【電磁パルス兵器】関連情報:「2.世紀前のビーム兵器」マクスウェルの電磁スペクトルは、私たちの3D物理的現実よりも高く、識別できない微細なスカラー波が存在する超空間に入っています。

日記


こんにちは、\イッカク です。/

今回は、
https://nexusilluminati.blogspot.com/
2013/11/scalar-weapons-and-star-wars.html

に、最近、話題になってる電磁パルス関連の
情報がありましたので、
以下「2.世紀前のビーム兵器」
から機械翻訳で置きます。
<引用開始>_______________

2.世紀前のビーム兵器

http://beforeitsnews.com/contributor/upload/5446/images/Tesla_02.jpg
テスラは米国政府に興味を示すことが
できませんでしたが。
彼のワイヤーフリーの
スカラーエネルギーで、
ロシア人とドイツ人は彼に
彼らのために働くように頼んだが、
彼は彼らを断った。
彼が「死ぬ」わずか2週間前に、
彼はすべての研究を若いアメリカの
物理学者に与えました。
テスラの発明は危険であり、
スカラー波とそれを使用して
地震を製造する方法を発見しただけでなく、
粒子ビーム兵器に例えられる
「デスレイ」を作成しました。
(粒子ビーム兵器は、1000マイルの距離で
レーザーを発射することができます。)

1943年に彼が亡くなった後、
FBIは、航空機を破壊できる
「デスレイ」兵器と
地震誘発機の計画を含む、
テスラの文書の多くの抑制に
積極的に関与しました。
敵の手。しかし、ドイツ人はまた、
第二次世界大戦中に
ビーム兵器を発明し、
それらを使用していました。
それらから(ウィリアム・クーパーによれば)
捕獲されたのは、低照準、
低周波数の音波を使用して、
2マイルの範囲で4インチの厚さの
装甲を粉砕することができる武器でした。

ドイツ人がスカラー波技術を持っていた
という証拠もあり、1939年にドイツで
UFOが墜落したため、
確かに反重力技術を持っていました。
彼らはそれをバックエンジニアリングし、
1940年までにドイツ全土の8つの施設に
UFOの艦隊を建設しました。 。
1946年にソビエト占領下で
多くのナチス科学者を捕らえた
ロシア人は、ドイツの科学者に
彼ら自身のUFOの艦隊を
建設することを強制し、
それを「コスモスフェレス」と呼び、
最終的には数百人を建設した。
ナチスの科学者たちはまた、
ロシアのスカラー送信機と
粒子ビーム兵器を製造しました。

テスラはまた、「惑星外」の人々と
頻繁に話し合ったと人々に語ったので、
おそらくこれが彼の発明の
インスピレーションの源でした。
テスラは彼のスカラー波を使用して
地震を発生させ、
ターゲットの近くにあるものでさえ、
ターゲットの建物を粉々に振動させました。
彼は彼の巨大なテスラコイル送信機で
同じ効果を生み出し、
スカラー波を地球のコアを通して
対蹠地に、そして彼の送信機サイトに
バウンスしていると主張しました。
わずか数馬力の非常に小さな
10kwの発電機エネルギー供給により、
彼の「拡大エネルギー送信機」
デバイスのコイル回路で
数百万馬力が共振することにより、
急速に蓄積が可能になりました。

人工雷のシートは、
回路からアース接地点に、
または球形の空中システムから
弧を描きます。
彼は何マイルにもわたって
すべてを電化し、
特に惑星の対蹠地(反対側)に
スカラーポテンシャル
(散乱しているが、
ハイパーペースからの粒子を利用)を
使用して火と炎を生成しました。
テスラは、彼の「デスレイズ」は
航空機に対して有用な数百マイルの範囲を
持っていると主張し、地球上の
どこへの大陸間距離にわたる
爆発的なEM送信によって
都市全体が壊滅する
可能性があると述べました。

ジェリーE.スミスの著書
「HAARP:陰謀の究極の武器」
によると、テスラは、
送信機が最大1000アンペアの電流で
1億ボルトの圧力を生成できると
主張しました。
これは、1,000億ワットの電力レベルです。
それは電波によって
核弾頭のエネルギーを
投射することができ、
世界のどの場所でも
光速で気化することができます。
1908年6月30日の
シベリアでのツングースカ大爆発
(隕石がクレーターを離れたため、
まだ説明されていない)は、
この送信機が地球を介して
対蹠地を攻撃したテストによるもの
であると言う人もいます。
スミスによれば、
テスラの武器が一度テストされた
という証拠があります。
Tunguskaでの爆発の力は、
10〜15メガトンのTNTであると
推定され、OliverNichelsonは
Teslaのデバイスが
提供できると計算しました。

1907年と1908年に、テスラは
この機械の破壊的な影響について書き、
9年後に再び
「…やむを得ない場合、
[送信機]は財産と生命を破壊するために
使用される可能性がある」と書いた。
テスラが送信機を持っていた
ロングアイランドのショアハムと同じ
大きな円線上にある
トゥングスカは、ポールで氷を
砕こうとしていた可能性があり、
ターゲットをオーバーシュートした
可能性があると考えられています。
ツングースカ爆発が彼の実験と
同じ日にあった場合、
テスラはそれを公に認めたことはありません。
ハリー・メイソンは、
1938年の報道によると、
テスラの殺人光線は、
直径がわずか1億分の1メートルの
新しい形の光線波で、
5000万ボルトを使用し、
大きな反発を生み出す可能性のある
まったく新しい物理学の力の原理に
基づいていたと述べています。

ハリーメイソンによると、
別の「デスレイ」を発明した
オーストラリア人は、
1937年にイギリスで
心臓から撃たれたのが発見されました。
白熱への表面。
スカラー波は、原子核に
大きな反発力を生み出し、
外側の電子殻を迂回して、
原子核の構成要素を直接操作または
妨害する可能性があります。
米国での私的な研究によると、
スカラー波は光速に制限されていないため、
ゼロから無限大までの任意の速度で、
超空間である
非線形の時間次元で動作します。
<引用終り>_______________

■編集後記
ここで、スカラーというものが
何を意味しているのか、
概要を説明した動画があります。
■スカラーとベクトル

■ベクトル値関数とスカラー場、ベクトル場

■ニコラ・テスラとジョン・ハッチソン

必ず、電磁気関係の行き着くところは
「テスラ」です。

3万人以上体験した美容アンチエイジング
遠隔気功師のまさワークスのブログ
さまより


神の杖と言われているようです。
これは、テスラの原理が使われて
いるかも知れません。

いくら、核爆弾ミサイルが多くても
敵基地で発射寸前に敵基地で
核自爆となる

ということをこの動画では
教えてくれています。

 
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました