【同調圧力】身の回りに存在する全体主義者・・・強制力・同調圧力が働く社会とは ジェノサイドについて容認する社会となり、日本人が抹殺されつつあるという事です


こんにちは、\イッカク です。/

今どき、精神性が非常に低い軍隊とも云える
存在たちがいて
上からの圧力によって
ピラミッド社会の底辺の弱い人間たちの
人権を蹂躙している姿が
あちこち
見受けられる状態が続いています。

人の体に「異物」を強制的に
入れられる社会システムは
「全体主義」によるは人権弾圧であり
「人間を人間として扱わない」という
何らかの強制が働いています。

このことは、ナチスが行なった
「優生学」に基づく
ジェノサイド(大量虐殺)に
通じるものです。

政府は「中共化」しているので
日本政府がジェノサイド条約に批准する
ことは、「中共に抗う」ことになるので
この件に対する
政府見解は「シドロモドロ」玉虫色の答弁。。。?

現在行なわれている
「ちくわん」接種は、このジェノサイドの
可否にも通じるのです!

もし、、日本の国民の約8割が
「ちくわん」を認めてしまうことは
優生学や全体主義に
日本人が「負けた」ということになり
「ジェノサイドを容認する日本人」
ということになり

2割のゾンビ日本人によって純日本人が
抹殺されることに
通じるのです。

これが恐怖の8対2の邪霊法則。

なので、8割の人たちは覚醒めましょう!

「ふうこ」さまのブログより
以下置きます。
<引用開始>_______________

 
かなみさんありがとうございますドキドキ
ワクチン副反応報告例を掲載しました。
赤字はシェディングと思われる文章です。
参考

字数制限で大幅に割愛
下の青字は同調圧力で悩まれた方の体験です。
上からの圧力…で、一番上は❓
ディ-プステイツです チーン
 
私の看護学校では3月末日頃から、生徒に対して新型コロナワクチンの接種希望を
募り始めました。厚生労働省の通達通りに、本校でも『接種は任意であり、
強制ではない』としていました。結果、生徒の接種希望率は約28%でした。
 
4月初旬に病院本部からワクチン接種委員会の委員長である医師がアポ無しで
お見えになられました。病院本部は接種率が90%を超えているのに、
学校の接種率は著しく低い。どうにかならないかとのことでした。
 
「接種は任意であり強制ではないとした結果です」と説明したところ、
「生徒だって実習に行けば患者と接触するだろう。ウイルスを持ち込んだらどうする?
病院本部の医療従事者90%の努力を無駄にする事になる」と言われました。
 
これに対し、「ウイルスを持ち込むのはワクチン接種者の可能性もあり得るし、
持ち込みをゼロにはできない。生徒の中には新しいタイプのワクチンに対して怖いという
感情を持つ者もいるし、高齢者や基礎疾患を持つ方々の方が優先順位は
高いから私は後回しにして欲しいと言う者さえいる」と説明しました。
 
しかし、委員長は納得せず、「教員なら生徒の恐怖を取り除く努力をしたらどうか」と怒鳴り、
椅子を叩くなどの行動をされ、接種率を上げることに固執されました。
 
結局、学校長は本部から圧力を受ける形となりました。
教務主任は、生徒に対して「今後実習に行けなくなる可能性があること、
就職出来なくなる可能性があること、80%以上の接種率とすること」を伝えました。
 
結果、本校の接種率は約85%となりました。
教員に脅されたと、泣いている生徒もいました。
ワクチン接種は任意のはずです。
任意なのに現場では確実に強制力、同調圧力が存在しています。
・・・

<引用終り>_______________
強制力・同調圧力が働く社会とは
ジェノサイドについて容認するということにも
つながっていることをご確認ください。

では、また。

日記
omezame17をフォローする
自分を高める学び研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました