【ミナミAアシュタールチャンネルさまより】最後の食事だと思えば・・・自分を連れて行くのは自分だけ!

ミナミAアシュタール


こんにちは、\イッカクです/

今を生きるという意味が
わかラナイのです、普通は。
「いつ死んでも悔いはない!」
ということについて
意外とその覚悟ができていないのが
通常の人間ですね。

■vol. 1811 最後の食事だと思えば・・

■ 超次元ライブ146【あなたが変身する時!】

■ミナミAアシュタールRadio198「天国 地獄 輪廻転生‥」

■編集後記
目先のことで、ついつい
文句を言ったり
小言をつぶやいたり、
そんな人間に限って
「死」についての覚悟が
無いんですね。(自分です。ハイ!)
少しでも、その悔いがないように
今日のことは今日やるように
したいものです。

ちなみに1月末に、老人ホームに居る
オヤジを病院に連れて行って
最近飲んでるクスリの効果確認について
かかりつけのお医者さんへ
同伴で問診に行きました。
ヨボヨボで、ひとりでは歩けない
オヤジの手を引いて
介護しながらの通院です。
和多志もいつかこのように
誰かにお世話を受けながら
人生の残りを行きていくのかと
思うと暗い気持ちが
こみ上げてきます。
だけど、これはアタリマエのことで
いつ何時に「死」が
お迎えに来るかわかりません。
もしかして
オヤジより先に逝くかもしれないし
誰もわからないのですが、、
必ず、「死」は訪れるのですから
こうやって、オヤジの手を引いて
上げられる親孝行も有意義な
貴重な時間であったと
気持ちを切り換える
ことができました。

人生は
「気迫と覚悟」の連続かもしれません。
「やなぎに風」の
エネルギー波動の問題です。
ハートの問題です。

しかし、どんなに苦しくとも
「誰か、助けて!」とか
「とらさん、お願い」とか
依存の意識にはならないように
気をつけたいものです。

自分を助けるものは自分の意識しかありません。
なにかに憑依されないよいうに
気をつけましょう!

ありがとう
ミナミAアシュタール&さくやさん。。。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました