【medicine.newsより】「研究:タンポポの葉の抽出物は、スパイクタンパク質がACE2細胞表面受容体に結合するのをブロックします。」とのこと!

こんにちは、\イッカク です。/

前回のブログでも
情報をお知らせしました。

庭に咲く「たんぽぽの葉」には
自然の恵みが隠されていた。
ということですね。

今回は、先のブログの再掲もありますが
重要なので、置きます。

1.新型コロナの嘘を確認!

新型コロナウイルスは、存在しない

現在、新型コロナウィルスにとされる
原因は常在性ウイルスのキメラ遺伝子
「新型コロナウイルスは、存在しない。
その正体は常在性ウイルスのキメラ遺伝子。」

【衝撃拡散】武漢コロナウイルスは、
SARS、MERS、HIVのウイルス株を持つ
『キメラ生物兵器』と発表!
https://youtu.be/cYXx9yVey4o

そして、オランダの国会で茶番パンデミックの
「暴露」がされていました。

オランダ国会で政治家「Thierry Baudet氏」が、
ロックフェラー財団の計画書のコロナ騒動詐欺を暴露.mp4

2.新型コロナウィルス用ワクチン

打ったら終わり!“ワクチンの異質の遺伝子”が
逆転写によって人間のDNAに取り込まれる危険性あり

など、、
新型コロナと称するウィルスも嘘!
(キメラによるレトロウィルスの
ミックスが猛威を奮っているのです)
そして、新型コロナ用ワクチンも嘘!
(mRNA遺伝子の入った液状の偽薬)
であり、大衆を人体実験し、
その被害が出ているにもかかわらず、
政府と言われているところが、それを無視し
人体実験」を繰り返しているところです。

この状況の中で、生き残るには?
ということで、
体内に入ってくるその「異質の遺伝子」を受入れない
ようにするしか有りません。

ということで、今回の本題は
こちら!
<引用開始>_______________

研究:
タンポポの葉の抽出物は、
スパイクタンパク質
ACE2細胞表面受容体
結合するのをブロックします

SARS-CoV-2からの操作されたスパイクタンパク質は、毎年芝生から駆除される一般的な「雑草」によって阻止することができます。ドイツの大学の研究では、セイヨウタンポポ(Taraxacum officinaleがスパイクタンパク質がヒトの肺および腎臓細胞のACE2細胞表面受容体に結合するのを阻止できることがわかりました。植物の乾燥した葉から採取した水ベースのタンポポ抽出物は、スパイクタンパク質D614と、D614G、N501Y、K417N、E484Kなどの多くの変異株に対して効果的でした。

タンポポ抽出物は
SARSCoV-2スパイクタンパク質と
その変異体をブロックします

研究者らは、水ベースのタンポポ抽出物から採取した高分子量化合物を使用して、それらをヒトHEK293-hACE2腎臓およびA549-hACE2-TMPRSS2肺細胞で試験しました。タンポポは、スパイクタンパク質のS1サブユニットとヒトACE2細胞表面受容体の間のタンパク質間相互作用をブロックしました。この効果は、英国(B.1.1.7)、南アフリカ(B.1.351)、ブラジル(P.1)の亜種を含む、流通している主要な亜種からのスパイクタンパク質変異に対しても当てはまりました。
タンポポ抽出物は、SARS-CoV-2スパイク疑似型レンチウイルス粒子が肺細胞に付着するのを防ぎ、インターロイキン-6分泌と呼ばれる炎症過程を止めました。研究はinvitroで行われたため、タンポポ抽出物が人体の生体系でどのように吸収され利用されるかを理解するには、さらなる臨床研究が必要です。

ワクチンが集団免疫を弱めるので、
天然ハーブは真の予防、
より実質的な免疫を約束します

数百億の公的資金が実験的なワクチン開発と宣伝キャンペーンに注ぎ込まれましたが、SARS-CoV-2がさまざまな変異体に変異するよう圧力をかけられているため、世界は新しい呼吸器感染症に苦しんでいます。コロナウイルスが地球から根絶できることを示唆する証拠はないので、人間の適応は今後不可欠です。タンポポ抽出物は、健康的な免疫反応を助ける多くのハーブの1つです。さらに良いことに、タンポポ抽出物は、スパイクタンパク質が付着してウイルス複製を引き起こす正確なチャネルをブロックすることにより、感染を完全に防ぐことが証明される可能性があります。
他の天然化合物は、分子ドッキング研究を使用して調査されています。ノビレチンは柑橘類の皮から分離されたフラボノイドです。ヘスペレチンの誘導体であるネオヘスペリジンは、柑橘系の果物にも含まれるフラバノン配糖体です。グリチルリチンは甘草の根から抽出された分子化合物です。これら3つの天然物質はすべて、スパイクタンパク質がACE2受容体に結合するのをブロックします。水性アルコールザクロの皮の抽出物は、ACE2受容体のスパイクタンパク質を74%の効果でブロックします。その主成分を別々にテストした場合、プニカラギンは64%の効果があり、エラグ酸は36%の効果がありました。
これらの天然化合物(タンポポ抽出物とともに)は、将来のすべてのスパイクタンパク質変異体の予防薬として、容易に大量生産、組み合わせ、展開することができます。これらのハーブは一般に安全であると認識されており、タンポポの葉の抽出物の過剰摂取の既知のケースはありません。植物療法に関する欧州科学協同組合によると、タンポポの葉の推奨用量は、1日3回まで、お湯に浸した4〜10グラムです。
研究の著者は、ワクチンへの依存は、個人の健康だけでなく集団免疫にとっても危険で危険であると警告しています。ワクチンへの依存は抗体の増強にのみ焦点を当てており、短期間の結果を伴う高リスクの介入であることが証明されています。ワクチンによる怪我が頻繁に報告されています。ワクチンは元の操作されたスパイクタンパク質に変異するよう圧力をかけるため、ワクチン接種後の再感染も一般的です。
著者らは次のように結論付けています。「したがって、ヒトでの低毒性や、ヒトACE2受容体への5つの関連するスパイク変異の効果的な結合阻害などの要因は、ここでin vitroで報告されているように、SARSにおけるT.officinalesの有効性のより詳細な分析を促進します。 -CoV-2予防であり、現在、さらなる確証的な臨床的証拠が必要です。」
ソースは次のとおりです。
Biorxiv.org
NaturalNews.com
ScienceDirect.com

<引用終り>_______________

以上の情報は、各自の責任で理解してください。

■編集後記
かめちゃん先生の動画を置いときます。

【悲報】鹿児島で離島に住む12〜15歳の子どもたち全員にフェリー内でワ●チ●接タネ

 

【緊急放送】女性セ〇ン「タヒ者全リストを公開!」(7/5)

では、また。

日記
omezame17をフォローする
自分を高める学び研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました