【おみそちゃんねるさまより】米国民のトランプ支持率爆上げ中!衝撃の〇〇パーセント!?

おみそちゃんねる


こんにちは、\イッカクです/

今回は、チェルノブイリ原発が
今回のウクライナ危機で
なにか有ったようですが・・・

■ 【下念司ニュースの猫側】 米国民のトランプ支持率爆上げ中! 衝撃の〇〇パーセント!?


■編集後記
動画で出てきた・・・
砲撃受けた「国立物理技術研究所」とは
以下引用します。
ソース:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220307/k10013518191000.htmlより
<引用開始>_______________
・・・

核物質を扱う国立物理技術研究所は、
ウクライナを代表する研究拠点の一つで、
核燃料サイクルや、核融合による
発電の基礎研究「プラズマ物理学」、
原子核物理学など複数の部門の
研究が行われているということです。

「プラズマ物理学」の研究で
この施設の研究者と交流がある自然科学研究機構の
増崎貴教授によりますと、
今月5日時点で共同研究者の1人と連絡が取れ、
郊外に避難したというメールが届いたということです。

増崎教授は「核物質があるかもしれない
研究施設をねらってロシアが
攻撃したのは理不尽でありえないことだ。
設備を破壊された場合、
研究を再び立ち上げるのは相当大変だと思う」
と話していました。
・・・
<引用終り>_______________
なになに?・・・プラズマ物理学?
「プラズマ」を和多志は最初に聞いたのは

おみそん、ではなく
ハチソンさん
「ハチソン効果」を発見された方です。
ソース:http://www.amanakuni.net/uchu/35.htmlより
<引用開始>_______________
・・・

ハチソン効果の発見

 

装置のスイッチを入れると、
物体が重力に逆らうように浮上し、
折れ曲がりようもない金属が捩じれ、
切断される。
このまるでSF映画のような出来事が
起こったのは、カナダのバンクーバーにある
ジョン・ハチソンという人物の研究所だった。
・・・

ハチソン効果におけるプラズマ

 ハチソン効果を解明する上で、
最も重要なのは、
その主な実験装置である
テスラ・コイルであると思われる。
ハチソンの実験室には数多くの電気装置があり、
具体的に装置がどのように作用しているかは、
データや実験装置が失われてからは、
現在においてもほとんど分かっていない。
しかし、基本的には
テスラ・コイルとヴァンデグラフ発電機が、
その中核をなすことは間違いない。
テスラ・コイルからは
「電界の縦波」が放射されていると考えられ、
複数の装置が発生する強電界が互いに
干渉し合って、特殊なプラズマが
発生していると考えられる。
事実、ハチソンがカメラで現象を
撮ろうとしたところ、
カメラと実験装置の間に虹色の発光現象が見られたという。

 プラズマに包まれた物体は、
プラズマが動くとそれに伴って移動する。
ハチソン効果における物体浮揚現象の原理はこれだ。
ハチソンの実験装置には
偶発的にプラズマの上昇流が生じていたのだ。
これに引き込まれて
物品が移動したのだ。
また、水などか泡立ったことも、
プラズマで説明できる。
これはちょうど電子レンジに入れた状態に近い。
高周波によって水分子が振動し、
これが泡立たせる原因となったのだ。
 金属の場合は、それが切断や融合と
いう形で現れる。
実際、金属片が破壊される時に、
内部から高い熱が発生。
これによって焼き切れる場面も撮影されている。
 レーザー光線等による切断と違い、
ハチソン効果の場合、
金属全体がプラズマに包まれて
エネルギーが集中した部分が破壊される。
 また、融合に関しては、
最近になって発見されたプラズマの特性である。
プラズマ流を当てながら溶接すると、
異なる金属同士が分子レベルで融合してしまう。
ステンレスとアルミの溶接はもちろん、
ガラスと紙といったものまで溶接できる。
これはプラズマが引き起こす現象の中でも
特筆すべきもので、
現代物理学が解明していない
「亜空間」を生じさせることが分かっている。
すなわち、ここでは原子レベルで
亜空間が生じているということだ。
 ハチソン効果は、特殊なプラズマ現象である。
アメリカ軍はハチソンからさらった
実験データとリポートを基に、
ロスアラモス研究所等においてハチソン効果の
データを深く解析。
ハチソンが作ったものと基本的に同じ装置を作り、
物体浮揚や金属の破壊、融合などの現象を
再現させただろうことは間違いない。
 先に紹介したアメリカ軍の有人
プラズマ飛行物体―すなわち地球製UFOの存在は、
そのテクノロジーが応用され、
研究開発から、
既に実用段階に入っていることを強く示唆している。
・・・
<引用終り>_______________
物質の形態は、
個体→液体→気体→電荷を持った粒子から成る気体
という第4番目になった形がプラズマであると言います。
要するに、段々と分子や原子が互いの結びつきの
強さを弱めて、最も相手を拘束しなくなる自由な状態
という感じでしょうか。
私達の人体もすべてのものは、究極的に
原子の結びつきで構成されてますので、プラズマ形態に
もなるのと思います。(もしかして死んだらプラズマ化?)
根本はプラズマの世界かもしれません。
エネルギーもソコから生じるようですし。
原子そのものの素粒子も、そのまた精妙な何かによって
構成されているようでなりません。
無限的ですね。。。小宇宙。

では、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました