【一日一食 OMAD エンドゥ 【マトリックス突破編】 チャンネルさまより】【タルタリヤ帝国】19世紀初頭に消滅した歴史上最大の国家の滅亡

一日一食 OMAD エンドゥ


こんにちは、\イッカクです/

今回は、エンドゥ氏の一連の動画から
【マトリックス突破編】の
タルタリア帝国について
以下置きます。
 最新は上部↓(都度更新)

■ 19世紀初頭に消滅した歴史上最大の国家の滅亡 第⑥回/全⑧回



結局、資金元が、全て、支配するという
1772年にロスチャが画策した
世界革命行動計画(アジェンダ)
25カ条がによって、現在まで続いている。
参考↓

■19世紀初頭に消滅した歴史上最大の国家の滅亡 第⑤回/全⑧回

■19世紀初頭に消滅した歴史上最大の国家の滅亡 第④回/全⑧回 

■19世紀初頭に消滅した歴史上最大の国家の滅亡 第③回/全⑧回

■19世紀初頭に消滅した歴史上最大の国家の滅亡 第②回/全⑧回

■19世紀初頭に消滅した歴史上最大の国家の滅亡 第①回/全⑧回

■編集後記
多々良、小樽、佐渡ヶ島に土着のタタール人、
とか 日本にも何らかの余韻が残っているのには 驚きです。
実は、自分でも過去に聞いていた
「韃靼(ダッタン)人の踊り」 という
響きがあったことに不思議です。

なにか、幻想的なメロディで
タルタリア人=ダッタン人の
匂うような優雅で豊かで
平和な生活を 連想してしまいます。

参考:坂本花子氏のブログより
http://kaikaku33.blog.jp/archives/22709247.html
<引用開始>_______________

隠蔽

公式の歴史は、19世紀まで存在していた
主要な世界の力を隠しています。
 
タータリーは、独自の旗、独自の政府、
独自の地図上の場所を持つ国でした。
 
その領土は広大でしたが、
どういうわけか静かに
ロシアや他の国々に組み込まれました。
 
この国は、19世紀後半にさかのぼる
地図で見つけることができます。

<引用終り>_______________

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました