【note 新型コロナ騒動の情報サイトより】「ちくわん接種による死亡である」との判定基準はWHOのアルゴリズムに従うと、「評価不能」というよりは possible、可能性あり というところの判断になる症例が多い!

日記


こんにちは、\イッカク です。/

今回は、note から
「日本国内の自然科学系の研究者です.
新型コロナ関連の統計データや学術論文などをまとめ,
発信しています」という
新型コロナ騒動の情報サイトさま
より、
「報告医「ワクチンと死亡に因果関係あり&
他要因の可能性なし」
→ 厚労省「評価不能」【26件の事例】」について
以下、引用しておきます。
<引用開始>_______________

【背景】

1976年に,米国で豚インフルエンザが
発生しました.4,000万人がワクチンを
接種したところ,
副反応で30人以上が死亡したため,
2か月程で接種プログラムは中止されました .

これが,国としての正常な対応です.
前回の記事で,
「米国のコロナワクチン死は45,000人以上
と証言した内部告発者を紹介しました
(下記記事の8月1日追記を参照).

彼女によれば,豚インフルワクチンによる
死亡者は53人です.
健康な人がこれだけの数亡くなれば,
死者多発と呼ばれ,
接種事業は中止されるのです.

今の日本はどうでしょう?
コロナワクチンが8,120万回接種された
7月25日までに,
「医師が厚労省へ報告すると判断した」
死亡事例だけで,
834件(ファイザー828件,モデルナ6件)
もあります.
政治家に真っ当な判断力があれば,
接種事業は即中止です.

8月4日公開の厚労省資料によると,
死亡事例834件の99.6%に当たる831件が,
「ワクチンと死亡との因果関係は評価できない」
と分類されています.

ファイザー:

画像3

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000816282.pdf

モデルナ:

画像4

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000816283.pdf

これは,果たして妥当な分類なのでしょうか?
ワクチン接種と死亡との因果関係を
評価することが,
医薬品医療機器総合機構(PMDA)の
仕事であるはずです.
それにも関わらず,
死亡事例の99.6%を
「評価不能」とすることは,
職務放棄に当たらないのでしょうか?

【薬害の専門家による指摘】

この点に関しては,
厚労省の第4回医薬品等
行政評価・監視委員会において,
委員長代理であり
薬害研究の第一人者である
佐藤嗣道准教授
(東京理科大学薬学部)が,
次のような重要な指摘をしています
(佐藤氏については前回の記事を参照).

「通常、医薬品とその何かの有害事象との
因果関係を判断するアルゴリズムとしては、
例えばWHOが提唱しているアルゴリズム
などがあるわけですけれども、
そこでは例えばpossibleですね。
可能性ありというように
判断する場合には、
他の要因による基礎疾患による
可能性があったとしても、
恐らくそちらのほうが
可能性は高いだろうという
積極的な判断がなされない限りは
possibleになる
のです。
他の基礎疾患がなくて
薬以外になかなかはっきりした
要因が考えにくい場合には
probable、あるいはdefiniteという
ところに判定されるわけですけれども、
そのWHOのアルゴリズムに従うと、
私は評価不能というよりは
possible、可能性あり
というところの判断になる症例が多い
のではないかなというように
個別に公表された資料に
基づいてだけですが、
そういうようには私からは見えるわけですね。
これはそういう私、薬剤疫学を
専門にやっておりますし、
医薬品の副作用の個別の症例の評価についても
それなりにやってきたという自負は
持っていますので、
そういう立場から申し上げるのですが、
それがほとんどの例が評価不能という
ようになっているというのは
相当な疑問を抱いています。
少なくとも可能性が否定できない
というところに当たる。
その可能性をprobableというように
積極的に因果関係を認める
というところにはなかなかいかない
かもしれませんけれども、
少なくもpossibleということは
ほとんどの例について
言えるのではないか
というように
思っております。」

厚労省が公開している議事録:

第4回 医薬品等行政評価・監視委員会 議事録

該当部分の動画:(1分10秒~)ぜひご覧ください.

第4回医薬品等行政評価・監視委員会より佐藤嗣道委員の質問②への回答

ここで言うアルゴリズムとは,
「医薬品と有害事象との因果関係を判断する方法」
を意味します.例えば,
WHOのアルゴリズムは次の通りです.

画像5

https://www.who.int/medicines/areas/quality_safety/safety_efficacy/WHOcausality_assessment.pdf

有害事象は Certain, Probable, Possible,
Unlikely, Conditional, Unassessable の
6種類に分類され,この内,
Certain, Probable, Possible に
分類された事例が,
「因果関係あり」と評価されます

重要なことは,

「Possible:
接種者の基礎疾患によっても
死亡を説明し得るが,
ワクチンと死亡との時間的関係に
合理性があり,
ワクチン由来の
死亡である可能性がある場合」

も,因果関係ありと
見なされる点です.
おそらく世間のイメージでは,
「因果関係あり」とは
「Certain:他の可能性が除かれて,
ワクチンによる死亡が確定した場合」
を指すかのように思われています.
しかし,実際には
Probable, Possible も
「因果関係あり」に含まれる
のです.
文字通りに解釈すれば,
厚労省の評価分類 α,β,γ との
対応関係は次のようになります.

α:「因果関係が否定できない」
→ Certain, Probable, Possible

β:「因果関係が認められない」
→ Unlikely

γ:「情報不足等により因果関係が評価できない」
→ Conditional, Unassessable

以上を踏まえて,
議事録を読み返してみましょう.
佐藤嗣道氏は
「厚労省への死亡報告事例の
ほとんどは,少なくとも
possible に該当する」
と指摘しており,
これはつまり
「ほとんどの死亡事例は
ワクチンと因果関係があり,
評価分類は実際には γ でなく α 」
ということを意味します.

ちなみに,
因果関係を判断するための
アルゴリズムには様々なものがあり,

薬の副作用(有害事象)の因果関係評価の方法 | 薬剤師による医療情報提供
医師などの医療関係者→製薬会社→医薬品医療機器総合機構の順番で副作用報告は一般的に行われていますが(別の経路もあります)、副作用は医師、製薬会社、機構すべてが「薬との関連性」を評価しています(薬との関連あり、関連なし、評価不能など)。患者を診察していない製薬会社がどうやって副作用の因果関係を評価するの?と疑問に思う人も...

例えば,米国の国立がん研究所(NCI)は
次のような基準を用いています.

画像5

https://www.ctr.med.keio.ac.jp/rinri/uploads/sae_kijun.pdf

この場合も,
Definite, Probable, Possible に
分類された事例が,「因果関係あり」
と見なされます.
特に注意してほしいのは,
NCIのアルゴリズムには,
「情報不足(Conditional)」,
「評価不可能(Unassessable)」に
相当する分類が設けられていない
ということです.
つまり,因果関係は「あり」か「なし」かの
2 択です.
この事からも,
死亡報告事例の99.6%を
「γ:評価不能」とした
PMDAと厚労省の判断が,
如何に常軌を逸しているか
が分かると思います.

【個々の死亡報告事例】

ファイザー製ワクチン接種後の
死亡報告事例を,
具体的にいくつか見ていきましょう.
個々の死亡事例には,
PMDAによる α,β,γ の評価に加え,
報告医による評価も記載されています.

https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000816282.pdf

そして驚くべきことに,
「γ:評価不能」とされた事例の内
62件は,報告医が
「ワクチンと死亡に因果関係あり」と
評価しています.

(上記pdfを,「関連あり」というワードで検索してみて下さい)

さらに,その内の26件は,
「他要因の可能性はなし」と
報告医が判断しているのです.

(事例番号:16, 47, 83, 101, 113, 183, 185, 197, 198, 203, 204, 210, 230, 403, 405, 455, 554, 576, 605, 676, 693, 697, 794, 800, 801, 823)

報告医が「ワクチンとの因果関係があり,
他要因の可能性はなし」
と評価している
死亡事例が Possible にすら分類されず,
「γ:評価不能」とされていることに,
違和感を覚えないでしょうか?
佐藤嗣道氏が
「相当な疑問を抱いている」
述べたことも頷けます.

以下では,このような26件の死亡事例の内
5件をピックアップし,
「PMDAによる因果関係評価コメント」
と共にお示しします.

事例番号101:97歳(接種2日後に死亡)

コロナワクチン接種2日後に
予兆なく死亡したことから、
報告医により、
ワクチン接種と死亡に因果関係があると
判断されている。
しかしながら、当該患者は、
糖尿病及び高血圧等の合併症を
有する超高齢者であることから、
ワクチン接種以外の致死的疾患を
発症した可能性も考えられる

血液検査等の情報もなく、
死亡時の画像診断及び
剖検は実施されていないことから
正確な死因は不明であり、
また、ワクチン接種と死亡の
因果関係を評価することは
困難であると考える。   

因果関係評価:γ

正確な死因が不明であるため,
Certain や Definite に
分類できないことは分かります.
しかし,「他の何らかの可能性もあり得る」
というだけであれば,
少なくとも possible であり,
αに分類すべきでしょう.

事例番号185:80歳(接種2日後に死亡)

高血圧症と高脂血症をもつ
80歳女性が、コミナティ接種2日後に
急性心筋梗塞(剖検所見)を
起こし死亡した。
ワクチン接種との因果関係は
否定できない
が不明である。
いくつかのMIのリスク因子を
もっていたことに留意する必要がある。   

因果関係評価:γ

これが一体なぜ,
「α:ワクチンと死亡との因果関係が
否定できないもの」

分類されないのでしょう?
はっきりとそう書いてあるではありませんか.
また,「剖検が行われていないため
評価不能」というコメントが
他の多くの事例で見られますが,
「因果関係を認めないための口実」
としか思えません.なぜなら,
この事例のように,
剖検を行っても結局は
評価不能とされてしまうからです.

事例番号403:85歳(接種7日後に死亡)

コロナワクチン接種4日後から
腹痛等を訴えており、
接種7日後に死亡した。
死亡時に血便が出ていたことから、
血栓症が死因であると推測され、
報告医により、ワクチン接種と
死亡に因果関係があると判断
されている。
しかしながら、
当該患者は、超高齢者でもあり、
ワクチン接種と無関係に
致死的疾患を発症した可能性も
考えられる。
血液検査等の情報もなく、
剖検等も実施されていないことから、
正確な死因は不明であり、
ワクチン接種と死亡の因果関係を
評価することも困難であると考える。   

因果関係評価:γ

85歳以上の方は気を付けて下さい.
ワクチン接種後に亡くなり,
報告医が因果関係ありと
判断したとしても,
「超高齢者だから致死的疾患を
発症したのかもしれない」と
言われて評価不能にされるのです.
これはあまりに酷く,
高齢者への冒涜だと思います.

事例番号405:88歳(接種6日後に死亡)

時間的関係があり
その他の要因も見当たらない
ことから、
ワクチン接種が喀血の契機となったことを
完全に否定することはできないものの、
死亡時画像診断や剖検は
実施されておらず、
その病態を検討することはできない。
ワクチンと死亡の因果関係は不明である。   

因果関係評価:γ

WHOのアルゴリズムを読み返してみて下さい.
「時間的関係性があって,
その他の要因が見当たらない」
のであれば,
もはや Certain に
分類される事例
ではないでしょうか?

事例番号576:83歳(接種4日後に死亡)

83歳女性、
経皮的内視鏡下胃瘻造設術を施行され、
プレドニンやリクシアナ等を
内服されているが、
基礎疾患の報告がない方。
コミナティ投与後2日目に発熱を認め、
継続する。その後、投与後4日目に死亡。
投与までの状況や、
投与後の症状や全身状態、
検査等の記載がないため、
本剤と関連性を評価するのに
十分な情報がないと考えます。   

因果関係評価:γ

ワクチン接種後の発熱は,
よく起こる副反応として
広く周知されています.
しかし,発熱が継続して
そのまま死亡した途端に
「因果関係を評価不能」と
されるのは,あまりに理不尽です.

<引用終り>_______________
以上にように、日本の厚労省の判定は
政治的な要素が優先しているようになっています。

■編集後記
過去からの列記としたルールや基準というものが
現存しているにもかかわらず、
それを故意に無視したような決定が
なされており、これは、「決め事」を
破ったということです。
そして、政治の実権を握るものが、
その「決め事破り」を行なわせています。
きっと背景では、マネーや圧力が掛けられて
違法な人権弾圧、人体実験、大量殺人が
隠されているように観えます。
これも、表層では、「感染防止の重要な対策」
というもっともな言葉で語られて
「ちくわん」が展開中ですが、
その同じ顔の裏では、
「決め事破り」を実施させて、
「ちくわん接種による死亡者数」を
少なく計上させています。
このようなことは、
「大運動会を推し進める」
「感染拡大を防ぐための規制」
という、
ダブルスタンダードとして映り、
多くの人間の思考を混乱させておいて、
実際は、まともな言葉と反対の動きとして
大量の殺人を
起こしているということです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました