【高市早苗氏】総裁選出馬を決意した理由(わけ)とは?

高市早苗


こんにちは、\イッカク です。/

渦中の自民党総裁選ですが、
ぶっちゃけ、
「総裁のイス」が目当てなのか?
それとも
「日本人や日本を良くしよう」と
したいのか?
で、大きく変わってくる。

良し悪しの区別はつけずに
云えば、
総理大臣になる「器」の人間は
ギラギラと「欲望」でイスを
狙ってる男たちの集団にはいない。

それが、今回の渦中の総裁選で
観えてきた。

欲望の狼たちは
国民に対する「リップサービス」をしては
中身のない話に終始し、
格好だけを取り繕い、
何の脈絡も無く、派閥同士で
ポストを探り合い、
政治そのものに対する戦略も無く
独自の政策軸も持たない!

いい加減な立候補者ばかりである。

そこへいくと、高市議員は
自民党総裁になった場合の政策と
根拠をもっていた。

■高市早苗前・総務大臣登場 私が総裁選出馬を決意した理由(わけ) [三橋TV第434回] 高市早苗・三橋貴明・高家望愛

■編集後記
高市氏の掲げる政策の目玉は
「プライマリーバランス黒字化の凍結」ですね。
これで、インフレ率2%まで、凍結ですから
サナエノミクスの3本の矢にあたる
「国債」を発行し自国通貨で政策を推し進める
まさに、経世済民につながるものですね。

そして、
やはり、日本人としては、和多志も危機感を
感じています。

領土、領海、領空、資源を是非に
総理大臣が率先して、指揮を取り
守らねばならないのです!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました