【共産邪霊の陣取り争奪】世界を取り巻く首悪の根源・マネートラップ・偽善侵攻し侵略・略奪する海賊

いつものニュース


こんにちは、\イッカクです/

「中共」は中国に拠点を構える
ディープステートです。
共産邪霊が、取り憑いています。

■世界を取り巻く首悪の根源 ・マネートラップ ・偽善侵攻し侵略 ・略奪する海賊/ ①大統領買収 ②人工地震 ③国内分断 ④支援+ワクチン ⑤借金 ⑥現地人警備員調達 ⑦中国法律適応⑧監視化と占領 ⑨現地人強制労働 ⑩資源獲得

◎中米のニカラグアは、

「台湾は中国の領土の一部」との見解を示して
台湾と断交し、中国との国交を回復する文書に
サインしました。

中国政府は過去40年間、

台湾と外交関係を持つ国の
切り崩しを図ってきた。

◎フランスの海外領土のニューカレドニア

、住民の4割を占める先住民の
カナック人を中心に
独立運動がたびたび起き、
住民投票で将来を決めることになりました。
投票は3回までで今回が最後12 日に
予定されています。
12月12日に行われる独立住民投票では
中国共産党が支配し資金を提供している
中国・カレドニア友好協会を始めとする
機関が活躍すると思われます 。
フランスの諜報機関によると
カナック族の独立運動を支援しているのが
CCP 。
(いつもながらの手法で民主主義に介入)

■編集後記
共産邪霊に取り憑かれた
中国にあるマフィア集団は
「中国共産党」です。
・暴力主義で膨張主義です
・カネと色である地域を攻略します
・一旦攻略すると、多勢で押し寄せます。
・攻略先の先住民を蹂躙します。
・蹂躙した結果、臓器ビジネスとかその他の
 悪辣な闇商売で、人間を金儲けの素材とみなされます。
・強制労働もさせます。
・攻略先の人間は、奴隷以下の扱いを受けます。
共産邪霊は、ズル賢く立ち回ります。
敵地攻略の戦略と戦術は世界一です。
なにせ彼らは、「孫氏の兵法」を学んで
修練しています。
最近の攻略するための戦略は
「超限戦」を様々な方向から目標(敵地)を
攻撃します。
それは、共産党の革命の方法も加味された
方法を使います。
いま、世界中で「中共絡み」のいざこざは
上記説明した戦略で動いている様子です。
共産邪霊は中国を超えてアメリカやイスラエルにも巣食ってます。
あの「民主党」に巣食ってます。
共産邪霊はコレまでの世界金融資本の頂点である
「カバール」に巣食っています。
さて、そのカバールのマネーシステムが
崩壊しつつありますので
つまり、カバールも崩壊の流れに
入っているのです。
カバールは中共やイラン、イスラエルを使って、
なんとか
世界の秩序を自分たちの都合の良いように
支配構造をリセットする
動きでいましたが、もう終焉の兆しが見え始め
各国の大会社、国家首脳などの
カバール組織を下支えしてきた幹部連中は
次々に、逮捕、失脚されています。

さて、以下は参考知識です。
1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

そして、あのマク◯ナルドに
卸されていた肉とは?

かなり、共産邪霊は、カバールにも潜んでいました。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました