーストラリアなどがこのギャップを埋めてくれている。
26:26
26:26 国内政治に酔いしれている場合ではなく、そうなることを願っています。
26:31
分ほどで、安倍政権と、最後にスラッシュ・スガ、そして岸田外相の違いについてお聞きしたいと思います。
26:40
その前に、この本の中で、日本の歴史における中曽根と小泉について書かれていますが、そのことについてお伺いしたいと思います。
26:46
中曽根と小泉は非常に強力な首相で、その後弱い首相が続いたと書いてありますね。
26:54
日本がそのような状況に逆戻りする危険性があるとお考えですか?
27:01
アベの後のアベは誰なのか、また、同じようなことを成し遂げられるかもしれない新進気鋭の日本の政治家は誰なのか。
27:08
のようなことを成し遂げられるかもしれない新進気鋭の日本の政治家は誰なのか。
27:13
政治に保証はないし、私はそう思う。
27:19
また起こるかもしれないし、政情不安の時期が来るかもしれない、しかし
27:24
日本ではまだ国民は野党に対して非常に懐疑的であり、野党はそのようなことはしなかったと思う。
27:32
というのも、前回の選挙で野党は期待されたほどの結果を残せなかったからです。ですから、私はまだ、自民党と連立与党は一般的に
27:38
そのため、彼らは多くの立法案を通過させることができると思う。
27:45
という事実を時々見失ってしまう。
27:50
日本の政治家たちは、安全保障政策と対外経済政策という基本的なパラメーターに関して、かなりのコンセンサスを得ている。
27:56
を持つということである。だから私は、たとえ大きな政治的展開があったとしても、選挙が本当に
28:03
を変えるような選挙があったとしても、一昼夜で変わるとは思えない。
28:09
また、日本や太平洋の自由開放、pptpp、4カ国協議といった構想の多くは、日本が主導しているからです。
28:16
米国との同盟を守り育てること 安全保障パートナーシップの多様化 これらの取り組みが実を結んだのです。
28:23
日本の人々はこのことを認識していると思うし、日本の国民もまた、このことを認識していると思う。
28:28
厳しい外部環境をよりよく理解していると思う。
28:34
インド太平洋にあり、北朝鮮にあり、中国の軍備増強にあることは知っているが、私はこうも考えている。
28:40
ウクライナ危機は大きな影響を及ぼしており、日本政府は実際に、日本政府にとって重要なことを行っている。
28:46
日本政府は国民の強い支持を受けて、これまでしなかったようなことをしている。
28:51
に見られるような、より積極的な傾向を持っていると思う。
28:57
国内政治がどのように展開されようとも、もちろん、そのことが重要であることに同意する。
29:04
が、近い将来、野党が政権を取るかどうかということになれば、いかに効率的であるかということになる。
29:11
新しい指導者たちは、自分たちの家を扱うのにどれだけ効率的か、自分たちの関係を扱うのにどれだけ効率的か。
29:18
との関係をどのように処理するのか。
29:24
菅首相はあまり長くは続かず、そのため、このようなケースもあった。
29:29
その回転の速さは、私も、今は異常な時代だと思います。
29:34
また、アビーがコベットへの対応でつまずいたのも、私が書いた記事によると、コベ19はすでに
29:42
には、2人の日本人のリーダーがいる……つまり、彼らを連れ出すことだ……だが、私はこう思う。
29:48
岸田はよくやっていると思う 我々はウイルスの異なるステージにいる 彼の数字は実際にかなりあると思う
29:53
岸田氏が、このパンデミック時代からの脱出をうまくやれば、また、そのために
30:00
外交政策でうまくいっていたものを統合し、前進させることができれば、そしてこれがまた大きな疑問点なのだが、彼は成功するのだろうか?
30:06
新しい国内経済戦略を前進させることができるのかどうか。
30:12
8年間でなければ、彼自身の政策や考えを具体化するための時間がもっとあるように思えるかもしれない。
30:18
マイクはラッベの後の修道院なのか?
30:25
30:25 彼は今、米国との核兵器の共有化を求めて、非常に声高に主張しているのがわかる。
30:30
米国に台湾政策の戦略的明確化を求めている。
30:37
彼は再び首相になる可能性があるため、このようなことをしているのだと思う。
30:43
岸田内閣に、もう少し強硬な態度で臨むよう迫っている。
30:49
を、思想的にもう少しタカ派にするよう、岸田内閣を後押ししている。
30:56
30:56 私の本も同じように論じている。習近平とプーチンは、どの日本政府にとっても簡単にはいかないだろう。
31:02
しかし、いくつかのバリエーションがあります。
31:08
このようなバリエーションがUNDPの大統領選で見られるかもしれません。
31:14
そして、彼の子飼いの佐内隆一などは、防衛費を2パーセントに増やしたいと考えている。
31:20
31:20 あなたは、鴻池朋子(こうのとみ)を知っていますね……鴻池朋子は、そのために良い走りをした。
31:27
日米同盟には非常に強いですが、おそらく他の地域への働きかけをもう少し行うでしょう。
31:33
アジア どれも米国にとって悪い選択肢ではなく、テーマのバリエーションです。
31:39
しかし一般的には、岸田氏は参議院選挙に向けてかなり良い方向に進んでいると思う。
31:44
もし政府が勝てば、彼は何年もかなり安定した政治をすることになる。
31:49
31:49 私たちは、一人の首相を避けることができるかもしれない あなたのシナリオは、それは菅さんかもしれないum
31:56
は驚異的なものであったから……だから、私たちは見ることになるのだが……。
32:01
というのも、ウクライナのことは重要だと思うからだ。
32:06
日本が北朝鮮、中国、ロシアと本当に厳しい地域にいるのは、構造的なものだけではないことをご存じでしょう。
32:13
日本人は毎晩テレビやソーシャルメディアを通じて、次のような人たちを目にすることができる。
32:19
を見ることができる。香港で何が起こっているかを見ることができる。
32:25
32:25 オーストラリアの禁輸措置 つまり、それは直感的であり、現実的である。
32:31
マリアから聞いたところによると、私たちは
32:36
日本人はもっと積極的で、もっとリスクを取るようになる。
32:42
このような環境と日本人の感情から、日本政府はより積極的に、よりリスクを取るようになるでしょう。
32:49
日本は私たちよりもこれらの問題の多くに近いところにいる 私はアクィリノ提督と一緒に旅行をしていた
32:55
最近オーストラリアに行ったとき、彼が言ったことの一つは、ウクライナは独裁的な権威主義を人々に思い起こさせるべきだということだった。
33:01
ウクライナは、彼らが間違ったことをすると人々が死ぬことを示し、実際、あなたは
33:08
台湾やアジアの他の地域にとっての教訓であり、日本の世論調査で74%が
33:13
台湾の新しい世論調査では、日本が台湾の防衛を支援すべきであると回答している。
33:20
戦争になったら、アメリカよりも日本が助けに来てくれると考えている台湾人が多い。
33:25
そのため、アベが始めたプレイブックにはまだ多くのページがある。
33:32
日本が実際にロシアに制裁を加えたことに、お二人はどのような衝撃を受けたのでしょうか。
33:39
ウクライナへの侵攻をめぐり、こう言ってはどうだろう……とても驚いたよ……2014年じゃないんだから。
33:46
この制裁は前例のないものであり、日本が
33:51
はG7やアメリカなどと歩調を合わせてきた。
33:57
非致死的な援助を送ったり、避難民を受け入れたりと、日本がこれまで見たこともないようなことをしてきました。
34:05
からの避難民を受け入れている。
34:12
制裁が発表されたときには、常に同じ見解で、制裁を履行していた。
34:18
として大西洋を越えた反応と見なされないようにすることである。
34:24
問題は……これはG7に関することであり、日本が協力することだったということだ。
34:30
アジア諸国の民主主義が歩み寄ることができるということです。
34:36
ヨーロッパで起きていることとインド太平洋の間にはつながりがある。
34:43
ウクライナで目撃されているような野蛮な武力行使に無関心であれば、34:48
34:48
その結果、同じような行動が起こるような圧力が生まれる。
34:54
アジアではこのようなことが実際に起こっているのではないかという強い懸念があることは知っています。
34:59
そのため、原則的な対応をすることが重要なのですが、その対応は
35:06
この最後のポイントは、本当にとても重要なことなのです。
35:12
制裁を調整したこと、そして輸出管理に関して言えば、その程度が高いことです。
35:18
協調の程度は多国間アプローチと言えるほどで、米国は安心することができます。
35:25
を監視し、制裁を実施することで、米国は安心することができます。
35:32
この2ヶ月の危機から、明らかに多くのことを学ぶことができると思います。
35:38
での反撃の結束力が試されるでしょう。
35:43
経済的コスト 中国が制裁に違反したらどうなるのか?
35:50
コヒーシ ョンブレイク…………………….伝えるのは難しいが、これまで見てきたものでは、まったく異なる日本であった。
35:55
ということは、マイクは、外挿によって、私たちは、このようになることができると思いますか?
36:01
日本が米国と一緒に中国に制裁を加えるということはあり得ると思いますか?
36:06
36:06 東京はレッドラインを越えたくないのでしょうか? いや、レッドラインではなく、ある種のレッドラインだと思います。
36:13
ウクライナの危機が示しているのは、選択肢の多様性である。
36:19
のような権威主義的な国家を相手にしているとき、そのような国家を相手にするのは
36:25
中国やロシア、イランのような権威主義的な国家を相手にしている場合、より孤立したカズコビトのような歴史的な指導者がいると
36:31
抑止力が重要である。
36:36
ウクライナは他の潜在的な交戦国に何を示しているのか。
36:41
軍事的な抑止力がある一方で、経済的な抑止力もある。
36:48
日本政府も、台北の指導者も、オーストラリアも、そして今や韓国も気づいている。
36:55
アジアの同盟国は、ロシアにコストを課すために、ある程度のリスクを負ってでも立ち上がりつつあるという事実。
37:02
東アジアの危機は、中国を巻き込む可能性さえあるというシグナルである。
37:08
ヨーロッパ、カナダ、あなたが知っているように、ある程度のリスクでコストを課す可能性が高い。
37:15
そして各国は中国を制裁するのだろうか。
37:21
日本政府 アメリカ政府 ヨーロッパの政府はすでに技術面でデカップリングしており、より厳しい技術規制を課している。
37:28
その梯子を上る方法があるのです。
37:34
ロシアとは違う。もちろん、中国はすべての国の経済成長にとってより重要であり、より密接に絡み合っている。
37:40
しかし、ウクライナの危機は、主要な民主主義国の世界的な同盟の可能性を示していると思う。
37:47
もちろん発展途上国はあまり含まれないが、中国にとってそれは痛手ではないだろう。
37:54
中国にかなりの痛手を負わせる可能性のある国の大連合があり、ウクライナはそれを実証していると思う。
38:00
そのため、日本がやっていることを正当化したときに、中国が見ていると薬学的に言っていた。
38:07
このことは、抑止力を高め、中国の計画を複雑にしている。
38:13
38:13 日本やオーストラリア、アジアの同盟国にとって賢明なことだと思います。
38:19
38:19 あなたは今、様々な理由からオーストラリア訛りを練習しているそうですが、日本についてはどうでしょうか。
38:26
に対して厳しい態度で臨んでいるのであれば、それを楽しむと言うのは正しいことだと思います。
38:33
中国に対して、インドが厳しいというのは間違った表現かもしれませんが、ますます積極的になってきています。
38:39
を、「李錬李」、「李錬」、「李錬」、「錬」、「錬」、「錬」、「錬」、「錬」、「錬」。
38:45
労働党とアルバニーズ新首相に取って代わられる可能性があるが、そうなるかどうかは疑問である。
38:50
新政権は現政権よりも中国に対してソフトになるのだろうかという疑問がある もしそうなれば日本は
38:56
をすることになるのだろうか。私はそうは考えない。
39:02
年前、日本政府は多くのコメンテーターが労働者派遣法の改正を心配した。
39:08
オーストラリア政府は中国との競争から離れ、中国に対してよりソフトになるのではと多くの評論家が懸念している。
39:15
に対する中国の信じられないほど強圧的な禁輸措置の後では、それはもう真実ではない。
39:21
オーストラリアは、議会のすべての政党を統一した。
39:28
そのため、例えばオーストラリアの選挙を追っているのであれば、影の外務大臣は
39:34
このCsisで講演した彼女は、基本的にどの政党にも異議を唱えませんでした。
39:42
を打ち出し始めているモリソン政権の日本へのアプローチと米国へのアプローチに基本的に異議を唱えなかった。
39:47
を打ち出し、自らを差別化しようとしているのだが、このソロモン諸島との中国の安全保障協定は
39:52
労働党はこれを使おうとしているが、中国に甘すぎるとは言っていない。
39:58
彼らは、あなたが十分にタフでなかったと言っているのである。
40:06
そのため、政権が変わっても、この戦略は根本的に変わることはない。
40:12
日本では、安倍首相が110回目の国会を通過したとき、興味深いことに
40:17
集団的自衛権を認める第9条の解釈の変更をめぐって20時間にも及ぶ国会審議が行われたのは、日本では興味深いことです。
40:23
政府は、日本がどのような場合に集団的自衛権を行使する可能性があるのか、その例を挙げている。
40:28
政府は、日本が攻撃を受けた同盟国やパートナーを助けるために集団的自衛権を行使する場合の例を挙げ、また、米国が攻撃された場合の例も挙げた。
40:34
しかし、その例はオーストラリアにも及び、日本のマスコミはこれを好意的に受け止めた。
40:41
連立を組むということは、政治的にも外交的にも魅力的なことだと思う。
40:49
アメリカは明らかに最大の軍事力、外交力、経済力を持っている。
40:56
しかし、私はそれが非常に人気があると思いますし、実際、最近の討論会では
41:01
日本の選挙では、人々は皆、南東アジアへの関与に熱狂的であった。
41:07
アジアに関与することに熱狂的であったが、唯一熱狂的でなかったのは、ソウルの南朝鮮が巨大であることだ。
41:14
日本の戦略における大きな問題であり、皮肉なことに、この本のタイトルにあるように、ryekiは、その線
41:20
を支配する敵対勢力がないことを確認することだったのです。
41:27
アビーの盲点は、ソウルに対する不満のレベルが、彼らがただ無視してきたことを意味することである。
41:33
国内政治と歴史的な怒りから、日本には朝鮮半島を形成する戦略はない。
41:40
ソウルでの選挙で、もし双方がうまくやることができれば、戦略の穴は埋まるかもしれない。
41:47
41:47 ところで、これはアメリカにとって良いことだろう。
41:53
私はオーストラリアと国内政治の専門家ではありませんが、国民が政治について考える方法に大きな変化があったように思います。
42:00
中国、オーストラリア、日本、ヨーロッパ、そして最近では中国の傾倒により
42:06
選挙は、明らかに新政府が追求することを選択する結果をもたらすと思う。
42:14
中国との関係を別の形で追求することを選ぶかもしれませんが、これがまたバンドワゴン化、あるいはあなたが言うところの
42:20
の大きな目覚めがなかったということになるのだろうか。
42:26
中国に依存することが何を意味するのか、そして中国があなたに対して腹を立てたり、これを示したりするときに、中国がどのようにそのレバーを使うのか。
42:34
前政権が推進した外交政策イニシアチブのために、喜びを示す。
42:41
そのため、もし選挙が労働党と一緒に行われた場合、国民がそのことを忘れるとは思えません。
42:48
そのため、もし選挙が労働党やその他で行われた場合、彼らは国内の状況を考慮する必要があり、おそらくより一層
42:54
中国についてどう考えるかについて、より慎重になるでしょう。
43:02
中国との関係が再び問題になるリスクに対するヘッジをどうするかということで、全体として、そのような
43:08
中国がこの地域で行っていることと、アベがある意味で築いた強固な基盤の組み合わせは
43:14
もし彼が戻ってこなければ、その政策は彼よりも長持ちすることになるだろう。
43:20
もしあなたが習近平がプーチンとやっていることに従っているならば……限界があるのだから……あなたは知っている。
43:26
共同声明は注目に値するものであったが、これは無制限のパートナーシップである。
43:31
ロシアと中国の間で、中国がアメリカの制裁を避けようとしている。
43:37
しかし、しかし、しかし、しかし、しかし、しかし、しかし、彼らは、彼らは、彼らは、彼らは、彼らはプーチンをバックアップしているええと、それはちょうどです。
43:43
北京が日本やオーストラリアの将来のリーダーにとって、これを容易にすることは非常に難しい。
43:49
日豪関係を変えるために、私はオーストラリアが重要な国として台頭しているため、日豪関係も前進していると考えている。
43:55
アジアにおける戦略的競争の次の段階において、重要な思想的リーダーとして台頭しているからだ。
44:00
外国の干渉や内政を阻止し、その基準を設定することで、経済的、社会的、文化的、政治的、文化的、経済的な
44:07
経済的な強制や禁輸、そしてオーガストやミサイルの開発によって新たな軍事力を生み出すことで、これらはすべて
44:14
東京で見守られている。同盟国は互いに学び合い、議題を前進させているのだ。
44:20
同盟国がすぐそばでこれらの課題に直面しているので、時には私たちが追いつくこともある。
44:26
44:26 もっと直接的に……まだまだ質問はあるのですが、あと13,14分ありますから、ちょっと失礼します。
44:33
をお聞かせください。最初の質問は、米国がCP TPに再加盟する可能性はあるかというものです。
44:40
Maria まあ、私はマイクのように楽観的でありたいと思いますが、私は少し疲れています。
44:47
世論調査によると、貿易は実際に強く、強く享受していることに私は完全に同意します。
44:54
の支持を得ている。しかし、年齢層や地理的条件などを考慮すると、そのようなことはないだろう。
45:01
を見ると、職業によって違いがあることがわかりますが、全体的には
45:07
人々は貿易が生活の質を高めることができることを理解していると思います。
45:12
を向上させ、より安価な商品を手に入れることができることを理解していると思います。
45:18
企業の競争力を高め、また信頼関係を構築する手段でもあるのです。
45:25
相手とのより大きな関係を構築する方法でもあるのです。
45:30
中国がその意味でうまくいかなかったのは、議会政治があるからだ。
45:36
世論調査と議会での出来事との間に大きな断絶があるところである。
45:42
そして、マイケルが言及したように、私たちが見てきたのは、右派の人々の一部と、一部の人々が
45:48
右派の人たちと左派の人たちが、非常に反貿易的なメッセージの中で実際に会ってきたのです。
45:54
そして、トランプとバーニー・サンダースはその良い例で、人々が私に尋ねるとき、「移動することで何が変わったのか?
46:00
トランプ政権時のアメリカ第一主義から労働者重視の貿易政策に移行することで、何が変わったのか?
46:06
私は、同盟国への嫌がらせをやめ、より一貫したメッセージを持つようになったと言いたい。
46:12
このようにツイッターで絶え間ない非難を浴びせることで、関税の専門家としてのプライドを語る人はいないでしょうし
46:18
私はこれらの貿易協定から手を引くつもりだ。それはすべて重要なことで、良い前向きな変化だが
46:24
貿易政策の最も重要な軌跡を見ると、両者の間には途方もない量の継続性がある。
46:30
トランプとビデンの間には、途方もない継続性がある。
46:36
を盗んで、中国との取引を行おうとしている。
46:42
46:42 小惑星の貿易を管理し、それを機能させようとしている。
46:48
余分な……追加の製品は、米国からそう、何もない……あなたが知っているとき
46:53
このCsisのキャサリン・タイはスピーチを行い、1年間のレビューの後、オバマ政権のアプローチについて語った。
47:00
中国と貿易は何も新しいことではなく、1年経ってもうまくいっていないので不愉快だ。
47:07
というのも、1年間うまくいかなかったからで、今後どうするのかがわからないからだ。
47:14
当時は目玉焼きですらありませんでしたから(笑)。
47:19
紛争解決に関するWTOの行き詰まりを解消しようとはしていません。
47:27
プロセスベースのルールベースのアプローチで、違反に対処する手段が少なくなっています。
47:33
問題である。そしてバイの政権は国家安全保障関税が好きで、彼らはまだいくつかの国で232について話している。
47:40
を、友人や同盟国と和解し、タイヤを交渉しようとするとき、私たちは
47:48
には戻れないし、空っぽのタイヤのレート枠がある。
47:53
自由貿易を実践し、サプライチェーンの回復力を高めるために、私は常に
47:58
ホワイトハウスのサプライチェーンの回復力に関する報告書を見てもらえば、それがよくわかると思います。
48:04
について話すのが好きだという意味で、拘束力のあるアプローチには本質的な矛盾がある。
48:11
信頼できるサプライチェーンについて話すのは好きだが、生産はすべてここで行いたいのだ。
48:17
オンショアリングのことであり、メイド・イン・アメリカのためのオフィスのことである。
48:24
アメリカ製品を買うための条件を厳しくすることです。
48:32
貿易を、私たちに利益をもたらし、相手にも利益をもたらす双方向の道として考える必要があるのです。
48:38
その瞬間はまだ来ていないと思います。
48:44
このタイヤは私たちを成長させてはいないのだということに、私たちがいずれ気づくことを期待しています。
48:49
を完全に修復していないことの代償を消費者が支払っていることに気づくことを期待しています。
48:55
盟国との関係を修復し切れていないこと、そして非常に重要なのは、船は私たち抜きで生きているということです。
49:02
中国の産業政策に歯止めをかけることができないでいる。
49:08
だから何かを変えなければならないし、日本がアメリカの親友であることは知っているはずだ。
49:13
Tppに戻るというのが第一選択肢であるべきだが、今のところ、議会やこの国の国内政治は
49:20
を、その大きな一歩を踏み出す準備ができているとはとても思えない。
49:27
を恬撹することができます。
49:33
を達成するために、より現実的なのはデジタル貿易協定か、ある種の足がかりになることだと思います。
49:39
問題は議会ではなく、大統領にあると思うからです。
49:45
ペンシルバニア、オハイオ、ミシガンなどの揺れ動く州では……CPTAPは
49:51
特に予備選挙では、トランプ・マガベースと労働組合ベースの州では、あまりに物議をかもすでしょう。
49:57
の労働組合が大きな影響力を持っており、これらの利益団体や政治団体はいずれも
50:04
tpp オハイオ州東部のある教授は、2016年の選挙期間中に私に、ナフタ(Nafta)とは何か?
50:10
オサマ・ビンラディンよりもナフタが東オハイオで不人気だと言っていました。
50:15
50:15 その通りなので、これは本当に大統領政治の話だと思います。
50:21
ミリアが言ったことはすべて正しくて、国益に適っていると、合衆国大統領が判断した場合
50:26
貿易協定を成立させることが地政学的に優先されると決めたなら、私はその票数は
50:32
そのため、トップがリーダーシップを発揮する必要があり、トランプもビデンも、そのようなことはしません。
50:38
トランプ政権もビデン政権も、それをやりたいと決めたわけではありません。
50:45
イノベーションとテクノロジーのデカップリングは、人権や労働など多くの議題があります。
50:51
大統領が貿易協定や経済規則制定を見直すことを可能にする人権や労働基準など、多くの議題がある。
50:57
しかし、それはトランプ大統領もビデン大統領もやりたがらなかったことですが、私たちは莫大な費用を支払っています。
51:03
51:03 その代償として、私たちは様々な方法で大きな代償を払っているのです。
51:09
に関するもので、誰からのものか分かりませんが、中国のアプリケーションをどう思いますか?
51:14
への申請は真剣に検討されると思いますか?
51:21
日本では、通商産業省との間で、本来なら日本がこのような事態になることを望んでいるのではないかという議論があります。
51:28
中国に関与してほしいと思っているが、外務省や日本政府の他の部分はもっと
51:34
しかし、外務省や日本政府の他の部分は、より躊躇しているのです。
51:41
を、すぐに否定することはできないでしょうし、私はそう考えています。
51:46
日本や他の11のCTP加盟国は、大きな役割を担っていると思います。
51:53
中国の申請をどう扱うかは、まさに以下の点に集約されると思います。
51:59
今後10年間の中国の意図を読み解くことになる。
52:06
これは、中国が改革を望み、加盟を望んだWTOと同じようなものなのだろうか。
52:12
それとも、これは中国がIPPの一部となり、テントの中に入ろうとしているのでしょうか。
52:20
産業政策を放棄し、デジタル保護主義を放棄して、その代償を払うことなく、経団連に加盟しようとしているのか。
52:27
一旦そこに入ったら、機密性の高い戦略的部門に手を出さないように標準を水増しして、それから
52:32
を持つことで、誰が参加できるかという協定の将来的な進化について発言力を持つことができる。
52:40
52:40 中国からの策略 私の感覚では、この地域は分裂していて、いくつかの国々は
52:45
シンガポールやマレーシアのような国々は、中国を事実上問題視している。
52:50
中国がRCIPで与えたものからさらに譲歩できるかどうか試したほうがいいかもしれない。
52:57
貿易協定とはそういうものであり、オーストラリアや日本のようにもっと慎重な人たちはそれを理解している
53:04
の基準を緩和すると、RCPに近いものができてしまう。
53:10
なぜなら、すでにrsepがあり、pptppは別のものを意味し、この害は
53:17
明らかに良い目で見ていないであろうアメリカとの関係にも悪影響を及ぼしかねないし、その考え方は
53:24
中国がこのテントの中に入ってきて、支配的な役者になるという考えもある。
53:29
この地域と経済基準に対して非常に異なるビジョンを持っている国ですが、日本でさえも、そして私が思うに
53:37
日本でさえも、私はここにその意図があると思います。
53:42
堤防の虎に指をくわえて見ているようなものです。
53:49
53:49 アメリカがこの地域に戻ってくることを望んでいるからだ。
53:54
南朝鮮は今、非常に真剣に……イギリスへの加盟を考えている。
54:00
これは非常にポジティブなことだと思います。
54:07
国や加盟国はすぐに決断を下すわけではなく、時間がかかると思います。
54:12
をするわけではなく、そのプロセスには様々な段階があります。
54:17
中国を最終的に取り込むことになるとは限らないが、やはり多くのことが危機に瀕している。
54:23
の未来、中国が経済統合の中心であり続けることができるかどうかがかかっている。
54:28
54:28 産業政策の手段を放棄することなく、中国が経済統合の中心であり続けることができるか、そしてアメリカはこれまで以上に疎外されているように見えるかもしれない。
54:35
というのも、先ほどマイクが提起したことで、あなたの本の中では
54:42
ロシアと南朝鮮では安倍首相は成功しなかったと指摘しています。
54:48
を楽観視しているのでしょうか?
54:54
また、最近の北朝鮮の挑発行為が日本の南朝鮮関係にどのような影響を与えるとお考えでしょうか。
55:01
そして、アメリカは日本と南朝鮮がもっと協力し合って、より良い関係を築きたいと考えていることを付け加えておきます。
55:07
中国に対抗するためにもっと多くの同盟国が一緒に働くことを望んでいます。
55:12
もっと深刻なのは、日本と韓国が和解し、実際に行動する時期が来ていることだ。
55:20
しかし、私は、日本が前進するための帆にいくつかの重要な風が吹いていると思います。
55:27
を弖紗することができます。
55:33
制裁と抑止力に関する三国間の調整がもっと進むと思います。
55:38
イウェン次期大統領が地域環境を形成するという考えを受け入れていることは
55:45
前政権は戦略的曖昧さ(strategic ambiguity)と呼ばれる政策を持っていました。
55:51
中国を怒らせたくなかったのだ。もちろん、北朝鮮との外交に必要だと考えていたのだが、そこからは何も生まれなかった。
55:57
地政学的な背景が日本と韓国をより働きやすくしている。
56:03
そしてあなたとズールーの動きは前向きである。
56:08
パキスタンの外務大臣が、2015年の慰安婦合意は日本にとって重要であると述べた。
56:14
ここにとどまり、月政府が行ったような再交渉をしようとする気配はない。
56:20
日本や韓国がすでに結んでいる協定を再交渉しようとする気配はないが、彼らが踏む可能性のある地雷もいくつかあり、私の航海と
56:26
その1つは、韓国の裁判所は日本企業を所有していることである。
56:33
この強制労働の事件で得た資産を、今から夏までの間にいつでも原告に分配することができる。
56:41
この関係全体が吹き飛んでしまうのではないか。
56:46
に基本的に同意しているからである。
56:51
日本政府は多くの政策で日本政府に同意しているので、日本政府は大きな妥協をして、より簡単に
56:57
しかし東京では、ボールは韓国が握っているというのが大方の見方である。
57:03
を覆したのは韓国側だったということだ。
57:08
合意したのだから、まだ意思の疎通を図る必要があるのだが、これは
57:13
三国間関係を強化する絶好の機会である。
57:18
韓国とオーストラリア、韓国とヨーロッパというように。
57:25
韓国は重要なプレーヤーであり、ムンムン政権のもとでは、このような競争には手を出さないようにしてきた。
57:32
しかし、それは自動的に起こることではなく、東京は何らかの策略と外交的な柔軟性を持たなければならない。
57:40
日本はこの8、10年そうしてこなかったが、しかし
57:46
おそらく今が本当のチャンスなのだろう。残念ながらもう時間がないので、みんなに言いたい。
57:53
220ページなので、2~3日で読めますよ。
58:00
そして索引があるので、もしあなたがWashington Readを読んでいて、自分が引用されているかどうかを確認したいのであれば、それもチェックすることができます。
58:06
購入された方は……お二人にありがとうと言いたいです……直接お会いできてよかったです……いい読み物でしたよ
58:12
ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます
<引用終り>_______________
長々とお読み頂きありがとうございました。

結局、GHQによる日本統治以後に
戦時中の「阿片人脈」マフィアを
日本の直接統治に利用して、
現在に至るわけで、
現在、調子が悪くなっている
バイデン・ネオコン・グローバリストの
CSISは、阿片人脈の子孫である
安倍晋三氏を再活用したいのでしょう。

つまり、憲法を変える、変えないは
どうでもよく、日本の軍隊をもたせて
ネオコン軍産複合体の一翼を
担いたいのでしょうか。。。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました