【realrawnewsより】軍はメリンダ・フレンチ・ゲイツを逮捕します・・・日本もやって頂きたい「正義の軍」法務官(Judge Advocate General’s Corps)!

realrawnews


こんにちは、\イッカクです/

今朝は、realrawnewsより以下
引用元:https://realrawnews.com/2022/01/military-arrests-melinda-french-gates/
翻訳で引用します。
【】内は和多氏のコメントです。
<引用開始>_______________

米海兵隊は月曜日、故ビル・ゲイツ氏の妻である
メリンダ・フレンチ・ゲイツ氏に、
ワシントン州メディナにある
地球を守るための邸宅で
軍事逮捕状を送達したと、
JAG関係者がReal Raw Newsに語った。

米海軍法務官(Judge Advocate General’s Corps)

9月、メリンダ・ゲイツは
グアンタナモ湾の軍事法廷で元夫【ビル・ゲイツ】に
不利な証言をした。
彼は有罪となり、
その後絞首刑になったが、
彼女は証言と引き換えに訴追免除を得たとされる。

「彼女の取引は仮のものだった。
ビルの犯罪に全面的に関与したことを
認めることが条件だった。
しかし、私たちは、
彼女が積極的でなかったこと、
ビルの児童売買と致命的なワクチンの推進に
深く関わり、共謀していたことを
示す証拠を見つけました。
今、証拠について話すことはできません。
後で明らかにされるでしょう」
と、情報筋は語った。

メリンダ・フレンチ・ゲイツが
軍事法廷を受けるかどうかという質問に対しては、
“文民当局がこれらの凶悪犯罪を無視し、
彼らの好意で犯罪者の訴追を拒否し、
賄賂や報酬を受け取って
これらの悪人を野放しにするとき、
JAGには正義を確保する責任がある “と答えた。

ドナルド・J・トランプ大統領が
盗用選挙に先立って
発動した1807年暴動法は、
米国内の国内政策を執行する軍人の権限を
制限する1878年ポッセ・コミタタス法に
取って代わるものである。

“我々は、偏見や先入観を持たずに
これらの逮捕を行う権限を持っている。
私たちは、一般市民を
逮捕しているのではありません。
反逆罪や社会に影響を与える犯罪を犯した、
最悪の人たちを拘束しているのです。
メリンダはその一人であり、
そう、彼女は軍事法廷に応じることになる」
と情報筋は語った。

JAGが免責契約を
取り消したのはこれで2回目。
1回目はマーク・メズビンスキーのものだった。

<引用終り>_______________

■編集後記
今回のニュースについての背景情報ですが・・・
以下のように書かれています。
<引用開始>_______________

免責事項:

このウェブサイト上の情報は、
情報提供、教育、娯楽を目的としています。
このウェブサイトには、ユーモア、パロディー、
風刺が含まれています。
私たちは、法律顧問のアドバイスに、
私たちの保護のためにこの免責事項を含めました。

コンテンツの再利用ポリシー:

私たちRRN(Real Raw News)は、
第三者が私たちのコンテンツを
現金化しない限り、
私たちのコンテンツを共有している
他の人に異議を唱えません。
テキストを逐語的にコピーする場合は、
元の記事へのリンクを含めてください。
ありがとう。
<引用終り>_______________

という趣旨なので、引用させて
頂きました。

パロディ情報ととらえるか、風刺と捉えるか
リアルと感じるか
それは、あなた次第です。。。

では、また。


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました