【かめちゃんのセカウラ希望塾より】ワ●チ●の中身は99.99%酸化グラフェンだった【567・ワ●チ●茶番最終章へ】


こんにちは、\イッカク です。/

今朝も、かめちゃん先生が、早起きされて
動画をUPされております。
情報発信をありがとうございます。。。



◉7/12(月)AM7:15-
7:30のプレミア配信はこちら
「【すごい心理学】『怒りの3段階』を
知ると心が豊かになる理由」 ↓(6分48秒)
https://youtu.be/lbarpej-YhQ

■編集後記
先の記事にも載せましたが、
◉今日の元ネタ動画マタタビの羅針盤さん動画は
こちら
https://rumble.com/vjozaj-99.99-pfize…
です。
「グラフェン系ナノ粒子の毒性」が明らかに
されました。体内で「炎症の嵐」を引き起こす!
結果、症状として、急性肺炎を起こしやすくする。
https://particleandfibretoxicology.biomedcentral.
com/articles/10.1186/s12989-016-0168-y
より
<引用開始>_______________

グラフェンファミリー
ナノ粒子の毒性:
起源とメカニズムの一般的なレビュー

  • 概要

グラフェンファミリーのナノ材料(GFN)は、
その独特の物理化学的特性により、
多くの分野、特に生物医学的用途で広く使用されています。
現在、多くの研究が、インビボおよびイントロでの
GFNの生体適合性および毒性を調査している。
一般に、GFNは、異なる投与経路をたどり、
生理学的障壁を貫通し、その後組織に分布するか細胞内に位置し、
最終的に体外に排泄されることにより、
動物または細胞モデルに異なる程度の毒性を及ぼす可能性があります。
このレビューは、いくつかの臓器および細胞モデルにおける
GFNの毒性作用に関する研究を収集します。
また、横方向のサイズ、表面構造、機能化、電荷、不純物、凝集、
コロナ効果など、さまざまな要因がGFNの毒性を決定することも指摘します。
加えて、GFN毒性の根底にあるいくつかの典型的なメカニズム、
例えば、物理的破壊、酸化ストレス、DNA損傷、炎症反応、
アポトーシス、オートファジー、および壊死が明らかにされています。
これらのメカニズムでは、(トール様受容体-)TLR-、
トランスフォーミング増殖因子β-(TGF-β-)および
腫瘍壊死因子-α(TNF-α)依存性経路が
シグナル伝達経路ネットワークおよび酸化ストレスに関与しています
これらの経路で重要な役割を果たします。
このレビューでは、規制要因とGFN毒性のメカニズムに関する
入手可能な情報を要約し、毒物学メカニズムを完成させ、
GFNの生物学的安全性を改善するための提案を
提供することを目的として、
GFNのさらなる調査のためのいくつかの課題と
提案を提案します。
そしてそれらの幅広いアプリケーションを容易にします。
<引用終り>_______________
このように情報に触れますと、
グラフェンファミリーのナノ材料(GFN)を製造する
こと自体が、犯罪であるということではないか?
すでに、地球のあらゆるところに
散布されていると考えられます。
やはり、「人口削減のアジェンダ」が展開していた
という数々の実証が出てきていました。
私達は、上記のような情報に触れないと
支配者層に殺られてしまいますから
気をつけないと、徐々に危ないことに
陥ってしまうのですね。
5G×グラフェンファミリーのナノ材料(GFN)=大量殺人
というアングロサクソン・ミッション
だったということなのでしょうか。。。
https://youtu.be/A3Kl2dDyIZM
https://youtu.be/YFhd1Gj2PZQ?t=56

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました