最終回(3回め):イーロン氏が巨額の資金で買収をかけても、テコでも売らないTwitter社のビジネスモデルとは?・・・「ジャックの魔法のコーヒーショップ」?

EriAndQmapJapan


こんにちは、\イッカクです/

「二の腕太し」氏による、
Twitter社の買収劇ですが
Twitter社は、
NSAと密接な情報提供機関
のような働きが、前回で、わかりました。
それは、お金をいくら積んでも
国家機関同然なので、買えない!

今回は最終回の3回めの記事になります。

ソース:https://theconservativetreehouse.com/
blog/2022/04/17/jacks-magic-coffee-shop/

<引用開始>_______________

情報部門の影響力は、
今や私たちの生活、
個人生活にまで及んでいる。
9/11/01以前の数十年間、
情報部門は政府と交わり、
政府に影響を与え、
間違いなく多くの組織を
一緒に支配していた。
立法府の監視機能は弱く、
ますます弱くなっていたが、
それでも存在し、
情報機関を抑制するために
利用することは可能だった。
しかし、9・11・01の事件の後、
近視眼的な立法の反応によって、
監視国家が武器化することを
許す扉を開いてしまったのです。

愛国者法が施行された後、
偶然にも9.11のわずか6週間後に、
ゆっくりとした危険な導火線に火がつき、
情報機関に膨大な権力が
付与されるに至ったのである。
強大な権力は、
マキャベリストのネットワークが
その権力を掌握し、
自分たちの悪意のある利益のために
道具を武器化する
プロセスを開始したときに、
常に何が起こるかということだ。
バラク・オバマの就任はまさにそれであった。

オバマのネットワークは、
我々が決して作ることを
許してはならない、
あらかじめ組み立てられた
情報兵器を手に入れ、
それらの兵器を彼の過激で
根本的な変化のための道具に
変えてしまった。
ターゲットは、
私たちの国の本質的な構造であった。
最終的に、
この腐敗した政治プロセスは、
政府の第四部門である
情報部門を創設するための権力を与えた。
その観点からは、
根本的な変革は成功したと言える。

…It’s all Connected Folks, こちらをご覧ください
[…]


“このビジョンは、約3年前に
国家情報長官ジェームズ・クラッパーと
IC最高情報責任者
アル・タラシュークが唱えた
情報コミュニティ情報技術企業計画で
初めて概説されました。”

“クラウド契約の重要性を
過小評価することは困難である。
最近の公の場で、
CIAの最高情報責任者
ダグラス・ウルフは、
技術の領域をはるかに超えた影響を持つ
「最近の歴史の中で最も
重要な技術調達の1つ」と呼んだ。”
(続きを読む)

ひとつの仕事として…。
“既存のシステムを利用し、
政府の武器が政治的連続体の片方だけを
ターゲットにするように作り変える。”

カテゴリー:
Big Government,
Big Stupid Government,
Big Tech,
CIA,
Decepticons,
Deep State,
Election 2022,
Fourth Branch of Govt,
media bias,
Notorious Liars,
Professional Idiots,
propaganda,
Spygate,
Spying,
Uncategorized

<引用終り>_______________
■編集後記
絶対に、イーロン氏には売れない・・・


今度は、システムそっくりそのまま
ホワイトハットのコントロール下に
置くような、動きになってくれば
ネオコン・偽ユダヤ・Mafiaの政権は
終焉となっていく。。。

最後の最後に、グアンタナモで
アメリカばかりでなく
世界中の残党悪党どもを
処刑して頂きたいです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました