【目覚めよ日本人】本当の終戦は1952年だった・・・1945年から7年間は、GHQによる日本人精神破壊工作であった!・・・これはアングロ・サクソン文明の支配者らが「恐れ」から起こしたもの!・・・現在も続いている日本人殲滅計画!!!


こんにちは、\イッカク です。/

今回は、伊比裕一郎さんの動画から
「本当の終戦は1952年だった。
日本人の精神性を恐れたアメリカは
様々な政策を行い、日本人を
弱体化させていった。」
という話を以下置きます。
■【再UP】目覚めよ日本人 vol.14
「本当の終戦は1952年だった。・・・

■編集後記
伊比裕一郎氏の動画は、いつも
西洋社会(アングロ・サクソン)の
鼻をへし折ってくれて
気持ちが「すっきり」。
そして、話の内容が
腑に落ちていく。
たしかに、ガイアの法則の通りに
文明が移動しているように見えます。
「1611年ごとに文明拠点が東西に
 経度22.5°ずつ移動していく」
■【ガイアの法則】次世代文明の中心地は日本の◯◯である!
超古代文明から続く奇跡の法則
https://youtu.be/YGIiIhIE3KE?t=273
ここから、宇宙は一つの原理・原則で
構成されているということになり、
「中心・軸」や「調和」が
働いているということにつながります。
つまり、自己の意識は現実をつくるのであるという
コトになってくるのだと思います。
■【0フォースを読んで】千賀一生さん、
「波動の法則」の足立育郎さんに共通する宇宙原理とは?


上記の動画では、
今を生きるということですね。
な~~~んとなくですが、和多志は
縄文文化、いや、「縄文文明」を
意識してしまいます。
縄文文明は、決して
1.戦争は無く
2.みんなが同じ存在で共生
3.支配者は無く、すべて、ありがとうの世界だった。。。

■ありがとう地球

では、また。

 


スポンサーリンク

千賀一生

足立育朗

コメント

タイトルとURLをコピーしました