「ゆうこりんさん」(twitterでのHN?)の方が、 厚生労働省コールセンター他に TELをかけて、ワクチンや PCR検査などについての質問しました。・・・コレについて Q&A形式でシェアします。

日記


こんにちは、\イッカクです/

今回は
『「ゆうこりんさん」(twitterでのHN?)
という方が
厚生労働省コールセンター他に
TELをかけて、ワクチンや
PCR検査などについて、
何日もかけて質問されていたので、
Q&A形式でシェアします。』
という記事

あかいひぐまあかいひぐまさまからの
引用の引用を音声で以下置きます。
https://note.com/akaihiguma/n/ne77cd6f232efより
(一部、音声でわかりやすいように文言を替えています)


■編集後記
この方の話には、接種(ブースター&在庫処分)を前提に話が
進められている様子です。

■ Press Conference on Feb 1 2022 【厚生労働省】厚生労働大臣記者会見 (2022年2月1日)


もし、「ゆうこりん」さんの電話の内容が
事実であったなら
政府は、まるまる、鼻から、
国民のことは、眼中になく
平気で人が死んでるのに、あくまで
事務的に各人の仕事を
こなしてる感じがします。
担当を細分化して、ジェノサイドを犯してる
「殺人システム」には
驚嘆です。
もう、行政や病院、政府関係は
ロボット化、あるいは、ゾンビ化
してるような状況です。
「命の尊さもクソもありません」
もはや、政府には
頼ることは「危険」ということだったことが
明確になってきたのかもしれません。

もし、上記の記事が「FAKE」でなければの話ですが・・・
どうやら、状況分析と証拠があちこちから出てきそうなので
政府や厚労省は、返答に困る状況に
なってくるのでは無いかと・・・


それにこの「コロナドサクサ騒動」に
紛れて、「しれ~っと」
終戦後の焼け野原を収奪した
「日本人もどき」らが、大きく跋扈し始まった!?



日本の茶番劇の舞台では、まだまだ「狂言芝居」が
続いていますが、
一方の大きな舞台のアメリカ茶番劇は?
ニュースかもしれません!


上記の情報は、間違っていたようです。(フェイク?)
ニュルンベルク裁判で規定された「人道に対する罪」に違反する訴訟では、無いようです。


茶番劇といっても、実態は「殺人」です。
つまり、下記のような物質とその働きが体内で起っているようです。
https://rumble.com/vu5e9x-grand-jury-the-court-of-public-opinion-dr.-reiner-fuellmichs-opening-statem.html
Sharif14氏のコメントより
<引用開始>_______________
スパイクタンパク質および/または水酸化グラフェンは、内皮損傷を引き起こしています(両方とも異なるメカニズムによるが、血栓、脳卒中などを引き起こします。グラフェンはまた、EMFを吸収し、増幅し、心臓の原因となる可能性がある放電している可能性があります一方、エンバルマーは、人の静脈に3フィートの長さの強い繊維状の白い物質を発見しており、明らかに人の70%以上の割合であるため、いくつかのメカニズムがあるか、スパイクタンパク質が気を散らす可能性があります。何度か確認されましたが、最近ではNZで確認されています。グラフェンは非常に致命的な特性を備えた有毒です。グラフェンは水酸化物であるため、かみそりの刃のように血管を切断できます。ナノボットは自己組織化して長さになり、磁気を帯びて細胞を破壊します。自然の電気化学ポテンシャル、それはまた、EMFがギガヘルツをテラヘルツに変化させ、これを電気として放電することを増幅します-特に電話塔の近くでは致命的だと思います…あなたは誰もが封鎖されている間に彼らが立てたすべての電話塔を知っています。
<引用終り>_______________

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました