【菅 岸田 高市】3候補で誰がベスト?自民総裁選をランチェスター戦略&マトリクス分析で、強引に分析!・・・高市氏の存在は自民党を超えたゲームチェンジャーになる可能性あり!!

高市早苗


こんにちは、\イッカク です。/

今朝は、タイトルにあるように
自民党総裁選について、
ランチェスター戦略と
マトリックス分析
を行った方がおられたので
以下置きます。

■編集後記
思いも寄らないところがあって(盲点です)
その部分を見つけたら
果敢に攻め込んでいく
というのが、「奇襲」ですよね。
ランチェスター戦略で云えば、
「桶狭間の戦い」を思い出してみてください。
差別化・集中・nO.1


今川義元が負けた原因は、、、
「慢心」によって、陣の戦力を緩め、
奇襲に備えなかったことです。
慢心
これまで、自民党総裁は男性議員の戦いであるとして、
土俵を固めていた。
これが敗因となるかも。。。

今回も、選挙は「勝たなくては!」と
全面に出して
騒いでいるジジイ議員どもを尻目に
「日本人と日本国を守る」という、わかりやすい
一点集中の戦略で一気に奇襲をかけてきた
「女性議員」の存在は
インパクトが強いのではないだろうか?

それにしても、
意外とだれもが、明確に認識してなかった
土俵だったと感じました。。

これは、もう「新生高市」議員という感じです。

新生高市氏はゲームチェンジャーになる存在であり
インパクトの手応えは十分にあると思います。
しかも、新人が彗星スターのように
現れたわけではなく、長年の政治信念による
自分なりの政策軸を持って
貫いてきた結果が、このような形で
彼女に「福」を舞い込ませようと
展開を始めたのです。。。
考えれば、考えるほど、新生高市氏の裏に
ヒクサーがいるのだとすれば、
かなり知的で気品のある存在を
感じます。


もうこの時点から、頭角を感じさせています。


日本の守りと発展のためのあらゆる
方向の知見が磨かれていたんですね。。

国際政治も含めた日本の国の制度づくりに
早いうちから国会議員になる決意の元に
現在までブレすに活動されていたんですね。

最近のコレ!
【必見です】
緊急提言!
令和の日本再生大戦略 
ゲスト:高市早苗
アフターコロナに
予想される各国の覇権争い
… コロナ禍の今だからこそ 長期的な“戦略”が
求められている!
三位一体の”再生大戦略”を 緊急提言!
キーワードはプライマリーバランスと
消費税凍結
戦略その1は“デフレ脱却!” 
政府がとるべき財政政策とは?

戦略その2は“公益資本主義”! 
株主資本主義の限界と問題点を徹底議論

戦略その3は“アジア安保ハブ構想”! 
中国を意識した日米関係の変化とは?
対談ゲストは高市早苗前総務相!

今の日本をどう作っていくのか?
長期的視点で見ているのも 高市氏のようですね。。。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました