【佐藤敏夫先生】神の数学の紹介

神の数学


こんにちは、\イッカクです/

以下は、神の数学の創始者
意識数学者として
長年探査研究に携わってきた
孤高の学者:
佐藤敏夫先生の記事を
引用しています。

先生のホームページより
<引用開始>_______________
・・・
講座主幹
佐藤 敏夫
最終更新日:2019.12.24

プロフィール
現在、最大の焦点を浴びている
意識数学者として
長年探査研究に携わってきた
孤高の学者である。
1936年生まれ
『神の数学』とは宇宙意識()の手になるもので、
そこにある内容は「超科学」にあらずして、
『超々科学』であり、同じくして『超々哲学』、
『超々神道』等の未だ現代人の触れていない
『至高の叡知』の数々である。
それらはすべて『日本古神道』から
見出された由緒正しいものであり、
現代西洋科学概念を根本から
変えるものである。
その正体とは一体なんであろうか、
その概要を知り、
更なる真実を求めたい方は
是非ここにある「証言例」を開き、
記されている文言をつぶさに検証し、
その真実を確めていただきたい。
そこにあるのはすべて人知未踏の
『神の知』であり、
数字で示されている大変やさしい
『知の発露』である。
現代西洋科学文明の現状、
行く末に首を傾げ、
,案じている方々はここにあるペ-ジを開き、
その『超知』を検証して戴きたい。
連絡先 ⇒ FAX 0558-76-4334

【現在のHP】
「神の数学令和編」ホームページは
2020年1月公開予定
                                         http://www.izukky.com/kamisuu2/index.html

【こちらが以前のHPメニュー】

神の数学ホームページメニュー 
ホーム超々科学超々数学超々哲学 
超々神道ちょっと号外ちょっと号外2神の数学 旧証言部
               「神の数学」 本編 サイトマップ
1.序説2.『9の秘密』3.『中心の秘密』4.『言霊の秘儀』
.真理の歌1~66.真理の歌7~127.古代日本の真実8.数が語る真実証明
9.数のささやき(1)10.数のささやき(2)11.神の法陣(1)12.神の法陣(2)
13.神の法陣(3)14.神の法陣(4)15.神の法陣(5)

<引用終り>_______________
■編集後記
佐藤俊夫先生の
動画は、こちら

■神の数学 番外編②「神の啓示で塩造り」

■ 「さとう先生☆閃きグッズ」

■ 神の数学 番外編 佐藤先生のおもしろすぎる♡体験談

■ ~神の数学 その2~「カムナガラの道」

■~神の数学 その1~「自動書記?」

■ 神の数学「さとう としおさん」My story〜♪

■編集後記
9進法は、、、 例の1947年7月で起った
ニューメキシコ州ロズウェルの近くの農場に
UFOが墜落したことで、 大騒ぎになり、
アメ政府が回収したUFO に
死んだ何人かの乗組員の他に、
1人だけ無傷の宇宙人がおり、
米軍に保護されていたのが、
マチルダ・オードネルの体験した
『エイリアンインタビュー』という
ローレンス・R・スペンサーが著した
書籍になってるのですが、
その回収したUFO内部の
計器類を 関係者がみると、
なんと「9進法」による
科学が基礎になっているようだった
との 話もありました。
今回、紹介の記事に、
そのエッセンスが
あるようでなりませんし、
そして、日本古来の神道とも
つながるようです。
そこで、出てくるのが
惟神の道(かんながらのみち)と
いうものですが、
この意味は、
「自然の法則に則って生きる」 と
いうことらしい。
惟という字の意味は
「1つの事に心を繋ぎ止めて思う」
ということで、
惟神とは
「神の事に心をつなぎとめて、
よく考える」 みたいな
感じになってるようです。
和多志は、この漢字に
なんとなく 現在の「神道」を利用した
お布施のアクを感じます。
アク抜きした神道が、
それこそ カンナがらでは、
ないのか?
言霊的に思うと
・・・ カンナがら→カムナカラでは無いかと
勝手に思ってます。
カム(潜象界)からナ(成)った
ものへの カラ(どこカラ来たのかの道筋)を
よく考えて生きること。
という意味で捉えています。
ちなみに、
この「カラ」とは
カムナカラを
忠実に生きていた人々は
「カラ族」と呼ばれていたのでは
ないかと思います。

参考:抹殺された祖先”カラ族”の歴史

「かむなからのみちをゆかん」という
意識が重要ですね。

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました