【自民党総裁選挙】河野太郎氏・・・もし、総理大臣になってしまえば!


こんにちは、\イッカク です。/

世の中、スグに数値化できない部分が、意外と
重要な部分であったり
本質的な要素が隠れていたりする
ところが、あると思います。

さて、昔、事業仕分けが「民主党」によって
行なわれましたが、
裏で糸を握っていたのが、財務省。
「予算を削ることができる。」ということを
してみせた。
改革担当大臣の時に
河野太郎氏は「財務省」に踊らされていたようです。

なにせ、プライマリーバランスを「ゼロ」にする
均衡ばかりを気にして、
結果して、庶民層の経世済民を「縮小・凍結」する
国家財政の考え方を「家計簿」のように
考えていたんですから!
(今になってみると国民経済を良くするどころか
方向が真逆です!)

要するに、
財政赤字を問題視するのか?
それとも、
国民の生活が危ういことを問題視するのか?
ということの視点の違いです。

もし、今回の総裁選で、河野太郎氏が
自民党総裁になり、
総理大臣にもなれば、
「かならず、グローバルな政策をやります」
・緊縮財政・・・国防費の削減
・小さな政府
・移民歓迎
・小手先改革で自慢し、政治を自己主張の道具化
など、日本人や日本国無くなる方向です!

■河野太郎氏は最低最悪の総理になる?(藤井聡×室伏謙一)

■編集後記
私達国民は、主要メディアからしか
情報が得られないように
習慣化されていますから(特に高齢者)
河野太郎氏の「やった」感が
報道や紙上に載るんです。。。
詳しくは、、、三橋TVチャンネルで
三橋さんが述べてますので以下置きます。

なので、グローバリズムメディアや
グローバリスト(特に日本の政治家は、、
殆どが、媚中議員か中共の工作員)
に囲まれてしまっています。

だからといって、
日本人としての正義は、失われてはおりません。

それは、現在、主要メディアから
蚊帳の外のように、無理に
扱われているのです。

それが、高市早苗氏でしょう。

彼女しか、この日本の政治を変える人は
いないのでは?

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました