【原田義昭議員】週刊誌の「誹謗中傷と選挙妨害」に厳しく抗議する!


こんにちは、\イッカク です。/

深田萌絵氏への支援を約した
原田義昭議員にまつわる
誹謗中傷などについて、
今回、以下置きます。

FBより、原田議員のコメント
<引用開始>_______________
中国の日本侵略と「スパイ防止法」の
必要性について、「深田萌絵」研修会にて
    戸籍にまで侵入して(背乗り)、
日本への侵略拠点化を図る中国共産党の
産業戦略に対して、日本でも早急に
「スパイ防止法」の立法化が不可欠との訴えが、
「深田萌絵(もえ)」さんの研修会で
取り上げられた。
題して「中共の日本浸透と言論弾圧」。
    深田さんはITビジネスアナリストとして、
半導体、インターネット業界に
鋭い切り込みをされ、
日本の先端産業の現状に強い危機感を示し、
youtubeやSNSなど最新の通信手法を駆使して、
若い人々への働きかけも
カリスマ的影響力である。
私も政治行政の最先端にいる者として、
大いに反省、自ら遅れた部分を早急に改善して、
選挙を超えた次の会期では
本格的に対応すると約束しました。

<引用終り>_______________
とのこと。
そして、原田議員への誹謗中傷について
<引用開始>_______________

8月13日 21:44 
週刊誌の「誹謗中傷と選挙妨害」に厳しく抗議する
     週刊誌Friday(「フライデー」)
(8月20ー27日号)が私のことについて、
悪質な誹謗中傷記事を書いた。
私はその行為に激しく抗議し、
状況によっては司法告訴をも辞さじの覚悟である。
     健康雑貨販売会社
(「ジェイコスメ」社)は広く一般の消費者の
購買と出資を誘引してきたが、
数年前事業は破綻し、
複数の出資家との間で債務不履行、
損害の発生等の事件を引き起こしてきた。
私はこの社と親交を持ち、
ある時期はその顧問弁護士を務めていた。
記事によれば、
私がこの社の「宣伝塔」であって、
出資の際の動機となったこと、
ゆえに私(原田)に賠償責任があるかの
印象づけをしている。
また私の政治活動と絡ませ
悪質な選挙妨害にも及んでいる。
     およそ政治家、議員たるもの、
企業などの招きのあった会合、
催しには喜んで出かけて、
その企業への祝辞などを述べることは
極く普通であって、
私は同社を含めて東京、福岡を中心に
何十の企業と関わりを持つ。
それら企業がその後に起こす
刑事民事の法的問題に対して、
「宣伝塔」になったとして責任を
問われることは絶対にない、
何らの因果関係がないからである。
     合わせてこの記事には
私の選挙を害そうとする選挙妨害の
ニュアンスも色濃い。
私はもちろん政治家として
十分の注意力をもって行動しているが、
十分でないこともあろう、
ただ選挙目前のこの時期に
私に無関係の案件を、
わざわざ名前を大書して取り上げる
合理性は全くない。
今回この記事の制作、広報の経緯、
動機など公職選挙法や刑法
(名誉毀損、業務妨害など)などに
違反してないかを真剣に
検討しなければならないと思う。
必要とあらば、
司法手続きも辞さないというのが
本音である。
      ご支援の皆様に、
このようなことでご心筋煩わせることは
全く心外なことで、私も今後一層身を律して
政治家の使命を達成する所存であります。
2人、テキストの画像のようです

<引用終り>_______________

ということで、深田萌絵氏も
このことを取り上げて語っています。。。
■福岡の衆院選、保守分裂で高笑いの中国共産党

■深田萌絵氏インタビュー
~米の国防機密が日本と台湾経由で
C国が盗んでいる件、そして、、、[日本語朗読]

■編集後記
大きく話は3つあると思います。
1.原田義昭議員にまつわる真偽の程は?
2.福岡の衆院選で、保守を分裂する
3.「中共の日本浸透と言論弾圧」
和多志が注視したいのは3番めです。
もちろん、福岡の分裂も影響はありますが
早く、速く、法制化しなくてはならないのが
「スパイ防止法」の立法化と憲法改正でしょう。
そのためには、既存の政党では
多くの「媚中」と「工作スパイ議員」が
存在しており、

改革スべきは
諸派党による政権奪還でしょう!


追記ですが・・・またまた、「ひでぽよ」さんが
動画をUPされています。
彼は、原田議員を詐欺共犯とみなしています。。。
■深田萌絵氏と原田よしあき議員400億円マルチ詐欺、背乗りFのハダキララの関係分析

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました