覚醒の黄金時代がやって来る(1)・・・【NESARA/GESARA】


こんにちは、\イッカク です。/

タイトルにあるように
NESARA/GESARAのお話です。
今回は、これについて
何回となく、以前から記事を
お読みいただいている読者は
おさらいになるかと思います。

引用の引用の引用で、以下置きます。

ソース:http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/archive2.cgi?read=56276

和多志は、「ふうこのドイツ de マンガ Kalligrafie」さまから
以下置きます。
<引用開始>_______________

エド氏 : NESARA/GESARA

テーマ:
 
 

もう一度読んで感動しましたドキドキ

 

「いずれにしても、

裏で多くのことが知られ、
厳しい真実が世界経済、地球のエネルギー分野、

その他の根っからの情報について表面化しており、

NESARAの発表につながることは確かです。

 

あなたの時代が来ました。」

 

 

 

2021年09月05日

以下の記事は2016年のエド氏の興味深い記事です。

多くの方たちはすでにNESARA/GESARAに関して読んだことがあるでしょうが、

一部の興味ある方々は読み直してみたいと思うでしょう。

 

image
 

投稿者:エド氏

日時:2016年9月11日(日)02:41:46 

www.rumormill.news56276

 

国家経済安全保障改革法は、
発表·活性化を目前にした
世界的な繁栄プログラムです。

 

このプログラムは、
1クワットまたは10億ドル(40ゼロ)を
はるかに上回る配信可能な

貴金属によって支えられています。

 

このお金はすべての企業や
銀行カルテルの購入に使われます。

 

また、NESARAは、
世界中の個人債務、企業債務、
国家債務をすべてゼロにします

(永久に帳消しにします)。

 

当初は2000年にNESARAマネーが
発売される予定でしたが、
ブッシュ·ホワイトハウスと

その銀行共謀者は、
全ての主流メディアに対する
企業の汎世界的な支配を通じて

支出を阻止し、NESARAの存在に関する
ほとんどすべての知識は抑圧されました。

 

しかし、このゴールデン·ジュビリーの年
(2015年9月-2016年9月)に、NESARAの

グローバル繁栄計画が公表されると、
人類文明はあらゆる面で永続的に変化するでしょう。

 

80億人の全人口がNESARAの
恩恵を受けることになります。 

そしてついに地球は豊かな惑星として自由に体験できるようになるでしょう。

 

流通している全ての人間の通貨を支えるのに十分な金があることを知っている人は

ほとんどいません 。

つまり資源さえあれば誰もが借金することなく即座に億万長者になれるのです。

 

 

NESARAは人類のために蓄えられた金の資源を地球上の人類と公平に共有することです。

 

NESARAは、世界中の慈悲深い銀行システムと運営者に、一貫して、通貨の平等を

実現させることを目指しています。

 

NESARAの富の再分配プログラムの手の届かないところにいる人は

地球上のどこにもいません。 

地球上のどの個人や組織も一旦NESARAが始まったら

それを止めることはできないでしょう。

 

世界中の違法な銀行業務や政府の汚職により、

クレジットカード、住宅ローン、その他の銀行債務は全て帳消しとなります。

 

所得税についても、NESARAにおいては個人課税が金銭的に不要となるため、

廃止となります。

 

重要でない新規品目に対する14%の定額税は、

NESARA以降のすべての国政府に持続可能な収入源を提供します。

 

NESAARA以降の高齢者や子どもへの給付が増加します。

 

米国では、法制度のあらゆるレベルで憲法への回帰があります。

 

アメリカ合衆国大統領及び副大統領は、NESAARAにおける現任期満了前に、

直ちに退任することになります。

 

国会議員全員がカバルのハンドラーと共にそうです 。

すべて、憲法で認められているNESARAの大統領および副大統領候補者

(ジョセフ·ダンフォード将軍やカーター·ハム将軍など(注:これは2016年でした…..

現在ではフリン将軍のようです……))に置き換えられます。

 

恩赦と引き換えにドナルド·トランプはカバル、特にクリントン財団とオバマ政権の陰謀を

一時的に暴露することを許されています。

 

NESARAの発表から120日以内に、新しい大統領選挙と議会選挙があります。

 

これらの選挙は,

特別利益団体や秘密シンジケートによる有権者の不正行為その他の違法行為を防止するため,注意深く監視される予定です。

 

金、銀、その他の貴金属を中心とした新しい米財務省通貨が登場します。 

また、憲法に則って、新たな米国財務省銀行制度がスタートすることということです。

 

連邦準備制度理事会(FRB)は、移行後1年で廃止となります。

 

また、個人の金融、医療、インターネットのプライバシーも回復します。

 

すべての裁判官と弁護士は憲法で再訓練されるか、解雇されます。

 

世界中の米国政府の積極的な軍事行動はすべて停止し、世界平和が確立されます。

 

農民の債権は、まず、各農家に対して30万ドル(住宅ローン、クレジットカード、ローンを

含む)の即時債務免除を含む和解金として支払われます。

 

同様の改革は、GESARA(Global Economic Security and Revolution Act)の一環として、

世界各国で実施されます。

 

人道的プロジェクトや雇用創出のために莫大な資金が投入されます。

 

21歳以上のすべてのアメリカ市民(注:これは

子供を含む世界中の人口にも……)は12年間毎月10万ドルを受け取ることになります。

 

無料のエネルギー機器,汚染浄化装置,音波治療機などの抑制された技術が

誰(だれ)にも無料で公開されます。

 

「NESARA」という正確な用語は、

当初は繁栄、人道、インフラ、通貨のリファイナンスという世界的な

パッケージを公の場で説明するためには使用されないかもしれませんが

最終的には一般的な用語になるでしょう。

 

2000年以降10年半以上が経過し、欧米諸国の生活の腐敗した悪化が

目に見えて深刻化している中で、

必要な改革の「NESARA」の側面は、アジアをはじめとする多くの

金融·組織救済イニシアティブに組み込まれなければなりません。

 BRICSが主導権を握っています。

 

また、いくつかのVEもあります。

また、何世紀にもわたるホワイトハウスの腐敗に関する非常に歴史的な情報の一部が、

米国によるNESARA改革の阻止解除と交差し、公表されることになるでしょう。

 

バチカンは、2007年から2008年にかけての世界的な金融危機以降、

NESARAの封鎖に関わる多くの裏工作に中心的に関与してきました。

 

2008年4月,当時のローマ教皇ヨセフ·ラッツィンガー(ローマ教皇ベネディクト16世)は,

ネサラ繁栄基金の大規模なトランシェを主張する試みに失敗しました。 

彼は親しい同僚に,「小さな人々はこのお金をきちんと扱うことができず,

教会にしかできない。」と話したと報じられた。

 

ラッツィンガーの大胆な金もうけはハーグの世界裁判所で

解決しなければなりませんでした。

これがより深刻な遅延の原因でした

 

2008年4月17日木曜日にワシントンで行われたある団体の演説で法王は言いました

「農民がこの金を手に入れると思ったら別のことが起こるのです。 

そんなことは絶対に起こりません。」

 

彼は2兆ドルのことではなく、

グローバル·プロスペクタンス·ファンドや、グローバル·エコノミック·セキュリティと

改革法の頭文字であるGESARAのことを言っていました。 

したがって、

プログラムとして、GESARA/NESARAはいくつかの観点から見ることができます。

 

精神的に導かれた金融プログラムとして、それは昇天した達人の仕事にさかのぼります。 この作業は15世紀に始まり、移行期の現在の世界に新しい経済システムを

提供することを目的としています。

これは、グローバル担保アカウントまたは

ワールドトラストの始まりであることがよく知られています。

 

しかし、GESARA/NESARAのルーツは、最高裁判所が

1980年代に違法と判断した農業財産に対する危険な差し押さえに

対応することにあります。

 

これらの慣行の見直しの過程で、裁判所はさらに、

他の多くの現代の銀行、税制、ガバナンスの取決めも違憲であるとの判決を下しました。

 

立法上のイニシアチブとして、国家経済保障改革法からその名を取り、

2000年に議会で可決されました。

 

NESARAは2001年9月11日午前10時に公表される予定でしたが,

その歴史的瞬間を防ぐため,

午前8時に世界貿易センターの建物を爆破することを決定しました。

 

これらのダークエネルギーの力は

今でもNESARAの意識さえ妨げようと必死に戦っています。

ましてやNESAARAの実施は遅々として進まないのです。

この時点で発表やRVはさらに遅れています。

 

しかし,法の支配により,

NESARAは今こそ制定され,その広範な規定は自由に人類に支払われるべきです。

 

この邪悪なカバルカルテルはいくつかの手段によって一時的に遅延を達成することに

成功したことは確かです。

例えば、遅滞なく条項を開始することに賛成する有力者や、

この目的のために積極的に活動している他の人々の暗殺、軽労働者の家族や

軽労働者自身に対する死の脅威、二重スパイです。

軽労働者の階級であり、絶え間ない第三者によるテロ攻撃です。

 

米国愛国者法は

2001年9月11日のNESARA反対運動の一環としてアメリカ国民に対する恐怖の

レバレッジとしてより野蛮で違法な抑圧戦術を生み出しました。

 

ありがたいことに、この抑圧はもうありません。

 

興味深いことに、新しい米財務省通貨を支援するための金はWTCビル7に保管され、

フォックス攻撃中にカバルに盗まれたことがあります。

 WTCビル7は同時多発テロ以前のNESARA作戦の中心地でもあり、

盗難が完了した後、最終的に破壊されました。

そのため、攻撃を受けずに落下することができたのです。

 

可能な限り広い角度から見ると

NESARAは精神的にインスピレーションを受け神の導きを受けた装置です。

 

NESARAは銀河系にヒントを得たアメリカ政府の法律の中核です。

それは銀河系コンソーシアムによって奨励され地球上の多くの精神的存在と共に

地球上の平和繁栄調和の時代を導く法的枠組みを作ろうとする政府の支援を受けて

設計されました。

 

NESARAは本質的には政治的にも経済的にも優れていると考える人もいれば、

高いレベルの光がNESARAに付随していることから、

NESARAは霊的であると考える人もいます。 NESARAは両方です。

 

いつでもです。 

人々は、貧困な生活環境、医療と教育の欠如、天然資源の独占、奴隷労働、

不当な法律と裁判所、飢餓、そして圧政を助長する政治的·経済的状況によって

厳しく抑圧されています。

 

それらは、「食糧」を提供するだけでは不十分です。 何かをする必要があります。

しかしもし人々が単に生存の必要性にとらわれていて

霊的なメッセージだけを与えても不幸から立ち直るために必要な世界的な改革は

もたらされません。

銀河や精神的な助けなしでは抜け出せないという難問に陥っているのです。

 

だからこそ、NESARAの規定は、

歴史的な法律が正式に発表され、施行されるとすぐに始まる、惑星地球の

全面的な改革を具体化するものであるのです。

 

これらの改革を意識すると、事前に割り当てられた制限ではなく、

最大の能力に応じて参加する意欲が生まれます。

 

地球上にまだ存在する他のあらゆる極性のようにネサラは何千年もの間

人類を支配するためにカバルが使う暗いエネルギーに対して極端な立場にあります

 

NESARAはアセンション前の過渡期に貧困とその付随する病気を地球から全て消し去り、

地球の主権者が再び地球の変化に精神的な注意を向けることを目的としています。

 

NESARAの変更は、

そのために課されるものではなく、人類の安らぎと保護を取り戻すという我々の計画の

一部であり、人類の経験を新たな高みに引き上げ、

持続可能な平和、喜び、幸福をもたらすものです。

 

NESARAに従って、あなたは正しい精神状態で

アセンションの準備に専念することができます。

それは人類の究極の目的です。

 

究極的にはこの地球はお金の使い方から遠ざかる運命にあり人類は

共有に基づく社会にお金の居場所がない段階に達します。

 

地球の新黄金期においては、お金から物々交換制度へと移行する傾向があります。

魂の光の強さは、国家間のサービス報酬や商業行為の手段を個人間と同様に

満足させることになるでしょう。

 

また、暗黒エネルギーが完全に消滅するまでは、

NESARAを実施する意味がなかったとも言われています。

 そうでなければ解放後もカバルは政府に対する支配力を利用して人々の資金を

奪い続けるでしょう

 

だからこそダークエネルギーの力はあらゆる組織において

最高の権力を持ち続けようとするのです。 

彼らの触手は政府、銀行、メディア、宗教、多国籍企業、王室、教育、医療、医薬品、法律、司法制度の最高レベルにまで及んでいますが、

絶対的な支配下では人類に影響を与えることはできません。

 

地球上で影響力のある自然は

今やカバルの支配下にある種族の支配下にあるので 考えてみてください!

<引用終り>_______________
以下、 覚醒の黄金時代がやって来る(2)へ続きます。

日記
omezame17をフォローする
自分を高める学び研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました