無題の5番目のインディジョーンズ映画・・・ジョージ・ルーカスは、ハリソン・フォードの年齢が 次の作品を作る際の問題にはならないと述べ、 「彼が老人であるようなことはないんだ。 彼は信じられないほど機敏で、 20年前よりもさらに 良くなっているように見える」 と語った。

日記


こんにちは、\イッカクです/

今回は、5番目のインディジョーンズ映画について以下置きます。

■ ハリソン・フォードが最新作『野性の呼び声』の ワールドプレミアでIGNのインタビューに応え、 今年撮影が開始される 「インディ・ジョーンズ」第5弾について語った。

「彼の過去の一部が解決へ?」
それは、何であろう?
2008年の『クリスタル・スカルの王国』
の続編となるとのことで、
それを観ていないと
分からないようですね。
まさに、ファン待望の5作目でしょうか。

以下に、Wikipediaから
<引用開始>_______________
タイトル未定のインディ・ジョーンズ第5作は、
ジェームズ・マンゴールドが監督し、
マンゴールド、ジェズ・バターワース、
ジョン・ヘンリー・バターワースが共同で
脚本を手がける予定のアメリカの
アクション・アドベンチャー映画である。
本作は、映画『インディ・ジョーンズ』シリーズの
第5弾であり、2008年の『クリスタル・スカルの王国』
の続編となる。
スティーブン・スピルバーグが監督、
ジョージ・ルーカスが脚本を担当しない
最初の作品であり、スピルバーグが代わりに
プロデューサーを務めている。
主演のハリソン・フォードが
インディ・ジョーンズ役を再び演じ、
フィービー・ウォーラー=ブリッジ、
マッズ・ミケルセン、
トーマス・クレッチマン、
ボイド・ホルブルック、
シャウネット・レネ・ウィルソン、
トビー・ジョーンズ、
アントニオ・バンデラス
といった新キャストが出演しています。
2012年にルーカスフィルムが
ディズニーに買収されて以来、
ウォルト・ディズニー・
スタジオ・モーション・
ピクチャーズが
配給する初のシリーズ作品です。
また、ルーカスフィルムにとって、
買収後、スター・ウォーズ・
フランチャイズ以外の
実写映画全体では初めての作品となる。

ルーカスは2008年に
プロットの候補を研究し始めましたが、
プロジェクトは何年も停滞していました。
2012年にプロデューサーの
キャスリーン・ケネディが
ルーカスフィルムの社長に就任すると、
彼はこの企画を引き継ぎました。
『スター・ウォーズ』続編の3部作に
取り組む間、
5作目の進捗は休止したままだった。
結局、2016年に第5作の脚本家として
デヴィッド・ケップが採用され、
公開日は2019年に設定されたが、
脚本の書き換えにより
何度か延期された。
2018年にケップの後任として
Jonathan Kasdanが雇われ、
Koeppは2019年に再び脚本に
取り組んでいたが、
最終的にプロジェクトを
離れることになった。
スピルバーグが監督を
務める予定だったが、
2020年に降板し、
マンゴールドがその座に就いた。
撮影は2021年6月に開始され、
2022年2月に終了した。
撮影場所は、
イギリス全土のイングランドと
スコットランド、
そしてイタリアとモロッコ。

製作の挫折と
COVID-19の大流行による
数回の延期を経て、
2023年6月30日に公開予定。

・・・
【以下、キャストと制作過程内容です】

キャスト
ハリソン・フォード
(インディ・ジョーンズ役)。
アメリカの考古学者で冒険家。
さらに、
フィービー・ウォーラー
=ブリッジ、マッズ・ミケルセン、
トーマス・クレッチマン、
ボイド・ホルブルック、
ショーネット・レネ・ウィルソン、
トビー・ジョーンズ、
アントニオ・バンデラス、
オリヴィエ・リクターズが
未発表の役で配役されています。

制作
開発状況
2008年4月、フォードは、
1ヵ月後に公開された
『インディ・ジョーンズと
クリスタルスカルの王国』の
長い開発に言及し、
開発にあと20年かからなければ
5作目に戻ってくると述べた。
この映画では、
シャイア・ラブーフ演じる
マット・ウィリアムズと
いう
キャラクターを登場させた。
プロデューサーのジョージ・ルーカスは、
ウィリアムズを
5作目の主人公にする
アイデアを提案したが、
後にこれを断念した。
ルーカスは、フォードの年齢が
次の作品を作る際の問題にはならないと述べ、
「彼が老人であるようなことはないんだ。
彼は信じられないほど機敏で、
20年前よりもさらに
良くなっているように見える」
と語った。

ルーカスは2008年に
別の映画のプロットの候補を研究し始め、
スティーブン・スピルバーグが
前作と同様に監督することに
前向きであると述べた。
各作品のプロセスについて、フォードは
「我々はいくつかの基本合意をして、
それからジョージが長い間離れて作業している」
と述べた。
そして、スティーブンと私はそれを何らかの形、
つまり胎動する形で手に入れる。
前作とフランチャイズの将来について、
ルーカスは
「私たちはまだ、
進みたい方向についての問題を抱えている」
と語っている。
私は未来にいる、スティーブンは過去にいる。
彼は昔のように引き戻そうとし、
私は全く違うところに持っていこうとしている。
だから、まだ我々は一種の緊張を持っている」。
2008年の後半、フォードはルーカスの第5作の
コンセプトは
「クレイジーだが素晴らしい」と述べた。
2010年11月、フォードはルーカスがまだこの
プロジェクトに取り組んでいると述べた。
2012年7月、製作者のフランク・マーシャルは
このプロジェクトには作家がいないと述べ、
その進捗について
「確実に起こっていないのか分からないが、
稼働していないんだ」と語った。

2012年10月、
ウォルト・ディズニー・カンパニーが
ルーカスフィルムを買収し、
親会社にインディ・ジョーンズの知的財産の所有権を与えた。
2013年12月、
ウォルト・ディズニー・スタジオは
パラマウント映画から
将来のインディ・ジョーンズ映画の配給と
マーケティングの権利を購入した。
2012年の売却で、ルーカスはルーカスフィルムの
新しい社長キャサリーン・ケネディに
インディ・ジョーンズ5を譲った。
ルーカスフィルムはインディ・ジョーンズの5作目に
取り組む前にスター・ウォーズの
フランチャイズに集中することを計画していた
2015年5月に、
ケネディはルーカスフィルムが最終的に
別のインディ・ジョーンズ映画を作ることを
確認した
ケネディ、スピルバーグとフォードは
2015年末までに
いくつかのストーリーのアイデアを議論しました。

<引用終り>_______________
■編集後記
様々な事情とタイミングのズレなどが有って
やっと5作目にたどり着いたという感じです。
現段階では、ストーリーが
何も明かされていないので、観てのお楽しみ。。
なのでしょうが、
2月に撮影終了ということで、
何らかの「ネタバレ」は無かったのかな?

ということで楽しみに待ちましょう。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました