【上江洲先生の光話より】変性と変容とアセンションについて


こんにちは、\イッカク です。/

今回も上江洲先生の光話を以下置きます。

■2021年7月29日 午後の部 質疑応答


以下は午前の部です

■編集後記
今回のテーマは、神とのつながりにおける
一つの過程と構成が明らかになりました。
つながりの構成については


意識(変性)

肉体(変容)

つまり、神からの
エネルギーが
肉体という顕現体(母性原理)
へ常に送られているわけです。
意識が意識しなくとも
それは、起こります。

ところで、神からの
エネルギーを多く受けて
愛を拡散・共鳴する必要が
ある場合は

意識の変性が関わってくる。

意識がより神との一体化(同調)する
ことば、「悟り」と言われている。
それは、日常のあらゆる場面で行える
瞑想、何らかの作業中、
歩きながら、静と動の中で・・・
常に意識は、宇宙意識(神)と
一体化が鮮明に意識できるように
何事もバランスを保ちつつ
「意識を研ぎ澄ます」ことです。

意識を研ぎ澄ますことは、中庸を
意味すると思われます。

何事も「過度」に行うべきでは
ないことは、あらゆる事象が
証明しています。

ところで、
なぜ、
瞑想や悟りを開こうとするのでしょうか?

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました