【chargepureさまより】:【イルミナティ大バビロンの崩壊が迫るようです!】・・・イルミナティ滅亡へのカウントダウン ~大バビロンの正体~ 2022-03-15

chargepure


こんにちは、\イッカクです/

以下は、Rapt氏を信じる方の
記事です。
2023年までには、イルミナティが
この地上から滅びる情報が
ありました。
この情報は、「保留」とし
以下置きます。
ソース:https://chargepure.com/?p=17118
<引用開始>_______________

■イルミナティ滅亡へのカウントダウン

■お祈りについての基本的なお話

■善良な人たちの祈りが何よりも必要

<引用終り>_______________
■編集後記
Rapt氏がブログで述べていました。
悪が滅びるように祈った件。
記事の日付を見ますと、2015年頃から本格的に
「悪魔消滅」を祈っていたように
思います。
<引用開始>_______________
とにかく、我々はこれ以上、「出雲族」にしろ
「大和族」にしろ「教皇派」にしろ、
彼らの崇める神々(実は悪魔)の
犠牲になってはなりません。

自分が犠牲になることも、
また他の人たちを犠牲にすることも、
絶対的に阻止しなければなりません。

そう思って、私自身、
この1ヶ月間は
この世の悪がすべて
滅びるように全力で祈ってきました。

その祈りの効果が
どれほどあったかは分かりませんが、
一応、「憲法改正」にしろ
「普天間基地移転」にしろ
「安保法案」にしろ、
何もかもがゴタゴタして、
うまく話が進んでいないのを
見ていると、
少しは祈りの効果も
あったかなという気がします。

ちょっと前までは「教皇派」の
勢いが弱まり、「天皇派」の勢いが
一気に強まってきた感じでしたが、
ここ最近は「大和族」と
「出雲族」の争いが激しくなり、
かつ「教皇派」も負けじと
「天皇派」に抵抗している
感じなので
、本当に彼らどうしで共食いし、
共倒れしてしまいそうな勢いです。

もちろん、
彼らみんなが全て滅亡するには
まだまだ時間がかかるでしょうが、
少なくとも、
今の状態のままでは、
彼らの思惑は何一つとして
成し遂げられないのでは
ないかという気がします。

とはいえ、
私はこれからも決して楽観視することなく、
気を引き締めて
彼らの滅亡を祈りつづけるつもりです。

これ以上、
この世の善良な人々が悪人たちから
害を受けないためにも、
この世の悪人を一人残らず、
根こそぎ抜き取っていかなければなりません。

私はこのような思想の持ち主です。
だからこそ、
このように命がけでこの世の悪の
カラクリを暴き、
それをブログに書いているのです。

私が聖書に親しんでいるからといって、
マザー・テレサのような
丸くておとなしい人間だと
思ったら大間違いです。
実際、そう考えている人もいるようですが、
そもそも、クリスチャンに
対するそのようなイメージも、
全ては悪魔どもが
ねつ造した嘘のイメージに過ぎません。

はっきり言って、
イエス・キリストは
神殿で商売をしていた人たちの
商売道具を片っ端から叩き壊して
いったような人物です。
キリストは悪人たちの悪には
決して容赦はしませんでした。

そして、私もそのような
イエス・キリストに憧れています。
私も彼のように悪を容赦することのない
人間になりたいと願っています。

もっとも、
私は純粋な人には
とことん純粋な気持ちでお付き合いしています。
私が厳しい態度を見せるのは、
あくまで悪人に対してのみです。
誰にでも厳しい態度を
とるわけではありません。
その点だけは誤解しないようお願いします。

しかし、悪人に対しては
常に厳しい態度で臨みます。
悪いですが、決して容赦はしません。

ご賛同くださる方は、
ぜひとも私と一緒に
この世の悪がすべて滅びるように
お祈りしてください。

と同時に、
ぜひとも私のためにも
お祈りしてください。

私がこれからも
悪人から害を受けることなく、
この私の理論を
この世に広く普及して
いけるようお祈りしてください。

私も皆さんの祝福を全力でお祈りしています。

ということで、
今日は久しぶりに
箸休めさせていただきました。

まだ体調が万全ではないので、
いつまた更新が途切れるか
分かりませんが、
なるべくそんなことが
起きないようにも
お祈りしてください。

よろしくお願いいたします。

<引用終り>_______________
ということで、Rapt氏の姿勢には大賛成です。
和多志も今夜から、
お祈りの項目を順を追って
行いたいと思います。

ところで、マザーテレサですが、、、
あまりにも外観で、
彼女を見て 「立派なお方だった!」と
今でも思ったら、とんでもないお方でしたね!

■ファウチはマザーテレサの息子:
ファウチとバチカンとエプスタインの点と線

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました