その2【高市早苗氏の防衛戦術論について】米国には、すでに電子機器を「揚げる」ことができるマイクロ波ミサイルがあります。

高市早苗

こんにちは、\イッカク です。/ 前の記事の続きです。。。

それは
https://www.nbcnews.com/news/north-korea/
microwave-weapon-could-fry-north-korean
-missile-controls-say-experts-n825361

より、以下日本語へ自動翻訳で引用します。
<引用開始>_______________

専門家によると、
マイクロ波兵器は北朝鮮の
ミサイル制御を
炒める可能性がある

米国には、北朝鮮のミサイルと
制御システムの電子機器を揚げることが
できるマイクロ波ミサイルがあります。
画像:CHAMPミサイル

CHAMPミサイル、
Counter-electronics High Power
Microwave Advanced MissileProjectの略。
700マイルの範囲のミサイルは、
低高度で敵の空域に飛んで、
ターゲットに近づき、
電子システムを無効にするために
マイクロ波エネルギーの一連の
鋭いパルスを放出することができます。
国防総省/ NBCニュース

 

米国は、北朝鮮が電子機器を
揚げることによってミサイルを
発射するのを阻止できると
支持者が信じている
マイクロ波兵器を持っている。

直接の知識を持つ2人の米国当局者によると、
武器は北朝鮮に関連した
8月のホワイトハウス会議で議論された。

米国はミサイルを止めることが できる武器のテストに成功しました

2017年12月5日02:17

 

CHAMPとして知られるマイクロ波兵器は、
空中発射巡航ミサイルに搭載され、
B-52爆撃機から発射されます。
700マイルの範囲で、
彼らは低高度で敵の空域に飛んで、
電子システムを無効にするために
マイクロ波エネルギーの
鋭いパルスを放出することができます。

 

「これらの強力なマイクロ波信号は、
電子回路を破壊し、
場合によっては無効にするのに
非常に効果的です」
と、アルバカーキの空軍研究所で
武器の開発を率いる
メアリー・ルー・ロビンソンは
NBCニュースとの独占インタビューで述べました。

画像:CHAMPミサイル
CHAMPミサイル、
Counter-electronics High Power Microwave
Advanced MissileProjectの略。
700マイルの範囲のミサイルは、
低高度で敵の空域に飛んで、
ターゲットに近づき、
電子システムを無効にするために
マイクロ波エネルギーの一連の鋭い
パルスを放出することができます。
NBCニュース

支持者たちは、ミサイル自体の地上管制と
回路を標的にすることで、
北朝鮮がミサイルを発射するのを
阻止するために使用できると
述べている。
武器は現在使用できません。

高出力マイクロ波(HPM)兵器は
どのように機能しますか?

DN.Mのマーティンハインリッチ
上院議員は、次のように述べています。
「あなたはそれがどれほど
ひどいことになるか知っていますか?
誰かの電子機器に
それらのマイクロ波を向けることを
想像してください。」

武装サービス委員会のメンバーである
ハインリッヒ上院議員は、
アルバカーキの空軍研究所で
エンジニアとしてのキャリアを開始しました。

強力なマイクロ波兵器は どのように機能しますか?

2017年12月5日01:24

 
「コマンドアンドコントロールセンターは、
高出力マイクロ波に対して非常に脆弱な
電子インフラストラクチャで
満たされています」とret氏は述べています。
アフガニスタンとイラクで空中戦を行い、
空軍諜報部長として引退した
デビッド・デプトゥラ中将。

空軍と他の政府機関は、
20年以上にわたってマイクロ波の
兵器化に取り組んできました。
地上ではさまざまなエミッターが使用されています。
アフガニスタンとイラクでは、
即席爆発装置(IED)と小型ドローンを
無効にするために使用されています。

しかし、高出力マイクロ波を
戦略的兵器に変えることは、
エミッターのサイズと重量を減らし、
マイクロ波パルスを駆動するのに
十分なオンボード電源と一致させる
必要があるために遅くなりました。

空軍研究所は、
2009年4月にCounter-electronics High Power
Microwave Advanced Missile Projectの略である
CHAMPの作業を開始しました。
研究所は、ボーイング製の空中発射巡航ミサイルの
非核バージョンにHPMエミッターを取り付けました。

画像:空軍研究所のメアリー・ルー・ロビンソンがCHAMPミサイルについて説明しています。
空軍研究所のメアリー・ルー・ロビンソンが
CHAMPミサイルについて説明します。
NBCニュース

空軍の文書によると、2012年10月までに、
CHAMPは運用テストの準備が整いました。
B-52爆撃機が、デラウェアよりも広い
2,500平方マイルのテストエリアである
ユタテストアンドトレーニングレンジに
ミサイルを発射しました。
モックアップされた建物には、
考えられる敵の能力をシミュレートする
通信システムとコンピューターシステムが
装備されていました。

NBCニュースが入手した内部CHAMP
予算文書によると、ターゲットの多くは、
イランと北朝鮮で見つかった
「代表的な大量破壊兵器製造装置」
に関係していました。

ボーイング社のCHAMPプログラム
マネージャーであるキース・コールマン氏は、
テスト後、
「それは私たちが得ることができる限り
本物に近かった」と語った。

「それは私たちがやろうと思っていた通りに
絶対にやった」とロビンソンは言った。
「これらの施設にはいくつかの異なる
ターゲットクラスがあり、
ほぼ100%の精度で、
どのシステムが影響を受けるのか、
どのシステムが失敗するのか、
そしてどのように失敗するのかを
予測しました。」

ペンタゴンによって
これまでに機密解除された唯一の
2012年のテストに続いて、
マイクロ波技術を
進歩させるための追加のテストと
さまざまな実験が行われました。
新しい電源が組み込まれ、
マイクロ波兵器が空軍が
「スーパーチャンプ」と
呼ぶものに変わりました。

2016年12月の空軍研究所の
文書によると、
低空飛行のミサイルは
「争われている地域に飛んで、
敵の電子システムを無効に
することができる」ようになりました。

(中略)

ロビンソンは、
HPM兵器が機能することを
彼女の心の中で
「疑いの余地はない」と述べた。

高出力のマイクロ波兵器は
実際に北朝鮮に対して
使用できるのでしょうか?

デプチュラ氏は、
米国が北朝鮮の発射台で
弾道ミサイルを無効にするために
HPMを使用できると信じており、
北朝鮮のシナリオで
マイクロ波兵器を使用することには
多くの利点があると述べた。

彼らはすべての天候で機能し、
韓国の気候に役立つデプチュラ氏は、
「彼らは光速で採用されています。
望ましい効果を達成するという点で、
それよりもはるかに
速くなることはできません」
と述べています。

ロビンソン氏によると、
主な運用上の制約は、
CHAMPエミッターからの
マイクロ波が「それほど遠くない」
ということです。

画像:CHAMPミサイル
CHAMPミサイル、
Counter-electronics High Power Microwave
Advanced MissileProjectの略。
700マイルの範囲のミサイルは、
低高度で敵の空域に飛んで、
ターゲットに近づき、電子システムを無効にするために
マイクロ波エネルギーの一連の鋭いパルスを
放出することができます。
NBCニュース

ロビンソン氏は、ミサイルや
ランチャーの電子機器を無効にするには、
CHAMPをターゲットに
「近づける」必要があると述べた。
どれだけ近いかは分類されますが、
「それは数十フィートではありません」
とロビンソンは言いました。

ハインリッヒ上院議員は、
この武器を使用する際の課題は
「技術的ではなく精神的である。
あなたはこれらのことを
完成させるために何年も費やし、
国防総省の傾向はしばしば何かを
完成させようとする傾向がある。
私の傾向はこう言うことだ」
と述べた。ねえ、私たちは本当に
うまくいくものを持っています。
それらを持って、
制服を着た私たちの男性と女性の手に
渡しましょう。」

Deptulaは、
爆発物とは対照的に
マイクロ波を使用することの違いの1つは、
影響を評価することであると
付け加えています
—それらが引き起こす
破壊は目に見えません。

しかし、デプチュラ氏は、
「写真を使用した従来の戦闘
ダメージ評価を超えた
効果を達成したかどうかを
判断する手段がある」と述べた。

2016年2月に、
航空戦闘軍団のチーフである
ハーバート “ホーク”カーライル将軍
多くの高出力マイクロ波ユニットが
「不測の事態に使用するための武器」
として保管されていると述べました。

ロビンソン氏は、
ミサイルを運用可能にするためには
「少し時間がかかるだろう」と述べた。
現在の計画と能力を知っている2人の
空軍当局者は、
CHAMPはすぐに、
おそらく数日以内に使用できるように
なる可能性があると述べています。

ホワイトハウスはコメントを控えた。

<引用終り>_______________

以上のことが、情報として、日本の市民も
持っていれば、
バカな煽動記事に騙されることは、無いのです。

固定観念でモノゴト(今回は、地球上地政学)を
判断していませんか?

少なくとも、高市議員は、情報の入手先は
どこかは、不明ですが、間違いなく
この最先端の情報を踏まえて
日本の防衛を考えておられるということです。
たぶん、現在は、当たり前に
CHAMPは、、
1.ステルス性
2.攻撃目標までの飛行距離:北京は勿論
3.よりピンポイント性

などが向上していると想定されます。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました