【 yoyo555 max チャンネルさまより】【ウクライナ情勢】今後の見通しと解決策!/YOYO555MAX

yoyo555 max


こんにちは、\イッカクです/

ウクライナ情勢の現状と見通しについて
yoyo555maxさまより以下置きます。

■【ウクライナ情勢】今後の見通しと解決策!/YOYO555MAX

■編集後記
yoyo氏は、見通しの奥が深く
地政学的見地に長けておられるので
非常に参考になります。
簡単に世界核大戦にならずに
済む見通しを簡単に
おさらいしますと。

1.ウクライナはロシアが制圧し陥落させる
2.新しい政権を立ち上げる。
 ・ウクライナ中立国として創設
 ・NATO軍とロシアのどちら側にも属さない
 ・すべての軍事力を放棄する
3.ロシア軍とNATO軍がテーブルで話し合う。(調整)

今、世界的にCOVID-19が実質上、収束させていますけど、
このウクライナ危機を演出させるためで
有ったのかもしれませんね。

和多氏の危惧ですが、
原爆を使わない方法での対戦として
「電磁パルス攻撃(EMP)」の兵器が挙げられます。
これって、
「電磁波は、
人体に直接の影響を与えないものの、
電力や通信に障害を生じさせます。」
と安心させて、実は、非常に
危険な場合が有るのです。
https://ameblo.jp/ki1188ki/entry-12714105042.html
より・・・
<引用開始>_______________
5G(超高周波の電磁波)は血液の酸素を異常化し、
異常化された酸素が血管壁を攻撃し、
血管壁に炎症が起こる。
異常化された酸素は血液の粘着度を大きく上げる。
自然と血栓が起こる。
それゆえに抗凝固剤(アスピリン)と
抗炎症剤(アセトアミノフェン)が必要である。
(バタッと倒れるのは、5Gにより
異常化された酸素が組織に行き渡らず、
そうなるのである)

5G(超高周波の電磁波)で
使用している周波数60GHz
酸素分子を異常化する。
つまり酸欠になる=突然倒れる
電磁生体学の世界的権威
ロバート・ベッカー博士
「異常な人工電磁波は、
周波数に関係なくすべて有害である」
<引用終り>_______________
という事実が有って、現在は、隠されているが
これを使って、人間を思いのままに
出来る。
殺すことも簡単にできた。
(武漢ウィルスとして発症し、道に
倒れ込んで、痙攣して死んでいく人の
映像を見たでしょう!)
これも人口削減のシナリオの一部として

第1段:毒ワクチン内にアルミや酸化グラフェンなどの
電磁波に反応しやすい物質が包含されていた筈。

第2段:ウクライナ危機で、世界的な戦争が・・・
戦争によって、敵国から「5Gの60GHz
を発生させる
電磁波発生ミサイルが飛んできて
日本人やその他の敵国へ照射される。
その後は、まもなく
音も匂いも何もなく
「痙攣して、突然死」が
世界じゅうに起こる可能性は
ゼロでは無いと思います。

しかし、そのような事は無いように
すべての地球人が、互いに
個人の尊重を行うことを願います。

地球の支配者らもただ単に
人間をムシケラのように
踏みにじって殺害して楽しむという
精神異常者では無いとは思うが
何らかの「新世界秩序」を用意して
次なる段階へ進めようとしているので
あろうか?

yoyo氏も「地球人は一つになる必要がある」
と言っていたように思うし、、、

最後に、さっきUPされたようなので
タイミングよく掲載します。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました