【書籍紹介】「日本」とは何か、「日本人」とは何か

田中英道先生


こんにちは、\イッカクです/

今回は、ボローニャ大学・ローマ大学客員教授、
国際美術史学会副会長、
そして東北大学名誉教授としての経歴があり
「西洋美術史の第一人者」と呼ばれている
田中英道氏の書籍を紹介します。

■田中英道氏の紹介

Hidemichi Tanaka

24才から単身「ルネサンス」発祥の地イタリアへ留学。
世界最先端の芸術大国フランス、
世界有数の文化国家ドイツなど、
これら西洋文化の中心地を渡り歩き、
研究に没頭。
以来50年以上、
レオナルド・ダ・ヴィンチ、
ミケランジェロ、
フェルメールなど… 数多くの有名美術家に関する
国際的な新説・新発見を次々と発表し、
今なお、美術研究の第一線で活躍中。。

田中教授は、西洋美術研究の折、
ある独特の学問手法を体得された。。それが、
形象学(フォルモロジー)であり、作品の
表情や手足の動き、モノの形や模様などから、
芸術家のもつ思想や哲学、
文化や宗教的背景までをも読み取るもので、
その観点から日本美術を見た時に
日本の素晴らしさに気付いたと言います。

しかし、、その一方で、優れた文化作品が日本では
正しく評価されておらず、本格的な解読や研究が
全く進んでいないことによって、
文化的な要素が歴史の中で、「飾り物」になっていた。
そのことに愕然とされたそうです。

その実態に危機感を抱き、田中教授は
西洋中心だった研究活動を日本中心に転換。
それ以来、「日本国史学会」や
「新しい歴史教科書をつくる会」の代表を務め、
文献が無ければ真実を見抜くことができない
歴史学者に代わり、
人類が残してきた様々な文化遺産を紐解き、
正しい真実の歴史を日本国民の元へ届ける
活動を続けられています。

これまでの発行著書数は約計95冊、
主な研究論文は147本以上とのこと。

さて、今回紹介するのは

■ 「日本」とは何か「日本人」とは何か

について、以下紹介します。
Amazonの書籍紹介より
<引用開始>_______________
「西洋美術史研究の第一人者」と呼ばれ、50年以上、歴史研究の最前線で評価を受ける田中教授は、こう語ります…

“教科書では、縄文から弥生時代まで、日本人は原始的な生活を営んでいた。そこに大陸や朝鮮半島から稲作や文化が伝えられ、日本はようやく発展の糸口をつかみ、日本という国家が形成された。という歴史だけが当たり前のように教えられています。 しかし、文献だけに頼る従来の研究ではなく、先人たちが残した文化遺産に光を当てると… われわれがこれまで信じさせられてきたのとは全く違う。壮大なストーリーが見えてきます。

元来、日本という国は外敵がやってこない島国であり、「信頼」を土台に共同体をつくってきました。よって、絶えず民族が移動し、争いごとの絶えない西洋や大陸とは違い、文字を必要としなかったのです。よって、当時の先人たちの生活ぶりや、思いを読み取るには、神社や文化遺産といった形あるものの解読が必須になってくるのです。

多くの学者は、文献だけに頼ることにより、この大切なポイントを見落としてしまいます。さらに残念なことに、美術の知識がないため、いざ実物を目にしても、そこから何を読み取ればいいのか?がわからないのです。

「日本には文明がなかった」・・そう言われることがありますが、それはありえません。遺跡を紐解けば、日本最初の国家「ヤマト政権」よりも、卑弥呼がいたとされる時代よりも遥か昔から、日本では高度な文明が栄えていた。その中心は、関東・東北であり、そこには大きな”国”があったのです…”

日本の古代史に残された「謎」の数々は、他にも・・・

・大陸の何倍もの旧石器時代の遺跡が残る… 中国・韓国よりも先に人類が存在… 古代の人々は、なぜこぞって日本を目指したのか?「日本」という名前に隠された秘密とは…

・“世界四大文明”説は中国人ジャーナリストの創作?「文明の衝突」著者が明かした八大文明説。世界で最も早い定住生活… 土器から読み解く縄文人の素顔とは…

・「東西神話の類似性」日本古代史に見え隠れする“ある重要民族”の存在…

・「実は世界各地で出土する土偶」なぜ異形が多いのか? 信仰の対象としての“土偶”に込められた秘密…

・「巨大なお墓が残したメッセージ」実はピラミッドより大きい仁徳天皇陵… 先人たちはわれわれに何を伝えたかったのか?

・日本神話で「神々が住まう場所」と記される「高天原」。“天”を表すという通説は真実か?… 「遺跡の数」「神話」「地名」・・奇妙な符合をたどれば、地上の「高天原」が見えてくる…

実は世界の八大文明のひとつとされ(「文明の衝突」サミュエル・ハンチントンが提唱)他国と比べても、日本ほど神秘的でユニークな歴史を持つ国。天皇を中心に、脈々と文化・伝統が受け継がれてきた国は他にありません。しかし、従来の文字だけの研究を元にした歴史教育では、その素晴らしさに気付くことができない… そんな状況では、当然ながら多くの日本人が自国に誇りを持つことは難しいでしょう。

こんな状況を変えるべく、田中英道教授の監修のもと、従来の歴史教科書では語られることのない新しい日本史を… 忙しい方でも手軽に全体像が理解できるようにと、ビジュアル資料もふんだんに使いながら、1冊の本にまとめました。

私たちの先祖は何を考え、文化遺産によって何を伝えようとしていたのか?

西洋・大陸との“比較”で見えてくる、、唯一無二のユニークな日本文化とはどんなものか?

日本とは何か? 日本人とは何か? 私たちのルーツはどこにあるのか?

先人たちの知性や感性を知る喜びを味わい… 文献だけでは見えてこなかった、エキサイティングな歴史を知る楽しさ。これまでの常識が見事に覆されて、視野が大きく広がっていく… そんな1万年単位の歴史を、先人の記憶を辿るような知的で刺激的な体験を、ぜひ味わってみてください。
<引用終り>_______________

■星5つで「役に立った」と評価した方の評価コメントより

<引用開始>_______________
縄文時代に中国、朝鮮半島から渡来し、日本に住み着いたと教わった日本人の起源。
教わったは良いものの、今の中国人と比べると本当に先祖が一緒なのか?と疑問を持ちながら、でも生きていく上でそれほど障害にもならなかったので調べることもしていませんでした。
この本を手に取って読んでから、これまで信じ込んでいたものが「信じ込まされていた」ような感覚になり、日本人の起源の本来の姿が見えるようになりました。
とんでもない話のようにも思えますが、よくよく考えてみると「確かにそうかもしれない…」とちょっと知的好奇心をくすぐられる一誌です。

_____________________
田中英道教授の唱える日本史・古代史の世界は、従来の東京裁判史観に染まった教師やマスコミからは、決して出てこない斬新なものです。フィクションでしかないと教えられてきた神話の世界が、数々の証拠や史実をもとに、現実のものとして語られる姿は、驚きとともに日本という世界最古の国に生まれた喜びを与えてくれます。美術史のバックグラウンドがあるユニークなご経歴、着眼点には納得です。コロナ禍で世界に出られない今こそ、日本を知るチャンスですね。
<引用終り>_______________
では、また。


スポンサーリンク

コチラは、動画講座です。
新講座シリーズ『葬られた古代外交史』

コメント

タイトルとURLをコピーしました