【日防隊】憲法ではない、これは掟。緊急事態条項はいらない!

日防チャンネル


こんにちは、\イッカクです/

私達の日本国憲法は、いったい
どのような認識でとらえれば良いのか?
具体的に石濱哲信氏が
動画で話されておられます。

■ 【日防隊】憲法ではない、これは掟。緊急事態条項はいらない!

■編集後記
戦後GHQから押し付けられた
「権力者がつくった掟」である憲法の改正によって
基本的な人権が損なわれてしまうのは
論外ですね。
ちなみに五箇条の御誓文の
最初の条文ですが、
https://www.nihonsi-jiten.com/gokajyouno-goseimon/
<引用開始>_______________
広く会議を興し、万機公論に決すべし。

この意味は
『日本中から優秀な人を集めて
会議をして決めよう』ということです。
江戸時代では譜代大名や親藩大名と呼ばれる
人達が老中という身分になって
政治をしていました。
しかし、これでは優秀な外様大名や農民は
政治に参加することができません。
さらにその老中が頭が悪かったら
政治が大混乱してしまいます。
そこで明治政府は
これからは身分関係なく人材を集めて
会議によって決めようとしたのです。
これはのちに
国会開設に活かされていきます。
<引用終り>_______________
この時代、まだ江戸の反省を修正した
すぐれた文言だったようですね。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました