【富山市埋蔵文化財センターさまより】シリーズ縄文講座のご紹介・・・和多志は、この記事で発見しました!・・・リンク先の記事に「縄文」と有ったリンクはすべて、監視されています!・・・

縄文人


こんにちは、\イッカクです/

今回は、
【富山市埋蔵文化財センターより】
「シリーズ縄文講座」のご紹介です。

リンク↓

では、また。

■編集後記
今回、情報統制というか、大衆向けに
情報を拡散しようとリンク参照して記事に
掲載しただけで、下記のエラーとなりました。501エラー
どうやら、この記事を管理するサーバーの
状況設定を変えてみても直りません!
これは、おかしいと思い、調査の結果、
和多志が、掲載したこの記事の中に
直リンク先に「縄文」というキーワードが入っている
場合は、自動で、上記の501のエラーとなるように
仕組まれているとしか言えないように
なっています。

その証拠に、下記の講座内容を引用させていただき
例を示すと、和多志が、以下にコピーペーストして
そのままこの記事を保管しようとすると
501のエラーとなりますが、、、

なんと、不思議にも
「縄文」を◯◯とすべて
置き換えると、正常に保管されます。
なぜでしょう?

<引用開始>_______________

シリーズ◯◯講座(1)
◯◯人のファッション
【衣服】
 
◯◯時代の人たちは、どんな衣服を身にまとっていたのでしょうか。

◯◯時代の衣服そのものは普通は腐ってしまうので遺跡から見つかることはまずありません。しかしそれを考えるヒントとなるものは多く見つかっています。
 
北海道斜里町の朱円遺跡(◯◯時代後期末)では火葬された人骨に付着した布が見つかっており、布の衣服を身につけていたことは間違いありません。
「えっ!◯◯時代に布なんかあったの?」と思われる方もいるかもしれませんが、この他にも漆を絞るのに使ったため、腐らずに残った布が何点か出土しています。それらはすだれを作る要領で編んでおり、「編布(アンギン)」と呼ばれています。素材はアカソやカラムシなどの植物の繊維を取り出し撚りをかけた糸です。今まで見つかった最も細かい編布は1cmあたり経糸たていとが7本、緯糸よこいとが10本となかなか目が細かいものです。
また骨で作った縫い針も見つかっています。これらの素材や道具を使って◯◯人たちは袖のある上着やズボンなどを作ることができたと考えられます。

土偶にも衣服のヒントが隠されています。土偶は女性をかたどった土製の人形で、子孫繁栄や、豊穣ほうじょうを願うために使われたと考えられています。裸姿のものもありますが、衣服を表現したらしい文様が見られるものも多くあります。胸から腹にかけてY字状の線が刻まれたものは、前で掛け合わせたり、縫い合わせたりした衣服のようにみえます。また、パンツやズボンをはいた土偶も見られます。

衣服には自然の染料を使って、土偶や◯◯土器と同じような模様をつけていたことは十分に考えられます。冬には毛皮や、魚皮で作った防寒着・長靴などを装着して寒さをしのいだことでしょう。

 
復元した縄文の服上着にズボンの姿(?)の土偶
復元した◯◯の服上着にズボンの姿(?)の土偶
北代◯◯広場で着ることができます【青森県亀ヶ岡遺跡出土・◯◯晩期】

<引用終り>_______________
これは、縄文の意識を日本人に
これ以上、拡散させまいとする
意図的な仕様なのかもしれません。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました