本日、8月5日は郵便貯金制度が開始した日ですが、郵政民営化で、133年後の2007年10/1以降に「小泉・竹中」両氏によって、無くなったことを覚えてますか?


こんにちは、\イッカク です。/
今日、8月5日は、
郵便貯金制度が開始した日です。
1874年でした。

穿った言い方をすれば、
悪魔崇拝システムの構築元である
英国に住む支配者層が、
支配国である日本へ
試験的に 行なった、
「家畜を肥らせる施策の開始日」
であったことが、133年経った
現在、 分かってきたことです。
郵便規則
『日本帝国郵便規則罰則及貯金預規則』より
その仕掛け
英国(支配者層)⇒支配国日本へ施策を指示。
これは、ざっと以下のような魂胆が
あったのではないのか?と
推察せざるを得ない。

(時間軸をたどること)
1.国家の政府が郵便制度を創設させる。
2.その郵便制度の中に局を設け、
 それを通じて広く家畜ども(国民)に
 対して、預金・為替サービス を
 提供するという制度を併せ持たせる
3.その預貯金を貯めさせておくことで、
 支配者層は、いつでも、奪取
 できるように、家畜(国民)を騙し
 運用させ、黒字化とすることで
 実りの預貯金の額を右肩上がりに推移させる。
 (肥えた実り状態を保持)
4.肥えた実り状態を見計らって
 刈り取り人(小泉純一郎&竹中平蔵)に
 刈入れを命じ、実行させ、
 成果物(35兆円)の実り額を得ること。
5.上記の筋書きを他の家畜に
 悟られないように、もみ消し、話題そらし
 振り返りの審議などをさせないように
 与野党の両党に裏から指図する。
以上のことが長いスパンで
貯蓄であるタネ撒き、生育、そして、
実りのなる頃を見計らって「刈り取り」
までの筋書きが
すでに、133年、以前の時代から
このようなやり方が繰り返されてきました。
これは、庶民が学べない
学ばせない帝王学の一つでしょう。

「実り切った頃が、一番の借り入れ時期」

さて、小泉・竹中氏による「日本破壊」を
具体的に国会で、言及したのは
前衆議院議員 小泉俊明氏であった。

以下、小泉俊明氏のブログより置きます。
<引用開始>_______________

衆議院予算委員会質疑
【Youtubeのアクセス数が
全国会議員で最高を記録】

2月9日の予算委員会での
『小泉構造改革とはいったい
何だったのかを検証する』

私の質問が、大反響を呼んでいます。
動画配信のYoutubeでアクセス数が20,000件を突破、
全国会議員で最高のアクセス数を記録しています。
是非ご覧下さい。
衆議院予算委員会質疑 2010/2/9


・・・資料の【1】をごらんいただきたいと思います。

コチラは資料5

<引用終り>_______________
https://ttokura.exblog.jp/12167458/

■編集後記
動画内で、、、
 鳩山総理、菅財務大臣、亀井大臣も
同感だとの見解を示し、特に亀井大臣は
「小泉・竹中改革の逆をやれば
日本の未来は明るい」としていた。
が、あれから11年経った現在、
何か、日本の政治は、明るくなりましたか?
あいも変わらず、竹中氏は、儲けまくって
日本の生き血を吸い尽くそうとしています。
コレまでの、政党や政治家らは
茶番を演じていることなど
時間軸で捉えてみれば、わかることです。。
現政権も然りです。
国民は、いつまで「家畜」から
出られないのか?
目を覚ませ!!!
https://www.youtube.com/channel/UCHUU8VHKcePqDgkjuX60aUg/search?query=%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E5%B9%B3%E8%94%B5%E3%81%A8%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B8%80%E9%83%8E
いくら、闇の奥の院を探ったって
支配者層はだれなのか?
突き詰めても、答えは出て来ません。
なぜでしょう?
三次元でモノゴトを思考するから
証拠がなければ、信じられない思考。
そのような証拠ありきの思考は
必ず、騙されることになります。
なぜならば、彼らDS(支配者の手先)は
支配者を教えるわけでもなく、
イリュージョン(幻想)化の技術を
持っており、いくらでも騙せる。
証拠として偽の証拠も作れる。
あらゆる先生方も出動させるし、あらゆる
手段で、真相を突き止めようとするモノは
消されています。

和多志が言いたいのは、真実を証拠なしで
確信を得ることと
自己内部の意識を発達させること。
それだけで、「家畜」からの解放が
始まるのです。

では、また。

 

日記
omezame17をフォローする
自分を高める学び研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました