太陽が2つに見える!・・・アリストテレスの時代から有った。

日記


こんにちは、\イッカク です。/
今回は、幻日について、、、

幻日とは「ウィキペ」によれば。。。
<引用開始>_______________
通常、幻日は太陽から約22度離れた
太陽と同じ高度の位置に見える。
雲の中に六角板状の氷晶があり、
風が弱い場合、これらの氷晶は
落下の際の空気抵抗のため
地面に対してほぼ水平に浮かぶ。
この氷晶の1つの側面から
太陽光が入射し、1つ側面を挟んだ
別の側面から出る場合、
この2つの面は60度の角を成しているため、
氷晶は頂角60度のプリズムとしてはたらく。
この氷晶によって屈折された太陽光は、
太陽から約22度離れた位置から
やってくるように見えるものが最も強くなる。
このようにして見えるのが幻日である。
太陽高度が高い場合、
氷晶の中を斜めに光が通るために
プリズムの頂角が60度よりも大きくなった
ようにふるまい、太陽と幻日の角度は
22度よりも大きくなる。
太陽高度が61度よりも高い場合には、
氷晶の側面から光が出ようとしたときに
全反射されてしまうため、
幻日は見られない。
氷晶の並び方に
水平からのばらつきがある場合、
幻日の上下に光が広がって見える。
また、氷晶の屈折率は光の波長によって
異なるため、
幻日も虹のように色に分かれて見える。
幻日は太陽に近い側が赤色、
太陽から遠い側が紫色となっている。
氷晶がよく水平に揃っている場合には
幻日の光が強いために
確認するのは難しいが、
水平からのばらつきがある場合には
光が弱くなって確認しやすくなる。
雲を構成する六角板状の氷晶の一部が
水平となり、残りはランダムに
配列しているような時には
幻日と内暈と同時に現れることもある。
太陽高度が低い場合には内暈のうち
太陽と同じ高度の部分が強く光って
いるように見える。
太陽高度が高い場合には
幻日は内暈の外側に分離して見える。




アリストテレスMeteorology III.2、372a14)は、
「2つの模擬太陽が太陽とともに昇り、
日没まで1日中続いた」と述べています。
彼は、「モックサン」は常に横にあり、
決して上または下ではなく、
最も一般的には日の出または日没であり、
日中はめったにないと言います。

<引用終り>_______________
とのこと~。なるほどね~。

簡単にまとめると、
幻日は、太陽の片側または両側にある
光の「斑点」であり、虹の色をしていることもある。
通常、太陽に対して22度の角度で見られ、
氷の結晶でできている巻雲は、
一般的に空にあり、幻日を作り出す。
極地などの非常に冷たい空気では、
地面に近い空気に浮かぶ氷の結晶によって、
幻日やその他の種類のハローが作成される
可能性がある。
氷の結晶は、太陽からの光線を22度曲げ、
適切な種類の雲または氷の結晶が
眺めたときに太陽の両側にある場合は、
両側に幻日が表示される。。

ところが最近、、

以下、SNSからの映像ですが、、、
これは、幻日っぽいけど、22度以上の角度じゃ?。画像

こちらは、太陽の大きさがほぼ同じ、殆ど並行!
画像

コチラも殆ど同じ大きさの太陽。幻日では無いようだ。
画像

幻日として、扱われる画像にしては、、、

メインとなる
本当の太陽が、どちらなのか?

大きさは、ほぼ同じになってますし、高度も
22度とか関係なくバラバラのように観えますし、、、

実存しているかもしれません。

ただ、日常的に
確認できるわけではないですが、、、

【仮説】
仮説ですが、
実は太陽という存在はもともと2つ有って
一つは、三次元レベルで、
光、熱、などの周波数で放射される形で
約50億年前から存在し、地球や他の
惑星に光や熱やその他の放射物質を放っていた。
ところが、「太陽は一つである」という
固定観念で、太陽を観ている間は、一つであり
幻日現象もあるが、
そうではなく、三次元にとらわれない
形而上学の意識で太陽を観察した場合に
観ている者にとって、太陽は
2つに観えていた。
ということでは、無いだろうか?

つまり、観る側の「意識によって」観えてくる
存在があり、その例が、太陽であった。

いうなれば、これが、量子力学で言う
「観測者効果」というものなのかも。

いや、コレが観えはじまったのは、最近かも!
つまり、次元上昇に伴う
観測者効果が、あちこちから顕れはじまった。
そう、覚醒(意識が拡大変革した人間)が
はじまった人が、最初に観るSUNかも。。。

そして、驚くことに

<引用開始>_______________

sun 意味と語源

【古代ギリシャ語】㋝一緒に、共に、~の側に

◉ 語源解説

sem-(一緒に)が語源。

similis(似ている)と同じ語源をもつ。

<引用終り>_______________
古代ギリシャ人は、知っていたのかも、
太陽が、似ている存在と一緒に在る
ということを・・・

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました