【世界犯罪シンジケートのHPより】グローバル犯罪シンジケート・・・和多志を含め日本人は西洋のこういった人たちも分からないし、ウラでのつながり情報にも疎いのです!

日記


こんにちは、\イッカクです/



今回は、世界的な表に出ている
演者Playerやその背景とウラつながりに
ついて、健全な市民が知らないと
無駄な時間と無駄なプロレス試合を
観させられることで、有意義な人生時間や
命が狙われる危険性を回避できない
可能性があります、今回、それを防ぐための
情報として、、
世界犯罪シンジケートのHPより
世界プロレスのレスリングのウラで
どのような情報が握られ、
何の力関係で、動かされているのか
すべては、カネ次第ですが、
男や女の野望が渦巻いており
役者(レスラー)は、そのアイテムや
軍資金を掴んで、ゲームをどのような
方向に持っていきたいのかが、分かるような
情報として、役立てていただければ
幸いです。。

では、プーチンなどに絡む情報がありますので
どうぞ・・・
【】内にコメントや情報を付加してます。

■ グローバル犯罪シンジケート

を以下置きます。
自動翻訳ベースで勝手に修正してますので、
意味不明や強引な解釈個所あり。
ご了解くださいませ。

<引用開始>_______________

グローバル犯罪シンジケート

プーチンはウクライナを
征服しようとはしていません。
プーチンは西側を紛争に巻き込んでいる。
ロシアは中国、イラン、インドと
同盟を結んでいます。
ロシアはおそらく
マフィアの利益で1兆以上の外貨を持っています。
ロシアにはまだ80万人の
現役軍隊と200万人の予備軍がいます。
プーチンは、より大きな戦争の場合に備えて、
ロシアでよりよく訓練され、
より良い武装した軍隊を保護しています。

アメリカと西洋の武器によって
殺されている死んだ
若いロシアのドラフトは、
おそらくロシアの人々を怒らせています。

ドナルド・トランプはプーチンと同盟を
組んでおり、
彼の信者は1月6日の
クーデターのために訓練しました。

NATOは、化学兵器の使用を含め、
何があっても戦争から手を引き、
武器と資金でウクライナを
支援する必要がある。
それが最も安全な方法であり、
世界的な核戦争を防ぐ唯一の方法である。

ウクライナには防空システムと
ジェット機が必要で、
自国の飛行禁止区域を
設定できるようにする必要があります。
西側諸国の国内石油生産を増加させる。
ロシア、中東、中国は、
経済戦争の一形態として、
西側諸国に対して石油の価格を操作している。
プーチンを排除し、
すべての核兵器を武装解除し、
非活性化するまで、
ロシアへの制裁を決して
終わらせてはならない。
そうすれば、
他の国も同じようにすることができる。
対空ロケットはヘリコプターを
破壊することはできても、
爆撃機や大砲を破壊することはできない。
ミグはこれらの兵器を破壊することができます。
ミサイル誘導システムも、
爆撃機や大砲を破壊するのに役立ちます。
ウクライナ人は今のところ、
持っているジェット機を温存しているのでしょう。

民間団体と外洋を利用して、
戦闘機を飛び立たせる。
民間の軍隊を使い、
戦闘機をウクライナの安全な空軍基地に
飛ばすために、退役した海軍の空母か、
ポンツーンブリッジの
滑走路のようなものを提供する。
ジェット機はウクライナに入る前に
一度だけ滑走路があればいいのです。
アメリカは最近、
海軍の空母2隻を小銭で売った。
ミグはタラップか、
場合によってはカタパルトを改造して、
空母から離陸することができる。
この方法なら、国は関係ない。
ジェット機がウクライナの領空に入るまでは、
ロシアは行動できないのだ。


ファブリツィオ・マッシモ
=ブランカッチョ王子と
アレッサンドラ・マレスキ
=バッカーニ伯爵夫人
ロマノフとは「ローマの」と訳され、
ロシアとイタリアはともに共産主義的な
マフィア国家である。
ロシアは共産主義政権を再開発し、
暴力、脅迫、賄賂、脅迫、殺人を駆使して
支配する元共産主義マフィアによって
運営される
議会制共和国の体裁を整えたのである。
これはまさにイタリアのことだ。
共産党とファシスト党を
社会民主主義に改組し、
ベルルスコーニのような
マフィアが運営している。
コーザ・ノストラ、
カモッラ、ンドランゲタ
といったさまざまなイタリアのマフィアは、
世界規模で合わせて年間少なくとも5兆円を
稼ぎ出している。
トリッジャーノの王子である
ドン・ファブリツィオマッシモ
・ブランカッチョは、
組織犯罪と過激派を通じて
イタリアとロシアを支配する
最高権力者である。
イエズス会は
イエズス会の還元として知られる
近代共産主義の創始者である。


(トランプとマリオ・ドラギ)

マリオ・ドラギはマッシモのマッシモ学院で
イエズス会の教育を受け、
EU銀行の総裁を10年間務めた後、
イタリアの首相になった。

ドン・ファブリツィオの友人で、
ロシア語を話すイタリア情報部の元部長
ジャンピエロ・マッソロは、


File:Giampiero Massolo.jpg

モスクワの大使館で働いていたが、
ロシア政府と潜水艦の建造を契約している
造船会社フィンカンティエリの代表である

カルロ・マッシモ王子は、
プーチンが親友のモナコ公国の
アルベール2世(マルタ騎士)

アルベール2世

を通じて仕えている
イタリア・マルタ騎士団の団長であり、
マルタ騎士団は、
プーチンがモナコ公国の
アルベール2世(マルタ騎士)を
通じて仕えている。
モンテカルロは
ロシアンマフィアとシチリアンマフィアの
主要な本拠地である。
これはよく知られた話だ。

ドン・ファブリツィオ・マッシモ
・ブランカッチョは、
シチリア島パレルモの
ブランカッチョ地区にある
ヒットマンのマフィア集団グラヴィアーノを通じて、
シチリアマフィアの主要オーナーであり、
ドン・ファブリツィオの親戚で
ローマのマッシモと合併した
ブランカチォ家が支配している。
グラヴィアノスはシチリアではなく
ローマから命令を受けており、
そのことは調査によって証明されている。
ロシアとイタリアの犯罪者は、
ホワイトロック株式市場計画で、
ロシアのマフィアでトランプの仲間である
フェリックス・サーターと一緒に
働くことが知られています。
最近では、ロシア人のニキーチン、
イタリア人のヴィローネと
カパリーニが、電信詐欺と
マネーロンダリングの罪とともに、
米国の対ロシア制裁違反で起訴されました。
ロシアのマフィアは、
コーザ・ノストラが税金の下で
ニューヨークで活動することを
許可しているので、
ニューヨークのルーチェスに
税金を支払っています。
ルーチェ家は、ロシアン・マフィアが
ライバルに脅かされたとき、
保護さえしていた。
マッシモ家はガンビーノの主要な
オーナーであり、
マッシモ家はルッケーゼ貴族と結婚しており、
彼らはロシアンマフィアが活動している
ルッケーゼ犯罪シンジケートのオーナーである。
マッシモ家は、ルッケーゼ家との
結婚を通じて、同じくガンビーノ家と
フィリーマフィアのオーナーである
ガエタニ家と相互に関連している。
ガエタニ家は、
イタリアに定住したロシア系ロマノフ家と
結婚したゲラルデスカ家と結婚している。
マッシモとガエタニは
下ロシアにいた古代マサゲタエの
スキタイ族で、
帝国崩壊後ヨーロッパとローマに侵攻した。
ロフレード・ガエターニ・ダラゴナ
・ロヴァテッリ王子は
イヴァナ・トランプとデートし、
イタリアとロシアのマフィアと
幅広いコネクションを持つ
ドナルド・トランプと友人である。
ファブリツィオ皇太子の妹
バーバラ・マッシモ王女は
スルモナ皇太子ドン・シピオーネ・ボルゲーゼと
結婚し、その家族はカバザ家と結婚し、
プライベートアイランドを受け継いでいる。
ボルゲーゼ家とカヴァッツァ家は、
ロマノフ家と結婚した
ロシアの貴族アネンコヴァ家と
親戚関係にある。
ボルゲス家は聖霊銀行を設立し、
ユニクレディトに吸収され、
マッシモ家の直系である
ガブリエリ家はローマ銀行を設立し、
ユニクレディトに吸収された。
ウニクレディトはモスクワに支店を持っています。
・・・(続く)
<引用終り>_______________
■編集後記
いやいや、読んでるだけで眠くなる。。。
政略結婚の多いこと!
ヨーロッパの貴族たちは、不意衛生で
うんちもドレスの下で垂れ流していた
というから、日本人からしたら
「何気取ってのさ、、臭い仲間同士でさ…」
と言いたくなります。

しかし、表層のトランプさんとは
全然違った、
ウラの交友関係が垣間見えましたネ。
かなり、ヤバそうな
いわゆるマフィア組織と繋がっている
という感じです。
もっぱら、こういった広告塔の役者さんらは
WEF(世界経済フォーラム)
=(世界プロレス団体)
の所属であり、台本に決められた
演技をやっているに過ぎないのです。
さて、世界の近況は、、
茶番パンデミックに始まり、
最近は、ウクライナ危機
そして、現在は、
クラック発生の人工地震直後で
2011年を思い出して
いただきたいのですが、地震直後の
方程式に則って「電力需要の抑制」
「エネルギー消費の抑制」が始まり
当面は、東京電力・東北電力の
電源供給の危機を
演出しています。
今日から、
都内などは、電力需要に供給が追いつかず
いつ、計画停電をされるか分かりません。
これの狙いは、WEFの筋書き通り
「グレートなリセット」をする手筋に入ったことを
示しています。
次の手筋は、おそらく
1.日本全国的な「長期停電」
これだけでも、経済的の大きな大打撃を受けます。
病院関係も含め死者が多数出ることでしょう。
暗く長い憔悴しきった市民が気力を無くします。
このボディブローで、多くの市民は
政府の言いなりになって、何でもする
奴隷の心理状態になる可能性が出てきます。

2.世界的な、貨幣経済の終焉
加えて、経済の基盤である、株式・証券・銀行が
貨幣経済の行き詰まりで、機能しなくなります。
この状況が見え始めた頃、自給自足の
農家や地域が、
唯一の生きる頼みの綱になってきます。
「マネー」でいくら、万札を山積みしても
購入行為はできなくなります。
自給自足の仲間サークルで
循環している地域では
マネーは不要となり、
「互いに必要サービスの能力」
だけが唯一の価値と認められることに
なっていきます。
一方で、それまで高額所得の富裕層は、
土地購入や消費に
行き詰まりを感じ、
各世界の過ごしやすい土地に
移住しますが、
マネーの威力は無くなり
やがて、時間の問題で
衰退していくことでしょう。
それでも、何とかマネーシステムで生き抜くことを
維持したい人たちは、それぞれの所属する
マネーシステムの再構築や仮想通貨などで
経済社会を作ろうとするのですが、結局
その生産性が地球破壊と自分たちの無駄な消費目的
だったことが、ゲーム・オーバーになって行く
ところに落ちていくように思います。

3.世界的経済崩壊で、
救済措置として浮上するのがSDGsかもです。
すべて、彼らの筋書き通りに運びます。
貨幣経済はなくなり、代わりに、
「政府の言うことを利く」
人間だけが価値がある指標付けになり
その指標そのものが
「マネー」の位置づけになります。
すべて、人体の組織(DNAなど)にコードが埋め込まれ
政府の命令に従った人間の人体への記録が
残されます。
本格的な映画1984のように
全体主義・共産主義に
なっていきます。
ここに残された人間だけが、政府の決めた
衣食住に預ることが可能となります。
すべて、人体は、
中央のコンピュータセンターで
監視・監督される状況の「マトリックス世界」の
人間となり、人体組織が、人工細胞やロボット細胞
にいずれ、取って変わっていく時代になります。
(ムーンショット計画)
そのようなシナリオが2040代あたりまで
続くことになりそうです。
さて、そろそろこういったシンリオ通りに
アナタは、身を任せて生きるのか
それとも、自由に、お金は無くとも
仲間を作り、
政府の手先が追ってこないような
僻地で、楽しく暮らしていくのかの
分岐点が、近づいていると
思いませんか?

どちらを選ぶにしても、
中途半端は、出来ないような流れが
環境的につくられつつあると思います。
選択は、あなた次第です!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました