【未来ネット チャンネルさまより】LIVE 1/28 16:00〜『ひとりがたり馬渕睦夫 #71』2022年の世界はこうなる

馬渕睦夫


こんにちは、\イッカクです/

今回は、2022年の今年は
どうなるのか?
馬渕大使からのお話しを以下置きます。

■※LIVE 1/28 16:00〜『ひとりがたり馬渕睦夫 #71』2022年の世界はこうなる

■編集後記
今回のライブでは、基本的な認識を
得ることができました。
一つは、「2014年ウクライナ危機」は
工作されて惹起されたものであったコト。
しかも、やはりハザールマフィアである
DS(ディープステート)ネオコンであった。
さらにこのネオコン工作が
現在も「ウクライナ危機」を再燃させようと
惹起させ、プーチンを侵攻させようとしている。
まさに、古い手を使うDSたちですね。
ふたつ目は、アメリカ中間選挙へ
ネオコンが狙っている大統領候補人事について
まずは、カマラハリスを辞任、次にバイデン辞任
そして、公に突然顕れる、誰かさん!
という筋書きになる可能性あり。

すべて、民主党(リベラル・ネオコン)の
最低支持率になっていく流れに
陥って行くようですね。

■ロシアを威嚇し、 ウクライナ和平を乱す 不穏な人びと 【ビクトリア・ヌランド国務次官補、 ミハイル・サーカシビリ元大統領】

気のせいか、このビクトリア・ヌランドは
あのジョージ・ソロスの表情に
そっくりですね。
見事なくらいに「邪霊」に取り憑かれた
ゾンビな表情ですね。

そして、3つ目は、驚いたのですが
習近平は、台湾には攻め込まない!
というのは、馬渕大使がおっしゃるには

中国を守れるわけではなく、
「見返り」の下心があようですし、
戦況が負けそうなときは、敵前逃亡を
決め込むかもしれません。
なんとなく、中国人らしいとは思いました。
そうでなくとも、、

■中国共産党中央政治局・人民解放軍の反習近平派の乱が軍事侵攻に発展!?

裏話でしたが、本当だったら?
半導体と関わる浙江財閥の台湾と
ズブズブであれば、
台湾攻めは、ありえませんね。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました