【11代目細川博司チャンネルさまより】草莽崛起

日記


こんにちは、\イッカクです/

草莽崛起(そうもうくっき)とは

志を持った在野の人々が一斉に立ち上がり、
大きな物事を成し遂げようとすることを
意味する語。
江戸時代末期に、
吉田松陰が民衆主体の改革を
望んで唱えた思想として知られる。
weblioより
ということで以下置きます。

■細川ひろし陣営 大本営発表 vol.14【草莽崛起】

■編集後記
最初の「バカ」には、なかなかお目にかからないのが世間。
やっと、「何だ?、おもしろそうだな・・・」
と気づいて、やっと認識するんですね。
気づいたら
すぐに行動に移せる人と
周りで観ているだけの人に別れます。
そうこうしてるうちに
観ている側から、行動する側に入ってくる人が増えてきます。
もう、そうなったら
回転の渦状態になります。
この渦が、大きくなり、運動に変化します。
運動が、日本全国・津々浦々に広がり
やがて、日本そのものが
世界の渦の中心に・・・

これから、久留米を起点に
渦が大きく、勢いよく回り始めるようです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました