【ライフコーチかめちゃん チャンネルさまより】「世界線」って何ですか?

かめちゃんのセカウラ希望塾


こんにちは、\イッカクです/

今回は、「世界線」に関して
以下置きます。

■「世界線」って何ですか?【4月1日金長野お話会その1】

■編集後記
今回は、和多志自身も「叱咤」されたようで
清々しく思います。
自らが発する言葉には、言霊と言われる
その想念が込められており、
ついつい、ブログ上で、
「憎きハザール・マフィア」とか
書き連ねてしまいます。。。
それだと、怨念が発生する世界線を
創造してしまっていたんだなと!
それは、分かっていることなんだけど
(ハザールマフィアは、悪魔な存在である)
あえて、大衆に怨念を抱かせたりその想念を
増長すること自体は、
健康であるはずの地球波動環境的に
それこそ良くないことであり
そのような「憎悪の想念」は
アウトプットしては、宇宙の法則に反する
という自覚が足りませんでした。
やはり、、
自らが発する最初のエネルギーは
「慈愛」がこもるものでなければならないと
感じました。

極端に言えば
「慈愛がこもる生活」だけで良いんです!

何も、神の言葉やシルシや聖書内容を知らしめる
など、牧師や神父には悪いんですが、
そのように大衆にアピールする必要も無く
儀式も必要なく、慈愛に満ちた存在が
近くで生活しているだけで、ありがたく感じ
大衆が、喜びと愛を感じることが
戦後の歴史では、証明されているのです。

それが、、

■慈愛を選択した、世界線の事例:蟻の街のマリア

■1_蟻の街の誕生

■2_蟻の街へ

■3_お嬢さんがバタ籠担いで

■4_辛い選択

ソース:https://tokyobojo.exblog.jp/22742117/ <引用開始>_______________ 極貧に捧げた 28歳の青春
 慈愛に満ちた笑みをたたえ、貧しい子供たちと手をつなぐ若き女性。まるで映画「二十四の瞳」(壺井栄原作)の高峰秀子演ずる大石先生と教え子のように心温まる風景ではないか。

 彼女の名前は北原怜子(さとこ)。いつ誰が名付けたか「蟻の町のマリア」という。戦後の貧しい時代に純粋な奉仕愛に身をささげ、わずか二十八歳の短い生涯を閉じた“焼け跡の天使”である。

 

蟻の町のマリア_f0356843_17155067.jpg

 戦後まもない昭和二十五(1950)年一月、浅草言問橋わきの隅田公園に、戦争被災者や引き揚げ者が集まり住む「蟻の町」が生まれた。廃品を集めて売買する回収業の共同体で、結成したのは「蟻の会」初代会長の小澤求と執筆業松居桃樓である。松居は後に「蟻の町のマリア」という本を出版し町を一躍有名にした男だ。

 そのころ蟻の町を支援していたゼノ修道士の元を一人の若い女性が訪れた。それが当時二十歳の北原怜子だった。裕福な大学教授の娘に産まれ、キリスト教の洗礼を受けた怜子は修道士を通して蟻の町に出会い、住人の貧しい暮らしに衝撃を受ける。そして、ここに身を埋めて奉仕に生きる決心をするのだ。

 蟻の町が当時、もっとも心配したのは強制立ち退きだった。戦後の混乱期に都の土地を占拠していたからだ。それを防ぐため松居は孤児救済者として有名なゼノ修道士と清楚な怜子の協力を仰ぐことになる。この年の暮れ、二人の協力でクリスマスが盛大に行われ、翌年夏にはバラックながら聖堂が建てられ、屋根に手作りの木の十字架が高く掲げられたのである。聖堂を無慈悲に壊すすことはないだろう。強制撤去を逃れるため考えた窮余の一策だった。

 昭和二十七年十一月、怜子は正式に蟻の町に移住する。「貧しい人を救いたい」という願いは豊かな人の思い上がりだと住人に責められ、回収業者になってともに暮らそうと決心したのだ。はじめは「教授の娘の道楽」と冷たい目で見る人もいたが、怜子は暗い三畳間に住んで子供たちに歌や勉強を教え、リヤカーを引き、かごを背負って廃品回収に出た。子供の破れ服を繕い、お金がたまると子供を連れて箱根へ旅したこともある。

 新聞はいつしか怜子を「蟻の町のマリア」と書くようになる。純粋で打算のない献身的な愛はまさに、極貧の町を照らす太陽だったからだ。

 だが貧しい暮らしと無理な生活がたたり怜子はやがて胸の病におかされ、床につくようになっていく。町には満足な栄養も薬もない。「せめて自宅へ帰ってゆっくり治療を」と周囲も心配し進めたが彼女は町を離れようとはしなかった。そこが彼女の生きるすべてだったからだ。やがて衰弱が進み子供への奉仕も、ともに遊ぶこともできなくなった彼女は気力さえも失っていく。そんな彼女を会長は枕元で励まし続けた。「マリアはみんなのそばにいるだけでいいんだ。なにも心配するな」と。

 昭和三十三年一月、東京都の申し出で、蟻の町は現在の江東区潮見への移転が決まった。その交渉の朝、会長が部屋をのぞくと、彼女は密やかな微笑を浮かべて見返した。まなざしに万感の思いを込めて。「彼女は布団からロザリオを握った細い腕を出してゆっくり振ってみせ、十字架を口に近づけて接吻した。彼女はもうほとんど口をきくこともできなかった」(松居桃樓「蟻の町のマリア」)。

 その三日後の一月二十三日朝、怜子は新しい蟻の町を見ることもなく、二十八歳の短い生涯を終えた。「今日までずいぶん長かった」というのが最期の言葉だったという。それは蟻の町での奉仕の日々がいかに充実していたかを物語っていよう。

 葬儀は蟻の町で、多くの住人や信徒が参列して営まれた。蟻の会と歌で結ばれていた若き日の森繁久彌さんが後日墓前で「生きているマリア」を子供たちと絶唱。東京新聞はその姿を写真入りで伝えた。

蟻の町のマリア_f0356843_17402506.jpg

 江東区潮見に移ってまもなく五十年。汐見教会はマリアの心を今も受け継ぐカトリックの教会である。広漠たる風景だった一帯はビルが建ち並び当時の面影はない。神学校生のころ蟻の町で廃品回収の体験をした大原猛神父(66)は「北原さんの死は高校生のころ聴いて衝撃を受けたのを覚えています」と語る。

 「貧しい人たちとの多くの出会いによって彼女は上から見下ろすまなざしや自分本位の考え方から浄化され、人間の真の解放へ向かったのではないか。その過程で深い愛情を身につけたのだと私は思いますね」

 マリアの慈愛がこもるバラック屋根の木の十字架は風化の跡を刻んだまま今も潮見教会聖堂に飾られ、訪れる多くの信徒たちを温かく見守っている。(年齢などは連載当時のものです)

蟻の町のマリア_f0356843_17201526.jpg

<引用終り>_______________ 北原怜子(さとこ)さんの人生の選択による 世界線は、人々に愛と感動を与えました。 何故ならば、彼女の選択肢は「慈愛」を厳しく 選択してきたから、そのような結果を もたらしたのでしょう。 偉人とか言いようがありません。 戦後に、このようなお方がいらしたことは 派手なメディアのプロパガンダで かき消されていますが 日本中に、このような意識の高いお方が きっと、おられるのでしょう。 そうでなければ、日本は、無くなって いたかもしれません。 では、また。


スポンサーリンク
アリの町のマリア―愛の使者北原怜子

コメント

タイトルとURLをコピーしました