【 HappyCats 723 チャンネルさまより】【エリート官僚更迭】朝日新聞女性記者との不倫と闇バイト【文春砲】経済安全保障庁が大ピンチ!自民党ダブスタ親中議員は大歓喜?

日記


こんにちは、\イッカクです/

今回は、経済安全保障庁の
経済安全保障準備室長が
更迭された事件を以下置きます。

■【エリート官僚更迭】 朝日新聞女性記者との不倫と闇バイト【文春砲】 経済安全保障庁が大ピンチ! 自民党ダブスタ親中議員は大歓喜?

■編集後記
和多志も経済安全保障庁が設置される方向で
動いてほしいです。
そもそも、これの設立根拠としては、
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210902/k10013237961000.htmlより
<引用開始>_______________
国際化が進む金融取り引きと安全保障が
結び付いた分野について
金融機関などへの監督を強化します。

具体的には、
▽銀行の基幹システムに対するサイバー攻撃への備えや、
▽システムに使われる機器の調達先
それに
▽スマホ決済サービスなども含めた取り引き情報の管理態勢が適切かどうか
詳しく調べることにしています。

経済安全保障を担当する部署は
経済産業省などにはすでに設けられていますが、
アメリカと中国の対立が激しくなる中、
金融庁としても態勢を拡充することで
金融機関などの対応を強く促したいねらいがあります。
<引用終り>_______________
ということで、今後日本に潜っている
「中国共産党に貢献する」闇組織!
中共&ディープステート=16
を徹底して、「とらさんチーム」は
あぶり出して行くように感じます。
そして、
セキュリティ・クリアランスが問題ですね!
飯田浩司のOK! Cozy up!
2022年2月10日(木)コメンテーター 井形彬氏より
以下置きます。


今回の事件は、ある意味で、セキュリティ・クリアランスの
「試金石」にもなった。
雨降って地が固まって行けば良し!
とにかく、中共のような暴力集団は
徹底して、防御・防衛して行くべきです。
(中国とは言ってないことに注意!!)

岸田政権は、ダメ政権として、下ろすシナリオで
演じており、本命は、高市政権で
とらさんとマッチング政権にする予定ではないかと
思われます。
(しかし、並行して人口削減は続くかと・・・)

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました