【The Final Wakeup Call より】銀行システムは、巨大な犯罪組織【1】・・・貴金属市場の本当の目的は、 人々を混乱させること!?

The Final Wakeup Call


こんにちは、\イッカク です。/

今回は、【The Final Wakeup Call 】から
銀行システムは、
巨大な犯罪企業という話ですが
どうゆうことでしょう?
https://finalwakeupcall.info/en/2021/10/04/the-banking-system-is-a-gigantic-criminal-enterprise/
からの翻訳引用を以下、置きます。
<引用開始>_______________

銀行システムは巨大な犯罪組織である
USドルの存続はない。

金と銀がお金になるのは自然の摂理。

来るべき経済崩壊

グローバルリセット

自由市場だけがすべての価値を決定する

今日の経済は中央銀行の経済であり、
人々の経済ではない。
この経済を修復することはできず、
中央銀行の介入や操作から解放された
新しい人々の経済がその場所に
置かれることになります。
つまり、FWCの記事で説明されているように、
需要と供給に基づいて
人々がコントロールする経済、
フェアトレード経済である。


中央銀行を監査することは、
彼らの棺桶に最後の釘を打つことになるだろう。
一方、
ロシア、中国、トルコ、シリア、ブラジルは、
IMFから公式に脱退し、
ロシアが先に発表したように、
米ドルから独自の通貨を設立しました。

すべての通貨市場は操作されており、
中央銀行が存在する限り、
通貨を不正に操作することで
DSに支配されています。

これは貴金属市場を追い詰め、
経済戦争を秘密裏に行い、
「不当な利益、権力、支配」を得て、
経済的脅迫によって
政治的アジェンダを強要する手段を
提供しています。

2世紀以上もの間、
誰も何かの実際の価値を
知ることができませんでした。
犯罪者であるペテン師と強盗男爵は、
自分たちの目的のために
絶対的にすべてのものを操作してきました。
では、どうすれば本当の価値を
知ることができるのでしょうか?
その答えは簡単で、
「市場が負担するもの」、
つまり「需要と供給」であり、
これが自由市場の価値の基本原理である。
自由市場がすべてのものの価値を
決めるのである。

読者の皆さんは
頭を悩ませているかもしれない。
事実、過去2世紀の間、
自由市場は存在しなかったので、
実際の「市場価値」を裏付ける、
「市場が負担するもの」を示す、
基準となるような最近のデータは全くありません。

すべての貴金属の価格は、
ロスチャイルドが所有する
ロンドンの金・銀委員会によって、
固定され、抑制され、
「固定」されてきました。
私たちと同様に、
地上と地下にある貴金属の量についてもです。

そして、ある商品の需要に対する
所有量がわからなければ、
その商品の市場価値を示す
客観的な指標はありません。

悪いことに、
現在の世界には
金や銀の本当の価格は存在しません。

ピーター・シフ氏のような人物が
誠意を持って行っている投資推奨に
従うのは無駄なことです。

この世界のメディアが提示する価格は、
ロンドンとニューヨークの
少数の個人グループが決定しています。
このグループが毎日、
その日の金や銀の価格を決めているのです。
この決定は、
金や銀の「市場」とは
何の関係もありません。

Kitco.comの貴金属市場に関する
コメントのセクションは、
面白いかもしれませんが、
それ以外は無価値です。
ある日、貴金属の価格が上昇すると、
金や銀の投資家の鼓動が高まります。
しかし、それに続いて暴落が起こり、
その日のうちに購入した投資家は敗者となる。

また、別の日には、
貴金属の価格が下落し、
投資家はさらなる損失を避けるために
在庫の金属を急いで売り、
その後、突然、価格が反転して少し上昇します。
しかし、流動性のない投資家は
その上昇の恩恵を受けることができない。
貴金属市場の本当の目的は、
人々を混乱させることなのだ。

・・・
<引用終り>_______________
この続きは、次回へ

■編集後記
通貨がリセットされて・・・とか
預金が封鎖されるから・・・など、
大衆を不安がらせて、金や銀、貴金属に
飛びつくように、仕掛けられて
気づいたときには
さほど、意味はなかった。。。とか
価値が暴落したとか
購入者の気持ちを「落胆」+操作詐欺
をしているようにも思います。
最近、不安を煽って、買わされている
かもしれませんから、
上記の観点から、
ご自分の判断で、購入する必要が
あると思います。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました