アルコール依存症になってた!_6【断酒開始日:2019/04/22より】・・・断酒宣言してから、2年と3ヶ月が過ぎました。

こんにちは、\イッカク です/

わたくし、断酒宣言してから、
早くも、すでに
2年と3ヶ月が過ぎました。

いや、あっという間の
時間でした。


■参考:日数計算
https://keisan.casio.jp/exec/system/1177658154
さて、
次の「3年経過」は来年の4月にやってきます。
それを目先の目標に、断酒継続を続けます。

■編集後記
何かをするというのは、+プラスですよね
何かを積み上げて行く、そんな感じです。
しかし、この断酒だけは、
何かをしないという、ーマイナスな感じで
暗く、我慢の連続に感じてしまうようでも
あります。
これは、感じ方次第で、モノゴトを+かー
の両極端でしか見ない考え方の呪縛の世界に
押し込まれてしまう考え方です。
これは、何を産んでますでしょうか?
この二元論的呪縛の世界では、
常に、争いが起きています。
まさに、現在のコロコロ騒動ですよね。
なぜ、そのようなことになるのか?

「本質」を知らないからです。

では、「禁酒」とか「禁煙」の
本質は何か?

それは、簡単です。

「悪習慣」からの解放です。
日常が、それをやらなきゃ気がすまない
ほど、のめり込み、習慣性が
強くなってしまった状態から
抜け出せなくなったということ。
なので、カラダは傷つき
各種の病気が発生したり、果又
他人や社会性を破壊する行為にまで
及んでしまっていたりする。
という、悪い結果をもたらします。

なので、「酒」や「たばこ」そのものが
悪いと言ってる人ほど、馬鹿です。
本質が分かってない。
悪いのは、酒やタバコに頼っている
自覚という認識が破壊している
ことです。

「自覚が足りない」と良く言いますが
これは、間違った言い方です。
足りないというと「量」的に
さじ加減で・・・みたいなところも
思ってしまいますから、ちがいます。

自覚とは、きっぱりと、
「依存」から脱皮出来ることです。

酒・タバコからの「依存」脱皮です。

とかくこの世は、「依存」するように
仕組まれているのが観えてきます。
育児、学校、教育、会社、社会・・・
すべて、依存で成り立っています。

悪いことをする、政府すらも
強い依存体質で、
分担・分業化しています。
個々人での責任が取れないのです。
責任のとり方が出来ないのです。
わからないのです。
「切腹出来ないのです」
だから、何をするにも
命令が先になければ、出来ません。
「ワクチンを打つにも」
上司や先生や政府などの権威層から
打ちなさい。と言われないと
打たないし、一旦号令がかかると
打たない選択子は、飛んでしまいます。
政府の頂点である広告塔の総理ですら
その上の視えない上司に依って
指図命令を受けているに
ちがいありません。
話が、長くなりました。
この件は、別記事にて話します。

そして、いつも云ってますが、
やっぱり、最期の日まで、働き

「ぽっくり」と逝きたいのです。

意識による肉体の運転を
生きるためには
「酔っぱらい運転では
悟れないのです」

では、また。


スポンサーリンク

関連検索キーワード:
■脳 老 介護
脳 老 介護

■老人の健脳
老人の健脳

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました