【アメリカやカナダなど中共による浸透工作への対応に注力するようになってきた!】・・・日本は逆行しているのでは?・・・日本を護るためには早く、スパイ防止法を制定せよ!

HappyCats 723


こんにちは、\イッカクです/

今回は、中共による、「浸透工作」について
アメリカやカナダが、今まで
特に厳しく取り締まらなったが、
最近、中共の「浸透工作」には、かなり
シビアになってきました。

■中国千人計画で遂にスパイの逮捕?kk

【1】ハーバード大学の教授が逮捕された!

【2】アメリカのCIAが異例の募集を開始!

【3】中共が狙う、世襲議員・・・河野太郎、小泉進次郎、福田達夫など

【4】CSISが国会議員らに中共への警戒を促した。

■編集後記
早く、スパイ防止法を法制化+中共をあぶり出しを
行わない限り、日本は、どんどんと
中共に、付け狙われていく結果となります。
「たかいちばん」さんに
小野田紀美氏に頑張って頂きたいものです。
もちろん、国民も国防意識や認識を改めて
彼女らを応援しましょう!

日本人と日本国を護るために!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました