【書籍紹介】【新刊のお知らせ】馬渕睦夫 「日本を蝕む 新・共産主義」

書籍紹介


こんにちは、\イッカクです/

今回は、馬渕元大使による
新書の紹介です。

■【新刊のお知らせ】馬渕睦夫 「日本を蝕む 新・共産主義」


本に迫るさまざまな危機をどう乗り越えるべきか。闇勢力の正体と、日本人の原点を活かして繁栄する道を示す。

著者 馬渕睦夫 著・文・その他
発行元出版社 徳間書店
出版年月日 2022/02/18

■編集後記
Amazonの商品説明から
<引用開始>_______________
ポリティカル コレクトネスの衣を纏った
共産主義という“からごころ”を見破れ!

耳当たりの良いスローガン、今を否定する未来志向、
実現不可能なアジェンダ。
文化、歴史、秩序を破壊する新たな共産主義革命が
日本で着々と進行している──。

今世界を覆っている新・共産主義のからくりを見抜き、
それにどう対処するかに焦点を当てた
馬渕睦夫氏(元駐ウクライナ大使)の最新作。

──本書より抜粋
2022年の世界は世界のリーダー不在から来る
無秩序化と、ポリティカル・コレクトネス
(性・民族・宗教などによる差別や偏見、
またそれに基づく社会制度や
言語表現は是正すべきとする考え方)が
猖獗【しょうけつ:悪いことがはびこり
勢いを増している】を極める左傾化に
苛まれています。
そして、無秩序化と左傾化は
新たな共産主義という
コインの両面でもあるのです。

本書は、今世界を覆っている
新・共産主義という幽霊の正体を暴き、
それにどう対処するかに
焦点を当てました。
なぜなら、この新しい共産主義は
目に見えない形で私たちを蝕んでいるからです。
<引用終り>_______________
新共産主義に取り憑いているのは
「邪霊」です。
共産邪霊が取り憑いています。
その邪霊は何が目的なのか?
それは、「すべてを破壊」するため。
無秩序化と左傾化の姿を採って
ポリコレで民衆を騙して
大量の殺戮を行っています。
実例が、現在の
COVID-19用のワクチン接種であり
殺人用毒液体が人体に
注射されているわけです。
速攻で死ぬ人
2年以内に死ぬ人
5年以内に死ぬ人
とか、何段階かにワケて狡猾に
「人口削減」を仕向けています。
無秩序化と左傾化は
無常と残忍さが表出されます。
最近、中共では、数万の犬が
オリンピック開催前に「屠殺」されました。
無情であり、残忍です。
このような「亜人」たちとは、接点を
持たないようにするべきなのです。
「君子危うきに近寄らず」
の通りなのです。

では、また。


スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました