【電磁パルス兵器】関連情報:「3.テスラのスカラー波技術の継続」マクスウェルの電磁スペクトルは、私たちの3D物理的現実よりも高く、識別できない微細なスカラー波が存在する超空間に入っています。

日記

こんにちは、\イッカク です。/

今回は、
https://nexusilluminati.blogspot.com/
2013/11/scalar-weapons-and-star-wars.html

に、最近、話題になってる電磁パルス関連の
情報がありましたので、
以下「3.テスラのスカラー波技術の継続」
から機械翻訳で置きます。
<引用開始>_______________
3.テスラのスカラー波技術の継続

ほとんどの西側の大学は、自由エネルギーと
反重力技術を停止する陰謀のために
テスラの仕事を無視します。
これは、これによって生み出される
大企業のためのお金の損失のためですが、
東ヨーロッパとロシアの大学は
それをカリキュラムに含めています。
そのため、
1960年頃にフルシチョフ大統領が
「ソビエトはいくつかの超兵器を持っていた」。

ロシア人が1977年にすべてのアメリカの
スペースシャトルと衛星を撃墜した後、
ロシアが米国上空を公然と飛行し、
捕獲されたナチスの科学者の専門知識で
開発された粒子ビームと
スカラービーム兵器を発射することによって、
米国は完全に彼らの慈悲に包まれました。
これに続いて、
米国でビーム兵器を開発するために
多大な努力が払われました。
FBIは、1943年に亡くなったと
言われてから数年間、
テスラのすべての科学論文を
保持していました。
ほとんどは、1960年代初頭に
米軍の標的を攻撃し、
アメリカ上空で気象工学を行っている
ロシア人と戦うためのものです。
米国は、オーストラリア、アラスカ、
プエルトリコ、グリーンランド、
ノルウェーなどの邪魔にならない場所で、
テスラ技術を使用して独自の
スカラー送信機を立ち上げました。

しかし、彼らはまた、モントーク、LI、
およびロスアラモス、NMで
粒子ビーム送信機を製造しました。
テスラ技術を最初に収容した
場所の1つであり、
したがってスカラー兵器は1968年に
建設され、1969年に運用された
西オーストラリアの
エクスマウス米海軍基地でした。
オーストラリアの中心部にある
別の米軍基地である
パインギャップは、1970年に
運用が開始され、
2つのスカラー送信機を備えた
別のサイトでした。

核物理学者でスカラー兵器の
専門家であるトム・ベアデンは、
米国はロシアのスカラーおよび
粒子ビーム攻撃の秘密を完全に
知らなかったと主張しているが、
秘密裏に米国はテスラ技術を
使用しただけでなく
独自の兵器を持っていた、
だけでなく、
エイリアンの同盟からも、
彼らは数千年先に高度な技術を
調達しました。
しかし、権力の立場で互いに
対立する異なる派閥のために、
異なる米国政府部門は別々に
調査しました。
(The SecretShadowGoverment。
AStructuralAnalysis by
Richard Boylan Ph.D.)

1つの派閥は、
1960年代に宇宙をタイムトラベルし、
空軍を褒め称え、
スターゲイトSG1シリーズのように、
スターゲイトを通じて
将来の戦争と戦うことでした。
「公式の」宇宙計画は、
衛星を軌道に乗せることさえ
できませんでしたが、
それについて嘘をつき、
月への航海は彼らが
進んでいるかのように見えました。
陰謀研究者によると、
これらの技術施設の多くの
背後には、戦争が終わる前に
すでに南極、月、火星に
植民地化していたほど
宇宙で物事を起こすことに
巧妙だった元ナチスの科学者が
いました!
ナチスの自家製UFO
エンジニアリング計画は
戦後ドイツで発見され、
アメリカ人、イギリス人、フランス人、
ロシア人がナチスの最高の科学的頭脳を
奪おうと急いでいました。

「UFO:ナチスの超兵器?」
という本によると
 MatternとFriedrichによる
(1950年代にドイツで書かれたが、
ドイツ人はそれを出版しなかったため、
1960年代にカナダでのみ出版された)
アメリカ人は
フランス人、イギリス人の怒りに
多くの「賞金」を
捕らえた最も賢い人でした
特にロシア人。
敵の偉大なアメリカ人の脳強盗は
非常に気が遠くなるようなもの
だったので、75,000以上の別々の
用語からなる航空機産業の
専門用語だけのために
特別な辞書を作らなければ
なりませんでした。

すべてのナットとボルト、モデル、図面、
プロトタイプを含むドイツの工場全体が
アメリカに出荷されましたが、
他の同盟国もそれほどではありませんでした
が、アメリカが質を上げたので、
ロシア人は量を増やしました。
この本は、1946年10月21日と22日に
(ソビエト占領下のドイツで)
ロシア人が重武装の軍隊を
彼らのベッドから275,000人の
ドイツの科学専門家とその妻と
すべての子供たちを送り出し、
ロシアの約40か所に
連れて行ったと主張している。
ドイツの工場が彼らを待っていて、
すべて解体され、
木枠に入れられました。
彼らは5年間の労働協約に
署名することを余儀なくされ、
ボルシチのスープ3杯と
パンのスライスを毎日24時間
働きました。
戦後ドイツに残された科学者は
ほとんどいなかったでしょう。
戦時中も南極と南アメリカへの
大規模な脱出がありました。
彼らが反重力研究などを秘密裏に
地下で行った場所。
ロシア人は彼らを航空機と
ジェット工学で40%働くように
設定しました。
航空機の設計で31%。
ラジオと電話で6.5%。
パイプラインで4.5%。
原子研究で2%、
テレビで1.5%。
http://www.bibliotecapleyades.net/ciencia/antigravityworldgrid/images/antigravitywg115.gif

<引用終り>_______________

■編集後記
ナチスの科学を没収したアメリカとソ連のなかで
第3章に「オーバーキャスト作戦」と
「ペーパークリップ作戦」が
書かれているので、ご参考までどうぞ。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました