【上江洲義秀先生の光話より】気持ち・・・命という本質を、思いに、言葉に、行為に、どう表現しているか。。。

上江洲義秀先生


こんにちは、\イッカクです/

今回は、「気持ち」という
本質と「いきる」について、上江洲先生が
光話されている動画を以下置きます。

愛 光さまより

■気持ち

■ 「いきる」

■編集後記
結果に左右されて、結果によって生きるのか?
それとも
永遠なるものに意識を向けて
無限の意識によって旅をするのか?
という選択肢が
いつも、いつも突きつけられて
その中間というものは
ありえない。
「命の表現」には中途半端な
グラデーションは無いという
厳しい摂理ですね。
だから、一つ一つ永遠の意識で
感じているかが、大切に
なってくるのだと思います。
そして、世の中が
共存・共栄・共生で、つながることで
一切の政治は、無くなっていくのであろうと
思います。
そのような本質観点で眺めますと
軍備とか防衛とかは
偽物の世界であったというのが
わかってきますし、
戦争とか、そのような方向へ導くことは
偽物の価値観や考え方を植え付けて
人々を「つなぎとめて」置きたい
とする権力者の野望に過ぎない
ということが
わかってきます。
そのように目に見えてるものはすべて
「偽物の世界」でしょう。。。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました